FC2ブログ

原因不明な方チャンネルの無音化?

CIMG6103.jpg

昨日は、ミッドバス用の箱の低音の増強を目論んでいましたが、大きく当てが外れてウーファーの片チャンネルの無音化の対策に悩まされる。

原因の確認として行ったことは、各部位の接続の確認から始める。
接続は、特に問題はなかったが、アンプ側からハム音がしているので、ケーブルを変えたら改善されたが依然として無音状態が続く。
パワーの入れすぎでユニットを飛ばしているとは考えにくいが、念のために他の音源を直接ウーファーに入れると問題なし、音は出る。
元に戻してローコストデバイダーの出力側のケーブルの交換をすると出ないチャンネルが変わった。
どうも、デバイダー側に問題があるようだ。
調整は、PCに繋いで行うのですが、接続ケーブがPCに着かない。
古いノートを引っ張り出したが、完璧に壊れている?
Wさんに相談をしようかと考えていましたが、もう暫く、努力をする事にする。

しばらくは、途方に暮れていましたが、アンプを一つでドライブしている時は、確か左右音が出ていた事を思い出して、ブリッジ接続を止めて通常に戻しても改善されない。
仕方が無いので50Hz12dBのローパスフィルターで対応するが、被りが酷くてブーミーになってしまった。(大汗)
やはり、40Hz48dBでカットしていたのでウーファーの悪さが目立たなかったようです。

このローコストDデバイダーDCX2496は、超低域の音作りとカットには有効ですが、上の帯域での使用は全くしていません。
上は、ネットワークで対応しています。

苦肉の策で、方チャンネル側に両チャンネルを接続したら音が出るか試すが、片チャンネル側の音量が小さいという訳の分からない症状になる。
暫く放置をして諦めの境地で元のアンプ1台に戻したら、なんと!両方から音が出ている。????
原因は不明のままですが、結果オーライに満悦していましたが、結局2日間の作業は何だったんだろう。
完全な改悪だったようです。

いずれにしても、デバイダーで簡単なの調整が困難になってきました。
接続方法を見つけないと大変な事になるような予感がしています。
大枚をはたいて、アキュフェーズのデバイダーを買う羽目になることは完全なマルチ化なるので、避けたいし経済的に厳しい。
箱作にお金を掛けるのはいとわないのですが、機器類に掛けるのは勿体ないような気がするのが本音です。
機器類は、ある一定のレベルの物なら良くて、スピーカーを交換する方が音の変化がローコストで出来るのが、機器類への投資に足踏みをしていますが、たまに、その考えがぐらつくので悩ましいオーディオの世界ですね。

結局、原因は不明のままなのですっきりしません。


超低域弄りの堂々巡り

CIMG60861.jpg

昨日、ウーファーをプラスしたら、全体のバランスが崩れたように感じていましたが、一晩たったら特に問題は無さそうです。
ただ、アンプのパワーが不足気味に感じる。
現にボリューム位置はマックスの状態ですので、何が原因なのか2発にしたら音圧も下がっている。
漫画図でも理解できるのですが、パラレルで繋いでインピーダンスを4Ωになったのでアンプへの負荷が多くなったのか?

アンプは年代物ですが、ヤマハのPA用のアンプPC2002を低音専用で使用しています。
ステレオで240+240wのパワーがあるので十分かと思っていたら、超低域では足りなかったか?
そこで、ハイブリットの使いかを試すが・・・・・・・・・・・・

CIMG6086123.jpg

ネットワークを仕込んだら(汗)
50Hz/12dBでカットするが、200Hzぐらいまで普通に聞こえてくる。
それでも、低域全体の量感が増えれば良い結果になるのかと思いきや、思いっきりブーミーな音に変貌してしまった。
完全な失敗です。
そこで、基本に戻ってブリッジ接続を試した。

CIMG608612.jpg

これで、今までの4倍のパワーが得られるはずです。
240w×4=960wまでパワーアップをしているはず・・・・・・

試聴
これは、良い結果になりました。
パワーだけで無く、低域の質が改善されているし、より力強い低音になった。
明日は、ミッドバスの改善をします。

CIMG6102.jpg

40Hz/48dBカット、20Hz20dBイコライジングでレベルアップさせて40Hz方向に6dBで減衰させているが、良いところを出すのが難関ですね。


メインの改善?改悪?   その2

CIMG6097.jpg

昨日に続き、メインを弄り回しています。
何かの心理ゲームではありませんが、この写真の中で2カ所変わっている部分があります。

プラシーボ効果を狙って24cmウーファーを足しました。【笑】
デザイン的には、26cmウーファーが下で24cmが上の方が自然ですね。
板を1枚プラスすれば解決は出来たのですが、面倒なので下部に足して終わりにしました。
それと経年で板に色が出ていますので、追加した板との色合わせに数年の年月が掛かるのも横着をした理由です。

いずれにしても、気持ちが入るとトコトンやりたくなる性格なので、困った物です。

CIMG6096.jpg

作業の様子ですが、まずはラックの中身を取り除いて、ウーファーだけにします。

CIMG6086.jpg

ジグソーで切断を開始したのですが、思うように切断が出来ない。【大汗】
ジグソーの刃の長さより板の方が厚いのか?負荷が半端でなくミリ単位でしか切断が出来ず、焦げ臭い匂いまでしてくる。

CIMG6088.jpg

とうとう刃を折ってしまった。(涙)
ジグソーも相当な熱を持っています。

CIMG6093.jpg

60mm厚は、反則ですね。
通常のジグソーの刃では届かないわけです。
疲れました。

ただいま、音楽を聴いていますが、超低域の増強なので変化が分かり難いので、余計に疲れがどっと出ています。
明日、本格的に超低域を弄り倒す予定でいます。






メインの改善?改悪?

CIMG6082.jpg

久しぶりに、メインの座に返り咲いたハイエンド自作スピーカーの変則4wayのシステムです。
ウーファーの上はラック式になっており、他の高級ユニットとの入れ替えを可能にしているので、バージョンアップも思いのままです。
石田式BHのような共鳴を利用した箱で楽しむほかにも、様々なユニットを交換してバージョンアップをするのも自作スピーカーならではの楽しみかと思います。

今まで。石田式BHにどっぷり嵌まっていたのに、突然の方向転換した理由は、昨日に訪問されたHさんの試聴が切っ掛けになっています。
長い時間、放置状態で調整を途中で投げ出していた状態を、適当に結線して試聴に望んだ結果は、散々でした。
そこで、故障?(ノイズ、ハム、断線)を修理?して現状の状態に戻しましたが、何か納得がいきません。

最近、低域もりもりの石田式BHに耳が慣れてしまったのか?本来の低音好きの本性が現れたのか?ミッドバス用のユニットの低音の量感がもう少し欲しくなった。

CIMG6083.jpg


写真はミッドバス用のユニットは、スキャンスピークの15WU/8741T00公称15cmとなっていますが、実質は13cmと思います。
箱は、シングルバスレフを採用していますが、締まり重視の設計のため低音の量感は少なめにしていました。
思い切って18WUに変更しようかと思いましたが、僕は箱屋ですので箱を弄って量感を出すことにする。
単純に、既存のダクトの横に端子を挟んで一回り大きなダクト設置することにしました。

CIMG6079.jpg

穴はジグソーで開けたので綺麗とは言えないですが、市販のダクトを使用するので襤褸は隠れます。(汗)

CIMG6076.jpg

作業終了。
試聴してから、ダクトの面積の調整をするつもりですが、最悪は、既存のダクトを塞ぐつもりでいます。
おそらく、Wのダクトで良さそうな気がしています。
Hさんへのリベンジ、myuさんの訪問に向けて追い込みを掛けますが、自分が良くても他の人が良いわけではないので、奥の深い趣味ですね。




石田式BHBSは、石田式BHに改名

BHBSと名付けた経緯は、以前ブログでも書きましたが、BSではなく本来はBRが正規だと思います。
小澤先生が呼称しているダクト付きBHがシンプルで良いと思います。
今のところ、微妙にBH自体の構造が違うので、自己流で行っているダクト付きBHの名称は、石田式(健)BHと改名をした方が良さそうですね。

ダクトの径を小さくする傾向の時には、BHよりダブルバスレフに近いような印象があったのでダブルバスレフと位置づけていたように思います。
最近は、ダクトの口径を大きくする傾向の石田式BHBSで、動作は限りなくBHの動作になっているのも改名の理由です。

BHにダクトを付けた方式の成功させる肝は、ボンまたはボ~と汽笛風な量感のみの低域を作り出すことです。
この時点で、BHとしてはゴミになる箱だと思いますが、ダクトを付けることにより良質な低音再生に変貌させる。
このBHを作りだす方式が、個人的な掟破り的な手法なので、BH部分の特異性を考慮して石田式BHまたは、ダクト付き石田式BHに改名するもう一つの理由です。

この方式で絶対にやってはだめなことは、長岡式BHのホーン開口部にダクトを付けることです。
低音の美味しいところの量感の低下に繋がりますので、低音が不足する高域の寄りのバランスになる可能性があるので、闇雲にBHの開口部にダクトを付けると失敗することが考えられます。

BHの開口部にダクトを設ける方式は昔からある方式ですが、特別な方式でも無くBHを所有している方なら、誰しも一度はホーン開口部を塞ぐ事はしていると思います。
ただ、BHの開口部にダクトを設ける掟破りな手法だけに、誰も発展させていなかった方式でもあると思います。
僕は、偶然の産物で酷いブーミーでボン付いたBHに苦し紛れにダクトを付けたら良い感じになったことが、開口部にダクト付ける事に目覚めましたが、当初は、自信が無く長岡式BHに戻っていることも多くスワン、Dシリーズの製作が多かったようにも記憶しています。
本格的に石田式BHを始めたのが、長岡先生が亡くなった頃のような気がしますが、記憶が定かでは無いですね。
いずれにしても、飽きもせず20年以上前から掟破りの所業していたと思います。

いつもの調子で、話が逸れていますが、石田式BHBSは石田式BHに改名します。

恒例のオーディオ愛好家達との飲み会

昨日から本日に掛けて近隣のオーディオ愛好家達とオフ会を兼ねた飲み会が、伊豆の国市(旧大仁町)の一二三荘にて開催されました。
総勢13名(内県外から6名の方が参加)の方が参加、昨日の土曜日の昼間の行動は、午後より最近オーディオルームを再構築されたサンテクニカ邸を訪問、30畳以上もある部屋に38cmが盛り沢山設置されいる部屋は、豪快な鳴りっぷりをしていました。
サンテクニカさん、Wさん、千葉のHさん、チョコさん僕の5人で2時間ほど拝聴して、DCアンプさんの会社前に集合してから、乗り合わせて旅館に向かう。
一二三荘に到着して、速攻で温泉に浸かり疲れを取ることにして、熱い湯に長く浸り汗だく状態にして湯上がりに飲んだビールの美味しい事、至福の一時ですね。

CIMG6038.jpg

風呂上がりの懇親会は、オーディオ談義。
テーブルに並ぶ缶ビールが話を盛り上げる効果をしているようです。

CIMG6039.jpg

宴会前の静けさ・・・・・・

CIMG6042.jpg

天然鮎のフルコースでしたが、鮎の刺身は初めての経験でした。
鮎を輪切りにしているので、骨込みで食すのでゴリゴリした感じが好みではなかった。
宴会は、いつものどんちゃん騒ぎ状態・・・・・・宴もたけなわとは言えませんが、定刻になり部屋に移動して続きを開催。
爺パワーに圧倒されっぱなし、僕は、出張疲れで早々にダウンして、チョコさんと爆睡状態でしたが、トイレで午前0時ごろ起きたら、ひそひそとオーディオ談義をしてるでは無いですか??
親父パワーに脱帽です。 因みに僕とチョコさんが一番若年でした。

翌日は、踏切が近くにあるので、始発が通るときの踏切の音で目が覚めるが、また、眠りについたらと思ったら部屋の電話がなり、起こされた。
朝食が出来たのと連絡であった。眠い眠いとぼやきながら宴会場に向かう。

朝食後の予定の確認をして僕は千葉のHさんと行動を共にすることにして、DCアンプマニア邸に向かう。

CIMG6043.jpg

このアナログプレーヤーが欲しいと言うと50万円でどうと言われる。・・・・・・安価では、売る気は無いと言うことですね。
眺めているだけでいいから、欲しいですね。

それから、2件目のMyuさん宅に向かう。
中伊豆から冷川峠経由で一碧湖湖畔の別荘地に向かうが、別荘地内で迷子になり・・・・(大汗)
Myuさんに迎えに来て貰い道案内をお願いしてご自宅に到着。
伊豆の別荘地特有の大きな庭付きのお屋敷に圧倒され、苔むした石を横目に石の階段を息を切らせながら玄関まで到着。
下を見たら、緑の多さに癒やされます。

玄関で綺麗な奥さんの歓待に感激しながら、靴を脱いだ次第です。

CIMG6046.jpg

そして、懲りに凝ったオーディオルームに通され、凝った部屋に驚かされる。
Myuさんの情熱が、そのまま部屋やシステムに投影されている。

CIMG6048.jpg

システムを見ていると涎が止まらない。
音は、綺麗な正統派の音で高品位な綺麗なハイエンドの音を奏でていました。
また、機会がありましたら、是非、訪問したいです。

CIMG6060.jpg

木工のプロの仕事は、素晴らしいの一言です。
この加工技術は、惚れ惚れしますね。

Myuさん昼食まで、ご馳走になりありがとうございました。
奥さんの歓待に感激しっぱなしです。
この場を借りて、奥様によろしくお伝えしてくださったら幸いです。

それから、我が家に向かう。
前回の訪問時に、Hさんがメインを聴いていないので聴きたいとの希望でメインのを試聴をすることに・・・・・
数ヶ月、火を入れていないので心配です。

CIMG6075.jpg

案の定、左のミッドから異音が・・・・・原因は、ユニットの端子とケープルとの接触不良でしたので、対応をして解決しましたが、Hさんにはノイズの入った状態で試聴。(大汗)
その上、左側のウーファーから音が出ていない・・・・・参りました。
音の傾向は、ご理解いただけたと思いますが、リベンジを約束して三島駅でお別れをした次第でした。









オーディオリセット期間中

オーディオ離れて4日目になりますが、リセット期間としては丁度良いと考えています。
昨日など、仕事も休みなので日がな一日やることが無くて、ホテルの部屋でテレビを見ては昼寝の繰り返し、たまにネットサーフィンで時間潰していました。

最近、感じているのはネット上での自作スピーカー記事の減少ですが、ブログ等で殆ど発信されていない。(業者は別)
雑誌より、楽しみにしてブログを拝見していたので残念です。
まぁ~僕の検索の仕方が悪いのかもしれませんね。

新商品の発売が、カンフル剤になればと祈るばかりですが、僕自身、触手が伸びない状況なので箱の製作記事の掲載も厳しい状態です。(大汗)
仕様ユニットもFostexさん、マークオーディオさんの2メーカーの2極化になっているので、オーディオリセット期間中にネットサーフィンをして、他メーカーで気になるユニットを探してみようかと考えています。

自前のPCをホテルの有線ランに接続しての環境ですが、インターネットは問題は無いのですが、メールが片道切符状態です。
届いたメールは見ることが出来るのですが、返信が出来ない環境です。
ネット上では、自作スピーカー製作の記事は少なくなっていますが、メールでの製作の様子を伝えてくれる方もたまにいます。
これも、楽しみの一つですね。
昨晩も、K氏からお知らせメールが届いていました。
返信が出来なくて申し訳ありませんが、フロントバッフルの斜めカットを丸鋸で実施した様子の写真でした。

Kさん、写真の掲載を事後承諾で、すみません。
IMG_6918.jpg

材質は、タモ?板厚も板の2枚重ねなので50mmから60mmはありそうです。
カットに大変な苦労をされたようですが、仕上がりはお見事です。





追記
素人による丸鋸の事故が多くなっているとの記事を拝見しました。
ホームセンターに行けば、だれでも購入できてしまうのも理由の一つだそうですが、プロの世界でも死亡事故等が多いので、安全教育の実施が推奨されています。
プロでも安全教育終了証がないと作業が出来ない場合が増えているようです。
死亡原因の大半は、キックバック現象による内腿の動脈切断による出血死だそうです。
刃に安全カバーが付属していますので、通常なら考えにくい事故ですが、安全カバーがあると邪魔になるのでカバーを固定して刃をむき出しの状態で使用するので事故が発生するようです。
本能的に、丸鋸を使用する際、体の中心にして使用するのでキックバックした時に、自分の右大腿部の動脈を切断してあの世行きなるケースが多い。
慣れたころに事故が多くなるそうなので、使用する方は十分注意をしましょう。
特に、慣れ過ぎの感がある自分が一番危なそうなので、初心に戻って工作を楽しみます。

新ユニットの発売と聞いても触手が伸びない・・・・

金曜日から7泊8日の出張で、群馬県の伊勢崎市に滞在しています。
今までのビジネスホテルは、ルートインを使用していましたが、最近では東横インに変えています。
大手のビジネスホテルは、どこへ行っても同じようなサービスが受けられるかから良いですね。

Stereo誌の付録も今月の19日ごろ届く予定、FostexさんもFEのenシリーズの10cm、8cmがマイナーチェンジになりますが、購入してまでも製作をしたい気持ちが起きません。
FE168NSが先に発売をしているので、先にNSシリーズが販売になると思っていましたので、非常に残念な思いをしています。

個人的に思うことは、鉄板フレームは安ぽく見えるのと取り付けの穴とのクリアランスに余裕がないので嫌いです。
NSシリーズなら、多少高くても購買欲や製作意欲が湧いたのに、残念でならないです。
Stereo誌の付録も大して期待はしていませんが、まだ、こちら方が製作意欲が湧きます。
と愚痴ってばかりいても仕方が無いので、次期作の模索をこの出張中に考えたいと思います。

今考えていることは、SLE20WをW使いとして?wayを組んでみようかと考えています。
昔懐かしのサウンドを楽しめれば幸いですね。

フレームの塗装

CIMG6031.jpg

写真のユニットを、ご存じの方は僕と同年代から上の方になるでしょう。
FOSTEXさんの SLE20W、1972年と1976年の販売がありました。
いずれもアルニコマグネットを使用したエッジレスウーファーです。
10年後?にフェライトマグネットを使用したSLE24Wもありますが、SLE20Wの方が評判は良かったように記憶しています。
縁があって4本所有しています。
経年はしていますが、某会社のデッドストックされていたもので、未使用品です。
本来ならセンターキャタップにSLEの刻印が施されていますが、社用品だったためか刻印はありません。
フレームもアイアンブラックで塗装されいますが、当初はアルミダイキャストの無塗装のままだった物を僕が塗りました。
当初、塗装をしようか迷いましたが、他のもので試し塗りをしたところ、質感のある塗装に仕上がり意を決して塗装に踏み切りました。

CIMG6029.jpg

塗料は、タナーアイアンペイントのアイアンブラックを使用。

CIMG6019.jpg

まずは、マスキングしてから塗装を始めます。
アルミ削り出しの状態のシルバーの色が、確認できるかと思います。
フレーム部分を刷毛で、叩くように塗り込んで3時間ほど放置します。

CIMG6026.jpg

当初、マスキングテープと塗装の皮膜を切り離す作業をしなかったら、マスキングテープを剥がすと塗料まで一緒に剥がれてしまった。
この塗料は、パックのような膜を作りますので要注意ですが、質感は素晴らしいですね。






MAOP11専用箱の漫画図・・・・補足

bhbs1.jpg

①フロントバッフル
フロントバッフルは、強度と化粧のために使用しています。
天板、側面から多少の箱鳴りがあっても、さほど気になりませんが、フロントバッフルは音の違いが分かります。
それと構造上、BHの仕切り板が天板や側面には多く接しているので強度はある程度確保されています。
逆に、フロントとリアは強度不足な傾向です。  【音道の取り方によっては変わる可能性もあります。】
故に、フロントバッフルに使用するのは比重が大きな強度の高い板材が必要とされています。
ですから、広葉樹の集成材を好んで使用しています。
楢、ブナ、樫、タモ、ウォールナット、チークなど銘木系となりますが、塗装もオイル系のクリアーで仕上げますので簡単です。
見た目も、高級家具を連想するような出来栄えになり、家族からも変な目で見られないで済みます。

☆但し、高額な物ですから、本体で音の確認をしてから購入をした方が良いと思います。

②音道の仕切り板の形状

bhbs2.jpg

漫画図で分かり難いですが、赤丸の部分は同じ面積です。
板の形状が、左側は音道を刳り貫いていますが、これには意味があります。
組み立てる時に、天板と距離を測らずに正確に組めることと、天板の強度があがります。
側板も長くなりますので、若干ですが強度が増える。
ただ、枠が出来るため縦に穴が縦方向に大きくなるので、音道が短くなるのが難点です。
それと、作業点数が増えますが、総合的には音には良いことだと思い実施することが多いです。

③Iさんからの質問
スロートの次の音道の穴のサイズが不明。
まずは、スロート面積は121となり、その手前の穴の面積は、7×19=133として少し大きくしています。
肝心な記入漏れの第二仕切り板の穴のおおき面積ですが、第二音道の面積が187となっていますので、単純に187÷(22-3)=9.842 約10cmの高さになります。
サイズは、高さ10cm、横19cmの切り出しになります。