ローコスト・ハイエンド自作スピーカー

お金を掛けなくても良い音の再生を目指す過程のブログです。個人的な見解が殆どになりますので、話半分八掛けと解釈してください。

毎度お馴染みの録音機で録音  

CIMG0784.jpg

りょうさんへ

録音機は毎度お馴染みのハンディービデオレコーダーのQ3で録音しています。
部屋のリスナーポジションにポンと置いて労音しているだけで、特にボタンを押す以外は何もしていません。
トーンコントロールやイコライザーで音を作りながら何十回も録音して、良いものをアップするといい音、いい録音をしたような雰囲気は出るだろと、眉唾な発想も考えたこともありましたが、録音の作業自体があまり好きでないので根気が続かずその域までたどり着きませんね。
そんなポン置き録音で録ってみました。



後が108solになります。



FE108sol 完成  

CIMG0778.jpg

FE88solを右に従えているよに見えるの僕の思い込みか?
108solが、完成しました。
風邪を引いている中での製作は辛いものもありましたが、好きなことをやっていると治りが速いようで、今は調子が良いです。
しかし、今年は冬に風邪を引かずに春先と夏に風邪を引いています。
原因は、孫からのもらい物で、免疫力が疲れで弱くなっているのかな?

CIMG0779.jpg

亀のように見えるベースです。

CIMG0770.jpg

ベースの取り付けは、両面テープで仮に着けています。

CIMG0772.jpg

吸音材の納まりを良くするためにベースにも両面テープを使用。

CIMG0773.jpg

CIMG0775.jpg

亀がひっくり返ったような形に見えるベースですが、両面テープでしっかり固定されています。

肝心の音は、H600タモ製に比べると音が硬いが低音の締りは良く軽いが最低域まで良く伸びていると言う矛盾した感想です。
最近、FEをよく聞いていますので、耳がFE向きになっているようで、抜けの良さと透き通るような声に魅了されています。
来週は、週末まで出張がありますので、耳がリセットされるはずです。
マークオーディオを聴き続けていたら耳がマークオーディオ耳になり、スキャンを聴き続けてるとスキャン耳にと慣れは恐ろしいですね。
そして、慣れた耳が基準になってしまうので良いような悪いような・・・・・悩むところです。

陽が陰ったら水研ぎ開始  

CIMG0767.jpg

自作スピーカーは音が一番大事ですが、その次にデザイン、仕上がりも大事です。
独身貴族ならラワン合板で研磨無しでも本人が良ければ良いですが、家族の目があるとそのような訳にもいかず、それなりの仕上がりにしないと捨てられてしまいます。
そこで、綺麗な木目の集成材を使用して面取り、研磨、家具風な塗装に仕上がるオスモを使用して仕上げていきます。
その工程の最後から2番目の工程になる水研ぎを開始しました。
それでも、3Fのバルコニーの温度は34度はありました。(大汗)

水研ぎ用のペーパーは、1500番を使用して表面を平滑化していきます。
手の平で触れながらツルツルになるまで磨きます。
補給用の水は、タオルから少しづつ供給します。
このタオルが、後ほど活躍をします。

CIMG0769.jpg

ユニット取り付け部に見える削りカスをタオルで拭き取っていきます。
そして、乾燥させて軽くワックスを掛けて塗装は完了です。

この辺の作り込みも、自作スピーカーのもう一つの楽しみ方です。
市販品も高級な物はそれりに外見にお金を掛けています。
スピーカーに限らず、自動車も同様な傾向にあるのではないのかと思います。

塗装  オスモ・ノーマルクリアー使用  

CIMG0763.jpg

CIMG0764.jpg

底板を省いた構造は、塗装の面で良い効果化が出ています。
内部塗装の半分ほど可能であり、ダクトから入り込む湿気の緩和にもなると思います。
集成材は、湿気が厳禁ですので良い結果が出ることを祈るばかりです。
音が1番ですが、見た目も大事ですね。


6987.jpg

色の付いた部分が、塗装可能な面でした。

ベースの脱着式  

CIMG0762.jpg

夏風邪を拗らせた挙句に、出張続きでブログの更新が進みませんせんでした。
まだ本調子ではありませんが、続きの作業を開始しました。
面取りは済んでいますが、研磨は未処理のままです。
ベースも適当に面取りをした状態で、細かい部分の加工はしていません。
今回は、端材の有効利用ですべての板を圧着して使用しています。

CIMG0761.jpg

音道の様子が分かります。
吸音材の調整をベースを取り外すことにより変更を可能としています。
2wayなどのネットワークもこの方法で交換可能と出来ると思います。

それでは、これから西伊豆の家で研磨を実施します。

コメントへの返信  

CIMG0757.jpg

面取りが完了して、音出しを済ませた新作箱です。
吸音材を入れていませんので、若干、ミッドハイのレベルが高いですが、これは、好みの範疇ですね。
低音は、ローは伸びていますが、量感はH600タイプの方が気持ち多い?ような気がしています。
耳が、FE耳になったようで、メインが引っ込んだ音に聴こえる。
今は、FEのファンになっています。

お二人からコメントに返信です。
コメントがFBのように写真が添付できれば良いのですが、ブログは記事の欄でないと写真は載せられないで、こちら返信します。

N.Hさんへ 
コメントありがとうございます。

CIMG0758.jpg

天井反射板の裏側に、吸音テックスが張り詰められています。
間違えた情報による所業で、高額な吸音テックスのお陰で、高音が吸音され簡易無響室風な音になってしまいました。
吸音は悪さをしない代わり音が死にます。
そこで、Stereo誌の訪問ルームチューンに応募して、取材形式でルームチューンを実施。
その時の対応の一部が、天井の反射パネルです。
裏側の吸音テックスの性能が抜群に良いので、反射と吸音とバランス良く仕上がっています。

古舘さんへ
コメントありがとうございます。

CIMG0756.jpg

最近は、いつものねじ式の端子を使用していなく、安上がりな端子を使用しています。
ねじ式の物は、組み上げ前に組み込んでいますので、こんな初歩的な失敗はしないのですが、気のゆるみが原因かなと感じています。
複雑な音道だとこんな風には出来ないかもしれませんね。

線を入れ忘れた(大汗)  

CIMG0754.jpg

10cmバージョンの石田式BHBSの製作に取り掛かり、昨晩で1本は組み上がりました。
面を取っていませんので88用に比べると横幅が広く感じますが、実際は30mm横幅を広げただけです。
内部は、空気室の容積など若干の変更をしています。

CIMG0752.jpg

2本目の製作で、やってしまいました。(大汗)
内部に線を入れないで組み上げてしまった。
参りました。
そこで、ガイドを使用して線を箱内部に通すことにしましたが、針金では堅くて内部を自由に通すことが出来ません。
そこで、半田を利用することに、これは、大正解です。
ただ、半田は強度がありませんから線を送りながら慎重に半田を引っ張らないと切れる恐れがあります。

CIMG0751.jpg
線に半田を螺旋状に巻いて、摩擦抵抗で対応しています。

CIMG0753.jpg

無事に貫通。

千葉からОWKさんの襲撃  

CIMG0746.jpg

午前中、板材の購入でホームセンターにいたところ、千葉のОWKさんから電話が入り、夕方に襲撃をしたいと申し出がありました。
箱の組立を部屋で行っていたのでリスニングするには条件が悪かったですが、新作と15cmを試聴していただきました。

CIMG0748.jpg

工作途中の新作。

CIMG0750.jpg

圧着中。

やりたいことをやるのが幸せ  

369.jpg

理屈抜きで、自分がやりたい事をやるのは楽しい。
昨日は、親の老人ホームの奉仕作業の草刈りを3時以上も炎天下の中実施していました。
この奉仕作業ために購入した4サイクル草刈り機も絶好調!
しかし、長時間、フラダンスの如く草刈り機を振り回すと流石に腰が痛くなります。
自宅から施設まで1時間30分の道程、流石に疲れて帰宅後に工作を開始したいと考えていましたが断念。
その代わり、ご褒美に西井伊豆の魚介類を買い込んで晩酌の肴にして大満足。

FE108solの専用箱の新作の製作を開始する予定でいますが、腰に鈍痛が・・・・・・
好きなことは、理屈抜きに楽しい。
結果は二の次です。
自分が楽しければそれで良い。

ブログは、自己の日記で出来事、自分の思い、感じたことを明記していきます。
所詮、素人の自作スピーカーマニアなので影響少ないとおもいますので、間違いもあると思いますが、自分の感じたことも積極的に書き込んでいこうか迷っています。

Sol対決 88 vs 108  

▲Page top