FC2ブログ

ロジャースのユニット 【その2・研磨・着色・塗装】

昨日は、息子、次女の訪問があり、家族サービスに徹していました。
ブログの掲載も、写真のみになっていました。

CIMG4928.jpg

天板は、昔、好んで使用していた方式で、面取りの延長で板の切断面とイモ付けを隠す利点があります。
欠点は、1mもある旗金が高価なことと場所を取るので、金銭的場所的に天板の圧着が難しいので、二の足を踏んでいました。
最近、安価な荷締め機で圧着をしていますので、道具選びの成果と考えています。

CIMG4935.jpg

研磨用のランダムサンダーも新調しています。
ランダムサンダーもこれで4台めになりますが、内2台は不調で要修理、現在使用中の物はボッシュのPEX260AEで実売が1万円程度、新調したのが同社のGEX125AVEで、お値段は倍以上もしました。(汗)
しかし、値段は値段です。
少し重くなりましたが、パワフルで音も静か、埃も少なく、長時間使用しても熱を持ち難いとの優れものです。
欠点は、やはり、値段ですね。

CIMG4938.jpg

エボニーで着色をしていますが、これには大分迷いました。
白木の状態でクリアーを塗るのも木の経年より深みのある色が出るので、着色には抵抗がありましたが、試しに再度挑戦した次第です。

時間経過が少ないので、時間が経過すればもう少し、品のある色合いになると信じていますが・・・・

CIMG4957.jpg

これで、ロジャースのユニットを使用した箱を2作を作りましたが、個人的には3作目になります。
1作目は、3×6材を1枚使用した小箱でした。
今回は、2枚使用しています。
2作目は、2,5枚も使用していますので、それなりの重量があります。
音は、好みの音が出ています。
本家の音に、エネルギシュな高域に、強力なサブウーファーをプラスした音作りになっています。
本家も、スピーカーベース兼用のサブウーファーが別売りをしていましたので、方向性は間違っていないと考えています。
レンジは、40Hz~とまあまあですね。

ロジャース・ユニット使用  【BHBS2作目】

CIMG4915.jpg

ロジャースのユニットを使用しての箱も2作目になりました。
より重厚なイメージに製作していますが、ダクトの調整方法でスピーカーベースを利用することにしました。
Alpair11MSは、ユニットと箱のエージングを考慮して、しばらくは放置状態とします。

CIMG4911.jpg

試作的に作りましたが、デザイン優先では強度的に問題がありまそうです。
大きく作ってあるので、後ほど適当なサイズにカットする予定です。

CIMG4916.jpg

CIMG4918.jpg


ダクト部分の様子ですが、高さで面積を変更する方式として、ベースとは脱着が可能なため、箱の本体の底部にダクト用の板を仕込んでいます。
この板は、交換が可能で長さの調整も可能です。

知恵を絞っているのですが、なかなか上手くいかないもんです。
頭の中で描いている時には良い感じですが、実際に具現化をすると強度など不備を発見、作ってみて初めて分かるので時間の投資と、材料の投資で高級車が買えるくらいの資本投下をしてると思います。
趣味だから許される浪費と自己を慰めています。

Alpair11MS  【振幅確認 その3】

ユニットの位置を変えてMS11が手前で、パワーも入れています。
たまに、変な音がする場面がありますので、ドキドキしながらパワーを入れていました。
アンプのボリューム位置で11時少し手前で、底を突きそう?
飛ばしたら、自己責任ですので無理はしません。






超低域の録音が不可能ですね。
コーンは動いていても、肝心の超低音をレコーダーが拾っていません。
残念です。

Alpair11MS 【振幅再確認】

久々にカテゴリーの実験検証を行っています。
これは、音の確認とは別の確認になります。

昨日と同じでMAOP11を対抗馬で使用しています。
ユニットの位置を変えていますが、奥のAlpair11MSの振幅の度合いも分かると思います。

ソフトも、もう少し下の帯域が入っている物にしました。



あてにならない、ピークのみを拾っているF特です。

45ll.jpg

Alpair11MS 振幅確認

昨日も明記したのですが、ダンパーレスなので、振幅が気になっていたのですが、その心配は杞憂に過ぎませんでした。
ダンパー付きと遜色なくむしろ強いくらいです。
試しに、フィデリテムサウンドさんのブログで引き合い出されているマーカスミラーのソフトで、振幅確認とピークのF特を取ってみました。
録音レベルは低に設定していますので、音量は控えめです。

音圧の測定はしていませんが、100dB以上の音圧だと思います。
昼間ならもう少し音圧を上げるのですが、夜は少し心配なので手加減をしています。

36869.jpg

不正確なF特ですが、参考にはなると思います。
このソフトは低域の量感はありますが、ユニット虐めに最適な空振りを起こしやすい超低音は少ないようです。



音では無くて、振幅確認です。
奥のMAOP11もそれなりに動いていますね。

Alpair11MS  VS  MAOP11 一晩経て

久々に、著作権侵害でブロックをされました。(大汗)

一晩経ての音を録音?録画しました。
敢えて、低音の入っていないソフトを選び・・・・著作権侵害も考慮して?

またもや、僕の動きが録音されています。
このノイズがあった方が、もしかしたら?ブロックをされ難くしてくれたら幸いですが・・・・・




独り言
耳の錯覚か?11MSの方が中域の密度が濃いように感じる。

Alpair11MS VS MAOP11  【無謀な録音対決】

Alpair11MSは、本日、取り付けたポン付け状態、おまけに箱のエージングも済んでいない状態と、最悪のコンディション。
それを、無謀な録音で勝負です。
Alpair11MSだけ聴いていれば良い感じの俗に言ういい音です。
時間の経過でどんどん良くなると思います。
値段差は倍弱を考慮すると安い買いもだったと思います。
爆音でも聴けるのも心配が無くて良いですね。


【録音の順は、タイトル順と同じにしています。】




ザ・マスカレードはブロックされました。(汗)

Alpair11MS VS MAOP11 【第一印象】

CIMG4871.jpg

Alpair11MSを早速!新作の箱に入れてました。

評論家の先生ではないので、素人のいい加減な個人的な感想は、ブーミーの一言。

箱のサイズをMAOP11より、2割ほどコンパクトにしたのでダクトの面積を大きくしていたのが原因でブミーになっていたようでした。
エージングも済んでいないしダクトの調整も本調子ではないので音の印象は後日にします。

音とは別に感じたことがあります。
良い意味か悪い意味か分かりませんが、ダンパーレスなのでコーンの動きが良いかと思ったら、意外と動かない?
ユニット虐めのソフトでコーンの動きを確認したところ、通常のエッジ付きユニットと変わらない動きをしている。
むしろ、MAOP11より低域の耐入力は強いのでないかと考えられます。
半面、繊細な動きが・・・・・

CIMG4873.jpg

写真では分かり難いですが、エッジはPluvia11と同じ形状をしていますが、強度に違いがあるかもしれません。
いずれにしても推測の域は出ません。

CIMG4860.jpg

コーンの形状もPluvia11と違い、平面に近い形状でボビンの芯を維持しているかと思います。

CIMG4867.jpg

お尻がMAOP11みたいですね。

CIMG4875.jpg

2cmピッチの調整ですが、鬼目ナットをもう1セット仕込んで1cmピッチの調整も可能にする予定です。

いずれにしても、エージングが済むまでは、本調子にはならないでしょう。
現状では、MAOP11に完敗です。

やってみて分かったニアフィルド録音【まとめ】

CIMG4858.jpg

ニアフィルド録音の状況は、写真の通りで専用マイクを付属するとか専用の反射板を使用などしなくて、ローコストレコーダーのみで特に何もしていません。

このニアフィルド録音(勝手に命名)の利点は、直接音を録音するので部屋の影響を受けにくい。
ですから、スピーカーを部屋のどの場所においても、同じように録音が出来る。(実験済み)
機器を選ばずに解像度の高い録音が出来る。
注意点は、録音レベルに表示されないピークを拾うので録音レベルは、若干低めが良さそう。
しかし、機器が変わればその辺は改善されると思います。

欠点は、先にも書きましたが、低音のあまり入っていないソフトが有利になる。
フロント設置のダクトから出る音に違和感を感じる。
トールボーイのリアダクトは、位置が離れるので、殆ど気にならない。
ニア=近いのでどうしても、顕微鏡で音を見る傾向になりますが、特に中高音の音の違いは還暦の耳でも明瞭に分かります。
本来は、加齢で分かり難い帯域のはずの高域も顕著に分かるから不思議です。

一度、ニアフィルドで音の違いが確認できると、離れても違いが今まで以上に、分かるようになりました。
これは、僕の実践なので他の方が同じような傾向になるかはわかりません。
音の研究には、ニアフィルドは有効と感じています。

音楽を聴くには、やはり、広いキャパの音が好みです。
原寸大は、到底不可能ですが、スケール感、臨場感、響き、低域の再生には部屋の力が必要で、現在は14畳ですが、最低24畳ぐらいのお部屋で聴くのが夢です。
既に夢を叶えられている近隣のオーディオマニアさんたちがいますので、羨ましい限りです。
ニアフィルドは音の実験で有効なので今後も、音の確認の時には、訓練も兼ねてニアリスニングを行ってい行きます

組み立て完了

75インチテレビで、マージャンゲームに嵌まっている今日この頃です。(大汗)

CIMG4856.jpg

今週末までには、音出しが出来るレベルにはなっていると思います。

CIMG4857.jpg

可変式ダクトを採用

後は、今週末にユニットが届けば音の確認が出来ます。

また、ニアフィルドでの録音も試したいと思います。
今度は、録音レベルに注意して録音したいと思います。
勝手にユニットの近くで録音する手法をニアフィルド録音と呼んでいますが、正式には違う呼び方もあるかと思います。
それにしても、ニアフィルド録音にしたらMAOP11の拍手の多さには驚いています。
11拍手は記録です。

左右のスピーカーの距離を狭くして、スピーカーに前にポンと適当に置いて録音レベルだけ気を付ければ、誰でも綺麗な録音が可能になると思います。
しかし、フルレンジに限ります。
大型の3wayではバラバラになるので、ある程度の距離が必要になると思います。
フロントバッフルの位置に限りますが、BHやバスレフもホーン開口部やダクトからの音も良く分かりますので、注意が必要かと思います。


何事も、試してみないと分からないですね。
良い勉強をさせていただきました。