ブログ・ハイエンド自作スピーカー【小口径ユニットの料理も挑戦中】

音の違いは、一にユニット、二に箱、この両輪は切っても切れない関係。ユニットはお金を出せば手に入ります。箱はお金を出しても買うことは可能ですが、ロマンは買えない。SP箱の製作の魅力に憑りつかれた管理人の試行錯誤のオーディオライフを紹介しています。

フロントダクトかリアダクトか?迷うところです。  

画像 1798


最近の石田式BHBSは、リアダクトが多くなっています。
何事も飽きっぽいので、色々と試したくなる性分で実験を楽しんでいるのが理由です。
40年以上前は、密閉3wayをメインで聴いていましたが、途中から長岡先生の影響を受けて自作をするようになる。
当時は、知識も乏しく、木工技術もないため簡単に出来る先生の紹介されていたシングルバスレフでUP203やFE103で遊んでいました。
しかし、低音が弱い?少ない?当てはまる言葉が出ませんが、低音に不満を覚えてBHのキットを購入。
FP203を入れて聴いていましたが、若干の低音不足・・・・部屋が悪かったのかと考えられますが、トーンコントロールで少し低音を持ち上げたらバランスが取れた記憶があります。
自作初心者には、キットのBHですら組み立てるの青色吐息だった記憶が蘇ります。
今思えば非常に懐かしい思い出ですが、長岡先生の簡単な箱の紹介がなかったら、自作には進まずハイエンド系に進んでいたかもと思います。
話が大分脱線しましたが、その頃よりフロントに開口部のあるBHを長年聴いていたように思います。

フロントダクトかリアダクトか好みの分かれるところですと言ってしまえば楽なのですが、今回、製作した2作から感じていることは、フロントBHに聞きなれた耳は、中音の密度、量感、張り出しなどである程度の基準みたいのもが知らず知らずに脳内に蓄積されていたようです。

必要悪の開口部のからの中音の漏れがあるために、中音が強調気味聞こえていたのかもしれませんが、この音が好きなのかよくわかりませんが、物足りなさを感じてします。
個人の好みでは、リアよりフロントにダクトがある方が好みのようです。
シングル、ダブルバスレフも中音はダクトから漏れ出でいますので、同じような好みの傾向になっています。
メインもリアからフロントにダクトの位置を変えた方が良いのか?迷うところです。

低音は、リアは緩くなり、フロントは締まる様な気がしていますが、プラシーボーの域を出ませんので、いずれ実験をしてみたいと思います。

ホテルに一人でいると、色々と考えることが多くなりますので、帰宅した際の楽しみが増えます。

本日は、小諸市のホテルから書き込んでいます。

毎度お馴染みの録音機で録音  

CIMG0784.jpg

りょうさんへ

録音機は毎度お馴染みのハンディービデオレコーダーのQ3で録音しています。
部屋のリスナーポジションにポンと置いて労音しているだけで、特にボタンを押す以外は何もしていません。
トーンコントロールやイコライザーで音を作りながら何十回も録音して、良いものをアップするといい音、いい録音をしたような雰囲気は出るだろと、眉唾な発想も考えたこともありましたが、録音の作業自体があまり好きでないので根気が続かずその域までたどり着きませんね。
そんなポン置き録音で録ってみました。



後が108solになります。



コメントへの返信  

CIMG0757.jpg

面取りが完了して、音出しを済ませた新作箱です。
吸音材を入れていませんので、若干、ミッドハイのレベルが高いですが、これは、好みの範疇ですね。
低音は、ローは伸びていますが、量感はH600タイプの方が気持ち多い?ような気がしています。
耳が、FE耳になったようで、メインが引っ込んだ音に聴こえる。
今は、FEのファンになっています。

お二人からコメントに返信です。
コメントがFBのように写真が添付できれば良いのですが、ブログは記事の欄でないと写真は載せられないで、こちら返信します。

N.Hさんへ 
コメントありがとうございます。

CIMG0758.jpg

天井反射板の裏側に、吸音テックスが張り詰められています。
間違えた情報による所業で、高額な吸音テックスのお陰で、高音が吸音され簡易無響室風な音になってしまいました。
吸音は悪さをしない代わり音が死にます。
そこで、Stereo誌の訪問ルームチューンに応募して、取材形式でルームチューンを実施。
その時の対応の一部が、天井の反射パネルです。
裏側の吸音テックスの性能が抜群に良いので、反射と吸音とバランス良く仕上がっています。

古舘さんへ
コメントありがとうございます。

CIMG0756.jpg

最近は、いつものねじ式の端子を使用していなく、安上がりな端子を使用しています。
ねじ式の物は、組み上げ前に組み込んでいますので、こんな初歩的な失敗はしないのですが、気のゆるみが原因かなと感じています。
複雑な音道だとこんな風には出来ないかもしれませんね。

必要悪の吸音材  

kyuon.jpg

漫画図は、公表しても吸音などは細かいことを書き込んだことは、少ないと思います。
この辺は、好みで個人の自由の範疇で使用しなくても良いし、どちらでも良いと考えています。
僕の経験ですが、BHや石田式BHBSでも絞りの緩い設定のダクト口径の大きな場合は、吸音材は無い方が中高音が盛大にダクトから漏れ出してくるので、切れ込みが良く、抜けも良く、打撃系の音は素晴らしいパフフォーマンスを見せてくれます。

最近は箱の小型化に専念していましたので、ショートBHに大型ダクトを設けて比較的簡単に低音の量感を求めるBHBS化にしていました。
ソフトに合わせた音作りも自作ならではの醍醐味でしょう。
パーカッション系のソフトならBHや共鳴管が最高でしょうね。
きっと、切れ込みなどハイエンドスピーカーもついてゆけないでしょう。
吸音材なんか使用する必要もないと思います。

しかし、ソフトが違う傾向の場合は話が変わり、BHの開口部や大口径ダクトから漏れ出す低音以外の音が悪さをし始めますが、
これも、好みの内と考えています。
石田式BHBSもオフ会などで環境が変わる場合は、吸音材を抜いたりして対応してた時期もありました。
もう、今後はオフ会に持ち込むことも無いので、今後はそのままでいます。

最近は、聞くソフトも変わってきていますので、必要悪の吸音材も使用しています。
吸音材の利用目的は2つあります。

1.中高音の吸音(ダクト径に左右され、ダクト径が小さければ酸くて済む)

2.低音の量感の調整(容積の調整、吸音)

箱で低音を稼ぎ、小さめのダクトで調整する旧石田式BHBSが有利になりますが、
紙一重的な調整は部屋など環境が変わると低音の量感不足、一般的な低音?
100Hz付近が落ち込む傾向になる。

その辺を改善するためショートBH+大口径ロングダクトの組み合わせが生まれた。
結果、箱は小型、ダクトから余分な音が漏れ出す結果となる。
ただ、狭い環境の部屋の想定はしていないので、ある程度の広さの環境の方には好評を得ていました。
ニアリスニングでは、2wayでも繋がりが気になりますので、共鳴の音など即、分かってしまいまね。
この辺も、広い部屋が有利に作用すると言われる所以の一つかもしれませんね。
と言っても、全てが広い部屋でもないし、高域のピークが気になるソフトでは、やはり、それなりの対策が必要ですね。

図でもお分かりになる通り、空気室への吸音材の使用は極力、無くした方が良いと思います。
容積の少ない環境では、少量の吸音材の使用は影響が強すぎ、調整も大変です。
音も死ぬ傾向になります。
ホーンロードの折り返し付近薄いフェルトを使用、最終ホーン部分の容積を大きめに取って、吸音材をがっちり入れる方法が、
調整も楽なので、良いと考えています。

スピーカーも一定のレベルの性能は必要と思いますが、フルレンジではメーカーの音が6割を占めますので、残り4割が自作派の腕の見せ所です。
シングルバスレフのメーカー指定箱では、低音の量感は小型フルレンジユニットの域をでません。
小型フルレンジの良さを引き出すのは、低音の有無で影響していますので、低音の調整が肝となりますね。


suzukiさんのブログで紹介をされました。  

CIMG0650.jpg

過分なご紹介、ありがとうございます。

http://mcap.exblog.jp/








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▲Page top