ハイエンドスピーカーユニットの導入

CIMG3647.jpg

フルレンジばかり弄っていたので、たまにはハイエンド自作スピーカーの方もブログネタにしました。
ハイエンドスピーカーユニットでお馴染みのスキャンスピークは赤枠の中です。
このシステムは、バイアンプ化していますので、好みで音を出すユニットを変えられます。
一番上のFostexの13cmフルレンジだけの試聴も可能ですが、リファレンスで聴く時は、赤枠のみのユニットの2wayで聴きます。
この場合は、非常にすっきりした音になりますが、面白味は薄い音ですので、好みと気分で全体的な太みが欲しい時には、上のフルレンジも鳴らして太みを出します。
このセットだけでも、自室の場合は十分なのですが、臨場感を重視すると人の気配も欲しくなります。
そうなると、超低音域が欲しくなり、サブウーファーの追加になります。
以前も書きましたが、このサブウーファーは、電気的に音を作っています。
方式は、密閉【内部逆ホーン】とノーチラス風の構造となっていますので、素のままだと低音は殆ど聴こえません。
そこで、デジタルチャンネルデバイダーで25Hzを24㏈ブーストして、カットの45Hzに向かい12㏈の減衰をさせています。
カットも-48㏈なので、45Hzから上は殆ど聞こえません。
サブウーファーだけ聴いているとモグモグ言っている程度の音しか確認が出来ませんが、この音があると無いとでは雲泥の差があります。
ただ、このサブウーファーも音圧の調整が肝でやり過ぎると心拍数が上がるので注意が必要です。
90dB位の音圧まで上げることがあるので、パワーアンプが通常の物では壊れる可能性があります。
過去にプリメインを飛ばしてしまい修理代をがっぽり取られました。(汗)
頑丈なファン無しのPAのアンプが安心ですね。

また、話が外れました。

ブログタイトルにもなっているハイエンド自作スピーカーですが、本来の目的は国産スピーカーユニットメーカーの大御所であるFostexさんのユニットを使用してハイエンドスピーカーの音を目指しました。
すると、市販品のオーディオマシーナでFW168HPを使用した製品が登場、結果は余計拍車がかかる状況になりました。
そして、FW168HRの登場と同時にT250Dも発売、鬼に金棒の状況に・・・・しばらくは、満足していました。

そこで、限定品の発売・・・・・写真右の2way・・・・・音は悪くないが、纏まり過ぎ、優等生、蒸留水的な鳴り方は、リファレンス向きで音の確認には向きますが、好みでは無く聴く時間は短くなった。【食べ物と同じで体に悪いが、少しこってり系が好き】
と言っても、フルレンジよりは性能面では抜群に良いと思います。
現在でも、音を出せる状態にはなっていますので、スキャンとメインを入れ替えて聴くことも出来ます。

一度は、ハイエンドスピーカーの近道のスキャンの高級ユニットも使用したくなり、赤枠のユニットを導入、その後同社の高級ツイーターの追加導入で今日に至っています。

個人の独断と偏見の感想として、性能重視のFostexさん、感性重視のスキャンと位置付けています。
どちらのメーカーのユニットも、ハイエンド自作スピーカーの製作には欠かせないです。

ただ、箱屋としてはハイエンド自作スピーカーはリファレンス向きで音の完成度が高いですが、ある意味で面白味に掛けます。
それは、すべてユニットの性能重視【金額重視?】になるからで、箱作りの面白味に欠けます。
メインの方式は、補助的でバスレフになっていますが、基本は密閉であり容積を大きめに作ってあればOKと、お粗末な箱の構造です。
密閉での使用時は、サブウーファーのクロスポイントを上げて対応をしますが、繋げるのが厄介です。
ですから、メインの箱作りはやりようが無くて、ネットワークの見直しと定期的な鳴らし込みで完成かと考えています。

ですから、今後も、ハイエンド自作スピーカーは箱の製作では無くて、気に入ったユニットの購入と必要に応じての箱作りになるかと思います。
気になっているミッドレンジがありますが、入手が困難な上に高額です。
中古のハイエンドスピーカーを求めた方が安上がりになるかもしれません。
ここのところ、足踏み状態の箱の製作ですが、考えが纏まれば精力的に行動を開始しようと考えています。
その前に、音への影響力の高い部屋の改善にも気持ちが向いていますので、そちらへの気持ちが落ち着くまで無理かもしれませんね。
ブログの題名も箱屋として楽しめる石田式BHBS製作奮闘記?と変えないといけない時期に来ているかもしれませんね。(笑)

メインの改善 【サブウーファー】

山梨で刺激を受けて、音質向上に励んでいます。
まずは、ウーファー部分から改善を始めています。
今迄は、ローコスト・デジタルデバイダーで48dB/octのローパスフィルターと内臓のイコライザーを使用して強制的に低音を出していました。
これはこれで、締りの良い低音を密閉箱より出すことが出来ていました。
特に変更しなくても良かったのですが、40Hzでのカットは締り重視で一般向けをする帯域の量感は若干低い。
デジタルデバイダーでも調整は可能ですが、操作は簡単になるのですが、PCに接続をしたりしなければならくて厄介でした。
それに、見た目を悪かったです。
今回は、アナログのEQを使用して低音の音作りをしていますが、あらかじめウーファー側にもローパスフィルターを仕込んでおきます。
アナログEQのカットレベルは最大で12dB/octで低音用としてはレベルが少ない、相の影響を考慮してローパスフィルターを65Hz/12dB/octを併用することにしました。
理屈では、65Hzから24dB/octでカットされていくはずですが・・・・・かすかに人の声が聞こえる。(汗)

777.jpg

今のところこんな感じで低音を調整していますが、80Hz付近のレベルが肝で調整が難しい。
ソフトによってもレベルを変えた方が良いようにも感じています。
流石に解像度を落とす100Hzから上のつまみに触れることは無いです。

話は変わりますが、実験で100Hz以上の量感重視のBHを作りましたが、耳が慣れてしまうのか?聴くソフトによってはそれなりに豊かな量感が心地よく感じます。
しかし、そのソフトは低域の量感が少なく高域よりの内容でした。
それなりに、低音成分が多いソフトでは聞くに堪えない解像度の悪い音に聴こえてきます。
その辺の対策がBHBS化にすれば可能となりますが、今週末は次女の結婚披露宴に出席と実験が出来ない状態です。
バージンロードを歩くのも2回目ですが、何となく恥ずかしい気持ちが過っています。

☆パワーアンプが2台あるので、ブリッジ接続でモノラルとしてパワーを増やして左右1台づつのパワーアンプでウーファーを駆動しています。



4セット目で納得

CIMG2436.jpg

昨日の作業結果、蓋が完成しました。
後は、面取り、研磨、塗装の工程が残っています。

CIMG2445.jpg

写真は、塩ビ管の異形ジョイントを使用したダクトですが、前面バッフルにダクトを取り付ける方法だとダクトの長さの変更は自由であり、径はVPとVUで多少のサイズは変更が出来ます。
しかし、径は極端に大きくすることは不可能です。
そこで、苦肉の策で異形ジョイントを使用して良いところを探します。

BHBSでダクトの径が小さいと締りは良くなりますが、筒臭く変な癖が出る可能性あり、逆に径を大きくすると締りの悪い低音になる可能性があります。
この辺の調整が長さで1cm単位での調整、径でもmm単位の調整が必要と考えています。
この辺は、バスレフも同じかと思います。
バスレフも、ダクトの径が極端に小さいと風切り音や位相のずれた様な音が出た経験があります。

CIMG2448.jpg

今回、調整で使用したダクトですが、殆どが径は65φでした。
実際は、この箱のサイズだと75φが良かったことにより、箱のサイズが小さくになるに連れ、ダクトのサイズは逆に大きく取った方が聴きやすい音になるようです。
しかし、再生帯域の伸びなどの性能面は後退すようです。
この辺が、個人の考え好みの分かれるところだと感じています。

妄想から離れて・・・メインの調整

CIMG1915.jpg

堂々巡りなオーディオライフですが、同じことをしていると飽きる短気な性分で何かしていないと気が済まない。
本日は、代休で朝から部屋の片づけをしていました。
一種の模様替えですが、オーディオルームの場合は、前後左右を移動するだけでは無くて、ついでにシステムまで悪戯を始めます。(汗)
システムの悪戯の前に、まずはスピーカーの模様替え?で10㎝級はLvパネル裏側に移動して暫くは放置をする予定。
代わりにFE88solを前面に置く、俗いう自室のシステムのスタメン交代ですね。
放置すると、音が良くなるジンクスがありますが、本当に良くなっています。
自然で音の深みも出ています。
箱のエージングかユニットのエージングか?
目を瞑るとサイズを忘れさせます。

CIMG1913.jpg

CIMG1914.jpg

整理をしていたら斜め壁の裏側から、アルテックのドライバーが現れました。
モデル806-8A 1973年発売、A7のホーンツイーターにも使用されていました。
マルセラホーンを取り付けて使うのが普通ですが、無しでドームツイーターで音の確認をする。
いいですね。
この時代の音は、自然に耳は入って来て、不思議と安心して聴けます。
チャンスを見てスパイス的に使用したい。

CIMG1917.jpg

本題にメインの音の調整に入ります。
メインの音作りは石田式BHBSとは違い、超低音は共鳴を頼らずに密閉(内部に逆ホーンを仕込んでいる)2本の13cmは
シングルバスレフにしています。
超低音は、バスレフでは再生が難しいしフラットの特性も厳しい。
電気信号で音作り超低音を作り出しています。
低音関係は、申し分なく満足の域に達していますが、中高音がぼけ気味に聴こえる。
写真でも分かる通りに上の13cmは、ロー、ミッドバス、ミッドの補強で使用していますが、クロスポイントの変更で音の傾向がガラリ変わります。
斜めに床の方向に向けていますが、本来ならリスナーの耳の高さに合わせるが筋だと思いますが、この角度の調整でミッドの調整をしているつもりでしたが、2kクロスではほとんど違いが分からい状況だった。
そこで、クロス帯域を上げて行き良いところが出るまで実施しましたが、ネットワークを入れた状態では良いところが出ない?
そして、あることを実施!
結果は、瑞々しさが音に乗り鮮度が数段上がった。
こうなると音楽を聴くのが楽しいですね。
明日は、早朝より友人が訪ねて来ますので、どんなリアクションをするか楽しみです。

その後、雨天の中ですが、富士五湖方面へ一泊で飲み会です。

やはり・・・・サブローはBHBS?

4291.jpg

サブローは、密閉でと考えていましたが、密閉はBHBSのダクトを塞ぐだけで出来ます。
BHBSのサブローの失敗のための保険で、交換可能なダクトや密閉化が可能だし、遊びの範囲も広がりますね。
メインのサブローは密閉ですが、内部に逆ホーンを仕込んでいます。
工作好きは、作ることも楽しみの一つですので、簡単すぎる密閉では面白くないですね。

箱を小さくする努力しています。
ウーファーは、欲張らなければ単純なバスレフでも、低音は安易に得られます。
16cmユニット2本分で容積が50ℓはバスレフの容積としては、5割ほど大きいようにも感じていますが、密閉として考えるなら良いサイズかもしれませんね。

もう少し、試行錯誤をします。

共鳴利用は休眠?

369.jpg

共鳴を利用する方式を休眠と言うか、やり過ぎで次のアイディアが浮かぶまでの休憩といったところです。
自作箱は、共鳴を利用する方法はバラエティーに富んでいますので、永遠に続けていきたいと考えています。

休眠中は、死蔵しているユニットを生かしてオール密閉のシステムの構築を計画しています。
共鳴を一切利用しない密閉箱としますが、容積はバスレフより少し小さくしようかと考えています。

ユニットは、バスを16cmウーファー2発として箱はユニットに対して1の割合で作り、メインの上部と同じような配置となります。

CIMG1804.jpg

メインはラック式に箱を収めています。
これなら、箱一つは小さくて済むし、強度も上がります。
もちろん、分割されるので重量も軽くなります。
問題は、密閉なので低音の量感が心配されますが、イコライザーを使用して電気信号の調整で対応を考えています。
これなら、ネットワークも要らないような気がしますが、実験をしてみないと何とも言えません。
ウーファー以外は、通常のネットワークで対応を考えています。
バイアンプか完全なマルチにするか?

この手の実験は、大変面白いですね。
教科書通りに良い音を追求するばかりでなく、色々なことを試すのも自作ならではの楽しみの一つと思います。

過去に作った理想的な箱

DSC_0006.jpg

唯一、市販品で欲しいと思ったスピーカーはウイルソンオーディオのシステムシリーズでした。
そんなこともあり、ウイルソンオーディオのWATTを真似して、この形状の箱を製作をしたことがありました。
フロント、サイドの左右の3面はすべて斜めの構造をしています。
各板の切断角度、板の長さを合わせるのに、大変な苦労したことを思い出しますが、今一度、挑戦したい箱の一つです。
自作スピーカーは、努力すると色々な方向性や可能性を秘めています。
まずは、実行あるのみですね。

メイン編 トーンコントロール使用 【禁断のローブースト編】

CIMG0638.jpg

十年以上使用を続けているアンプですが、トーンコントロールのスイッチを入れたのは数えるほどしかありません。
その証拠に、写真でお分かりになる通りトーンのツマミが新品同様、それに比べバランスのツマミは・・・・・

本日は、ソースダイレクト主義を止めて、禁断のトーンコントロールでローを少し持ち上げました。

理由は、15cm級の石田式BHBSの低音を先に聴いていたこともありますが、トーンコントロールでローを下げていたので15cmの低音の量感が主たる要因ではありません。

本日、千葉からKさんが我が家を訪問されました。
Kさんは、片チャンネル38cmをツインで使用している方です。
低音大好き派と見ましたが、合っているかどうか?
そのKさんからのご希望で少しローをブーストしたところ、目から鱗状態。
僕自身、メインのハイエンド自作スピーカーの低域はもう少し量感が欲しかったと常々感じていましたので、正に目から鱗状態でした。
スピーカー製作では、散々!掟破りの手法を取っていたのですが、アンプはソースダイレクトに拘っていました。
これからは、ソースダイレクトの縛りは止めてトーンコントロールを使用することにしました。

CIMG0627.jpg

同じような嗜好、考えを持つ方との触れ合いは得る物が多いですね。
素晴らしいソフトも紹介されました。
必ず、来訪者の方は素晴らしいソフトをお持ちになっています。
良いソフトに巡り合うと、有りがたいことにオーディオ熱が過熱気味になります。
本日は、有意義な半日を過ごすことが出来ました。