FC2ブログ

ちょっと千葉市まで

CIMG5885.jpg

AM7:30に自宅を出発!
一路、千葉市まで向かうが、時間帯が悪かった。
休日なら長泉沼津ICまで10分程度で到着をするのですが、平日は話が変わり渋滞の中30分以上掛かってしまった。
高速は東京ICまで順調でしたが、先で大渋滞・・・・・参りました。

CIMG5890.jpg

目的地の千葉市某所に到着をしたのが、10:40過ぎ180kmを3時間以上の掛けて到着。

CIMG5893.jpg

部屋数、広さ、システム・・・・・男の隠れ家に羨ましいやら圧倒されていました。

CIMG5896.jpg

こちらは、見慣れたに光景に一安心。

CIMG5900.jpg

昼食を済ませて帰路についたのですが、睡魔が襲い・・・・・東京ICを出たところで爆睡15分。
帰りは爆睡時間を抜くと2時間10分で自宅に着く事が出来ました。




午前中は、沼津のBUIさんちまで

CIMG5510.jpg

本日の午前中は、沼津のBUIさんちまでスピーカーの箱を届けて参りました。
こんな時は、リフトバックのプリウスは重宝します。
東駿河湾道路が開通してからというもの、BUIさんちまでの移動時間が大変短縮されています。

写真は、オスモで塗装して箱を夜露、雨対策している様子です。
オスモは、完全に乾燥しないと匂いが気になりますので、屋外にこのようにして保管しています。
台風シーズンは、天気予報を見ながらになります。

CIMG5521.jpg

ブルーシートを外していると、次女の娘が遊びに来ました。
昨晩から、里帰りをしています。

CIMG5527.jpg

BUI邸に到着、ご本人の希望で軽量化した箱は実に軽い・・・・片手でひょいと持ち上がります。
難なく、お部屋に運び入れることが出来ました。

CIMG5525.jpg

まず目に入ってきたのが、過去に製作したMG850のリバーシ。
経年で木材がいい感じに飴色になっています。
これも、僕が作りましたので懐かしいですね。

CIMG5526.jpg

現状の箱からユニットを移植して完成します。
、取り付けはBUIさんにお願いをして帰宅をしました。

肝心の視聴もしっかりしてきましたので、次回は箱の違いの確認をしたいと思います。




ちょっと早い忘年会

CIMG4996.jpg

昨日、沼津市の西浦平沢でオーディオの会の忘年会が開催されました。
遠くは、長野、山梨、千葉、埼玉から参加の方もあり、オーディオ談議に花を咲かせていました。

CIMG4982.jpg

旅館の目の前は海、早朝の富士山ですが、ガスが少し掛かっています。
昔なら、天女が降りてきそうな雰囲気でした。

旅館を後にして、DCアンプマニア邸で、ウエスタン?の真空管の試聴会を開いていたようです。
僕は、仕事で一足早く帰宅した次第です。

山梨まで遠征

本日は、数年ぶりにOZさんと再会、OZさん宅を訪問してからFURUTEC(TE27)さん邸に訪問をしてきました。
FURUTEC(TE27)さん宅は、高級オーディオルームを構築していましたが、訪問したいと連絡をしてから、訪問の都合がつかず1年が経過していました。

123.jpg

甲府駅付近に9時の到着を目安に早朝6時45分に自宅を出発、7時過ぎには御殿場付近を走行していました。
流石に富士山も自宅から見るより大きい。

CIMG2727.jpg

御殿場から富士五湖道路、中央道で甲府に向かう。

CIMG2740.jpg

8時過ぎに山梨県に入り、北岳もはっきり見えます。

予定時間より15分ほど早く到着、OZさんと数年ぶりの再会を果たします。
OZさんは、数年オーディオ休眠中でしたが、数カ月前より再開していました。
僕も、就職、結婚、子育ての時には、オーディオを休眠している時期が十数年ほど続きました。

午前中はOZさんのところで、各システムの拝聴。

CIMG2748.jpg

マンションのリビングにセットされたシステム。


CIMG2750.jpg

別の部屋のシステム、アポジーの力強く押し出し感に圧倒される。
アポジーのイメージが変わりました。
もちろん、文句なしの中高音。

CIMG2753.jpg

リビングに戻って三洋のモンスターSPの拝聴。

CIMG2754.jpg

本当に30cm?と思わせる鳴りぷりが凄い!
経年を感じさせない音です。


昼食を兼ねてFURUTEC(TE27)さん宅に向かう。

CIMG2756.jpg
防音ドア

CIMG2758.jpg

CIMG2760.jpg

CIMG2771.jpg

想像をはるかに超えるキャパと音質。
圧倒されぱなしで、脱帽の繰り返し、現状では感想を巧く表現が出来ないですが、あえて文章にするなら越谷の方舟も汗を掻きそうなぐらい素晴らしいオーディオルームでした。

38cm×2+ホーンは憧れ

部屋が広ければ38cm×2本は導入したい憧れのシステムです。
過去に38cmの導入も試みましたが、部屋の広さの問題で断念。
高気密の14畳程度のキャパでは、飽和してしまうので無理ですね。
その代わり、小口径ウーファーでも効率よく低音の再生が可能・・・・低音が可能だけでは迫力には欠けます。
面で押す中音も好きです。
なぜこんなことを書いているかと申しますと。
船橋のK氏の38cmの面で押す余裕の音を聞いてくると欲しくなります。
大型スピーカーも憧れのスピーカーの一つです。
木造の14畳なら、飽和せずに済みますが、音量を間違えると大変なことになります。

小口径を詰めるのも楽しみの一つですが、大口径への憧れも捨てきれないですね。
何れにしても良い刺激になりました。

久ぶりにWさん宅襲撃

CIMG2108.jpg

10日の日曜日は、午後から久しぶりにWさん宅へ襲撃に行ってきました。
東駿河湾道路の開通に伴い、自宅からWさん宅への移動時間は、短縮されました。
加茂のインターを降りて数分でWさん宅に到着します。

出張先で自宅のPCのメールが取れないので相談をしていました。
その件もあり、前々から気になっていたプロの某氏推薦のDACの音の確認もしたかったので伺いたかった。

CIMG2109.jpg

機種名は忘れましたが、専用電源も必要で合わせるとそれなりの金額になりますが、それなりに音も良く特に中高音の滑らかさは特記できます。
回転系を必要としない音源の(ファンも含む)PCに取り付けると良いと思いますが、再生スピーカーがスキャンの18cmのため低音の確認が出来ていないのでその辺は気になります。
自宅のPC【純正アキュフェーズDAC30】の低音は、CDに比べると少し緩く感じます。
PCかDACのどちらか分かりませんので、一度、Wさんにお願いして試したいです。

話は変わり、Stereo誌ブログを拝見していたところ、ミューズの方舟のコンテストの紹介がありました。
知っている方のエントリーがチラホラと・・・・・田中さん、音質賞おめでとうございます。