FC2ブログ

帰省帰り訪問者

CIMG6324.jpg

本日、夕方に箱根方向に目を向けたら、綺麗な虹が出ていました。
すっきりしない天候なので、虹が出たのでしょう。
それにしても、3Fの屋上は暑い💦

13日から14日にかけて、東京の友人二人と西伊豆の方へ帰省していました。
いつもなら、僕が東京に出向いて1泊で飲み会をしているのですが、今回は出身地での飲み会となりました。
還暦を過ぎている身ですが、楽しい会話での飲食は進んで大酒を飲む結果に・・・・・(汗)

off-f20190123-1-10.jpg

西伊豆の田舎にも、都会風のお店があります。
お店の名前は、『久遠』 都内で飲んでいるような錯覚しながら、飲み始めて3時間があっという間に過ぎていました。
このお店の料理は、絶品でした。
主に、刺身関係が美味しかった。

CIMG6318.jpg

翌日は、TくんのBMで三島に向かい、我が家に立ち寄ることになりました。
オーディオには、殆ど無関心なお二人ですが、こんな世界もあるのですよと説明して、納得して帰っていただきました。
世田谷まで、無事に帰宅することを祈るばかりです。



Myuさんの8/4のオフ会の感想

CIMG6048.jpg

写真は、以前紹Myuさんのシステムの一部です。
セラミック製スピーカーの音は圧巻です。


8/4に我が家を訪れたMyuさんが、ご自身のブログで我が家を紹介しています。
過分な紹介文に感謝♪感謝♪感謝♪です。


https://myuaudio.hatenablog.com/





Myuさん来訪

CIMG6264.jpg

最近、珍しく富士山が、見えましたのでブログネタでパチリと撮りました。

CIMG6257.jpg

昨日は、伊東市の一碧湖の近くからMyuさんが来訪されました。
14時ぴったりに自宅に到着してから、メインを試聴開始。
Myuさんから音の傾向が、似ていると言われる。
ハイエンドの音と傾向が似ているとの評価は、ハイエンド自作スピーカーを目指す者としては、大変な栄誉なお言葉でした。

試聴時間は、17時30分まで続いて、自室にあるスピーカーを交換しながら試聴していました。
特にMyuさんが興味を引かれたのが、下記の写真のスピーカーでした。
感想は、僕と同じで良いのだけど、魅力が少ないような言い方をされていました。

CIMG6273.jpg


駆動系は、Myuさんのシステムと同じアキュフェーズなので、必然的に音の傾向は似ているのかもしれません。
Myuさんは、お部屋込みでの音作りをされている方なので、お話をしていて・・・・短い時間ですが、共感することが多い印象を持ちました。
やはり、オーディオは部屋なしでは、語れない趣味ですね。



MYUさんが午後から訪問

CIMG6252.jpg

今朝のメインの写真です。
MYUさんの所望は、メインの試聴です。(汗)
ちゃんと鳴ってくれれば良いのですが、一抹の不安があります。
以前は、訪問者があると潜在意識で良い音で聴いていただきたいと知らない内に力が入り、良い感じで鳴っていたのをだめする事が多々ありましたので、今日は何もしません。
サブウーファーをシングルにしているだけですので、出張前と違うのはその点だけです。
実は、サブウーファーをシングルにした理由は、出張帰りの耳のリセット状態でも試聴際に違和感を感じたためです。
俗に言う、やり過ぎです。
シングルだと少しタイト気味かと感じていたので、Wにして増強していましたが、量感が増えすぎ?で解像度を落とす傾向になっていた。
なので、現在は、下部のウーファーはドローンコーン状態です。
これが、タイトすぎる低音の改善には、、丁度良い塩加減になっています。

アンプは、アキュフェーズ派のMYUさんですので、駆動系は同じような方向性と思いますが、スピーカーシステムの味付けは、石田流になっていますので、ハイエンダーのMYUさん耳を汚さなければと心配です。

何かしたい気持ちを抑えつつ、午後からの訪問のMYUさんを待つことにします。


CIMG6253.jpg

自宅前の新築家屋の展示会を開催していますが、この猛暑の中の案内は仕事とは言え大変ですね。

アナログに捕まりそう(汗)

CIMG6233.jpg

写真は、往年の名器!ヤマハのGT2000ですが、購入したわけではありません。
高額で無いと持ち主が手放しません。(笑)
実は、近隣のオーディオマニアのDCアンプマニアさんが持参してくれました。
これ以外にも、ご本人の自作プリアンプ【バッテリー駆動】と球管アンプ【300B使用】も持参してくれています。

CIMG6226.jpg

金田式アンプの大御所の製作のプリは、バッテリー駆動と理想的なアンプですね。

CIMG6225.jpg

球管アンプは、中国製?の中古価格で5~6万円程度と仰っていましたが、中々どうして良い感じですよ。
出力7Wとのことですが、MAOP11使用の石田式BHを余裕で鳴らしきります。
実質、1Wも有れば十分かもしれません。

CIMG6229.jpg

DCアンプマニアさんと試聴の開始です。
DCアンプマニア持参のLPレコードで音の確認です。
当初、アンプの出力が7Wと小さいので、能率の良いスピーカーが良いので石田式BH【FE168NS】で聴くが、部屋の特性でミッドハイが耳に付きNGとする。
次に付録スピーカー石田式BH【OM-MF519】で試聴する。
自然でダイナミックレンジが広くなったようなり方は、気持ち良い。
良いだけに、もう少しレベルの上のスピーカーが聴きたくなり、メインを上部のみで試聴する。
音の厚みが、違いますね。
アナログの良さのなめらかさ自然さが良く出ていますが、サブウーファーが無い状態だったので、バランスが悪いので他の
スピーカーの音を聴きたくなります

そこで、自宅のフルレンジの最高峰の石田式BH【MAOP11】で、試聴を開始。
今までの音が何だったのと?改めてアナログの良さを再認識させられる結果になった。【大汗】

音質もさることながら、ノイズの少なさに驚嘆しています。
同じLPレコードを聴いているのにノイズが殆どしない。
なぜ?とDCアンプマニアに尋ねるとカートリッジに秘密があるとの事でした。
ですから、他のカートリッジとの交換不可と言われました。

年単位の長期貸し出しで置いて行かれましたが、借金の有る時払いの催促無し状態なので、これでは、アナログに嵌まってしまう。
BGMは、CDとPC。
音楽を楽しむのは、レコードと本当に趣味はレコード鑑賞になってしまいそうです。

DCアンプマニアさんが帰宅した後に、好きだった昔のレコードを引っ張り出して聴いていますが、この滑らかさはアナログならではです。
これで、レコード盤の状態が良ければ最高ですね。







恒例のオーディオ愛好家達との飲み会

昨日から本日に掛けて近隣のオーディオ愛好家達とオフ会を兼ねた飲み会が、伊豆の国市(旧大仁町)の一二三荘にて開催されました。
総勢13名(内県外から6名の方が参加)の方が参加、昨日の土曜日の昼間の行動は、午後より最近オーディオルームを再構築されたサンテクニカ邸を訪問、30畳以上もある部屋に38cmが盛り沢山設置されいる部屋は、豪快な鳴りっぷりをしていました。
サンテクニカさん、Wさん、千葉のHさん、チョコさん僕の5人で2時間ほど拝聴して、DCアンプさんの会社前に集合してから、乗り合わせて旅館に向かう。
一二三荘に到着して、速攻で温泉に浸かり疲れを取ることにして、熱い湯に長く浸り汗だく状態にして湯上がりに飲んだビールの美味しい事、至福の一時ですね。

CIMG6038.jpg

風呂上がりの懇親会は、オーディオ談義。
テーブルに並ぶ缶ビールが話を盛り上げる効果をしているようです。

CIMG6039.jpg

宴会前の静けさ・・・・・・

CIMG6042.jpg

天然鮎のフルコースでしたが、鮎の刺身は初めての経験でした。
鮎を輪切りにしているので、骨込みで食すのでゴリゴリした感じが好みではなかった。
宴会は、いつものどんちゃん騒ぎ状態・・・・・・宴もたけなわとは言えませんが、定刻になり部屋に移動して続きを開催。
爺パワーに圧倒されっぱなし、僕は、出張疲れで早々にダウンして、チョコさんと爆睡状態でしたが、トイレで午前0時ごろ起きたら、ひそひそとオーディオ談義をしてるでは無いですか??
親父パワーに脱帽です。 因みに僕とチョコさんが一番若年でした。

翌日は、踏切が近くにあるので、始発が通るときの踏切の音で目が覚めるが、また、眠りについたらと思ったら部屋の電話がなり、起こされた。
朝食が出来たのと連絡であった。眠い眠いとぼやきながら宴会場に向かう。

朝食後の予定の確認をして僕は千葉のHさんと行動を共にすることにして、DCアンプマニア邸に向かう。

CIMG6043.jpg

このアナログプレーヤーが欲しいと言うと50万円でどうと言われる。・・・・・・安価では、売る気は無いと言うことですね。
眺めているだけでいいから、欲しいですね。

それから、2件目のMyuさん宅に向かう。
中伊豆から冷川峠経由で一碧湖湖畔の別荘地に向かうが、別荘地内で迷子になり・・・・(大汗)
Myuさんに迎えに来て貰い道案内をお願いしてご自宅に到着。
伊豆の別荘地特有の大きな庭付きのお屋敷に圧倒され、苔むした石を横目に石の階段を息を切らせながら玄関まで到着。
下を見たら、緑の多さに癒やされます。

玄関で綺麗な奥さんの歓待に感激しながら、靴を脱いだ次第です。

CIMG6046.jpg

そして、懲りに凝ったオーディオルームに通され、凝った部屋に驚かされる。
Myuさんの情熱が、そのまま部屋やシステムに投影されている。

CIMG6048.jpg

システムを見ていると涎が止まらない。
音は、綺麗な正統派の音で高品位な綺麗なハイエンドの音を奏でていました。
また、機会がありましたら、是非、訪問したいです。

CIMG6060.jpg

木工のプロの仕事は、素晴らしいの一言です。
この加工技術は、惚れ惚れしますね。

Myuさん昼食まで、ご馳走になりありがとうございました。
奥さんの歓待に感激しっぱなしです。
この場を借りて、奥様によろしくお伝えしてくださったら幸いです。

それから、我が家に向かう。
前回の訪問時に、Hさんがメインを聴いていないので聴きたいとの希望でメインのを試聴をすることに・・・・・
数ヶ月、火を入れていないので心配です。

CIMG6075.jpg

案の定、左のミッドから異音が・・・・・原因は、ユニットの端子とケープルとの接触不良でしたので、対応をして解決しましたが、Hさんにはノイズの入った状態で試聴。(大汗)
その上、左側のウーファーから音が出ていない・・・・・参りました。
音の傾向は、ご理解いただけたと思いますが、リベンジを約束して三島駅でお別れをした次第でした。








千葉県富津市から石田式BHBSを聴きに来た

CIMG6017.jpg

昨日と本日は、仕事であったためIさんの訪問の約束が保護になる可能性が出ましたので、急遽ですが、昨日の夕方からの訪問となりました。
Iさんは奥様の用事で都内に滞在していましたので、移動時間は富津からに比べたら短い時間で済んだはずです。
待ち合わせは、いつもの駿豆線の伊豆仁田駅にしました。
この駅は、ローカルなのでお互いを発見しやすいので初対面の時には有効的な場所です。
三島駅から14分程度ですの意外と近い、この駅から自宅まで車で7分程度到着します。

CIMG5815.jpg
写真は使いまわしです。(汗)

Iさんとの馴れ初めは、このブログのコメントを管理のみで6ページ?ほどの熱意のある長文を頂きました。
主な内容は、MAOP11の石田式BHBSの専用箱の図面の所望でした。
前の記事でも書いたのですが、図面は走り書きで済ませたので正式な図面が無いですが、探し出してブログに掲載していました。
数回のメールのやり取りの後、百見は一聴にしかずなので、訪問の運びとなりました。

早々に、視聴の開始ですが、MAOP11単体での試聴を開始、当初は僕の十八番のドンパチ系でBHBS特有の弾む低音をかくにんしてもらいました。
その後は、Iさん持参の女性ボーカル、男性ボーカルなどを連続で試聴。
続いて、FE168NSを同様に試聴、感想は僕と同じような感想であった。
その後、ギターの弦の話になり、MAOP11単体では高域が少し弱いとの見解であったが、ツイーターをプラスすると、その辺は改善される。
今後のご自身の箱の製作の方向性は、石田式BHBSで決まったようなので完成するまでにアドバスが出来れば幸いです。

話は変わって、Iさんはコイズミ無線で小澤さんのシステムを拝聴していました。
30人ほどの人が、訪れていたので大盛況だったようです。
掟破りなBHBSですが、色々な方向性で音作りが出来るので、奥は深いと思います。
色々なBHBSの箱の誕生を夢見ています。

Iさんお疲れさまでした。

只今、テレビを見ていると鉄腕ダッシュで家の近所が放送されている!
亀の巣窟のになっている池の特集です。
言われてみればずいぶん前から亀が、たくさんいた記憶があります。

千葉からのお客様 【仮名H様】

CIMG5815.jpg

本日は、千葉から我が家へお客様が来訪しました。
駿豆線の伊豆仁田駅へ10:17に到着の電車を数分前から待っていました。
本来なら、新幹線の降り口の三島駅の北口へ迎えに行けば良いのですが、お顔をちらっと一度だけ見ただけで人物の特定が難しいので、人の少ないローカル駅での待ち合わせにしました。
定刻通りにHさんがホームから現れました。
僕は、俄には分からずHさんが、僕を認めてくれて無事の再会を果たした次第です。

Hさんは、新横浜で開催された集まれ塩ビ管さんのオフ会に来ていた方で、帰りがけにお声を掛けていただきメールにて連絡を取っていただけなので、殆ど、初対面の状況でした。
なんでも、僕のブログの愛読者さんとおっしゃっていました。
オフ会の時のFE168NSの鳴り方が、お気に入りだったことから今回の訪問になりましたが、部屋の違いで音が変わるので若干心配でした。
オフ会会場は、自室に比べて広大なキャパと吸音体【人体】やその他の吸音材が多いのでハイ落ちの傾向の音になってしまいます。
ですから、音質的には上のMAOP11を選ばす、中高域のレベルの高いFEを選んでいました。
結果は、自室よりハイ落ちが功を奏したのか?パワーを入れたためか?良い感じで鳴ってくれていました。

Hさんの試聴の開始です。
CIMG5820.jpg

Hさん持参のPCでネットオーディオ(ハイレゾ)での試聴開始ですが、ネット環境が悪いのか?・・・・一様は光なのですが(汗)
音が演奏中に途切れてしまう。
まあ、途切れても音の傾向は分かります。
やはり、オフ会会場より高域が出ているとの感想でした。
我が家は、減衰する中高域を反射材で拡散させて補っていますので、通常のお部屋より残響時間も長いし癖も少ない。
MAOP11を良い感じで鳴らす環境になっています。
やはり、HさんもMAOP11に軍配を上げる結果になりました。
FEは、日本家屋特有なデッドの部屋の方が合いそうです。
しかし、ドンパチ系はFE168NSに軍配が上がるような感じでしたので、僕と同じ見解になっている。
時間がたつのが早く、昼食も忘れて試聴していましたが、一度、昼食に行くことにしました。

昼食後、15時過ぎまで試聴。

CIMG5828.jpg

Hさんの希望で9.2chに火を入れることになりましたが、ソフトにそれなりの音源が入っていないため側面からの音が確認できない。
そこで、再調整を実施して全ての音の確認を実施すると・・・・・1本フロントのR2の断線が発覚(汗)
それから、音楽ビデオを再生。
時間のたつのも早く、三島駅まで送ってお別れをしました。
今度は、Hさん宅の38cm2発の試聴を約束してたので、いずれ機会を作り訪問したいと考えています。

さて、骨折り損になっていなければ良いのですが・・・・・
無事の帰宅をお祈りするばかりです。

オフ会・説明文 『石田式BHBS【BHBR】FE168NSバージョン』

オフ会の資料を見ていたら、誤字脱字が沢山発見(大汗)
いつもの言い訳ですが、良く見直しをしていなかった。

見直しをして訂正をしましたが、何か危なそうです。(汗)

集まれ塩ビ管さんのサイトから動画をお借りしてきました。






題名:石田式BHBS【BHBR】FE168NSバージョン

168bhbs

BHBSによる音の狙い
中域の密度の向上
低域のレンジの伸び
付帯音の軽減
サイズ以上の低域の再生能力【量感、レンジ、締まり】

諸元
サイズ:H910mm×W256mm×430mm【スピーカーターミナル含まず】
音道長:約170cm
ホーン広がり率:1.5以上ランダム
板材の質:バッフル30mm厚タモ集成材 その他ラジアルタパイン
方式:石田式BHBS【ダクト面積・上下可変式】
再生周波数:30Hz~  【雰囲気でツイーターを加える】

BH原価2

石田式BHBSの推移
①小型BHからBHBS化【低音過多状態のBHの改善】
低い帯域は伸びず、80Hz付近を中心に量感を伸ばしており、一般的に聴き易い。

代表作:リバーシ・Stereo誌主催の第2回(方舟開催)自作スピーカーコンテストで
グランプリ受賞。

②中型BHからのBHBS化【低音過多の中型BH(音道長1.7m)の低域の伸びの改善】
低い帯域の量感と伸びを目指して製作、30Hzから通常音圧で再生するが、100Hz付近に
大きなディップが発生。
対策としてサブーウーファーの使用にして、ネットワークで100Hzでカット。
100Hzから上の帯域を、別のフルレンジに任せて2wayとして良い所取りで音をまとめた。

代表作:木彫Ⅲ・Stereo誌主催の第3回(方舟開催)自作スピーカーコンテストで
グランプリ受賞。

③ ①②の小型から中型BHの音道の広がり率、長さ、面積を実験的に変更しては、
ダクトで調整して音をまとめて、ある一定の法則を理解する。
最低域の伸びと量感を目標としていたために100Hz以上の帯域が薄くなる傾向になった。
ダクトの面積の拡大で対応は出来ていた。

④中型BHからBHBS化【低音過多の中型BH(音道1.7m)俗に言われる帯域に特化】
50Hzから上の帯域の量感の向上に努め、65Hz付近にアクセントを付けている。

いい加減なF特結果 【サインスイープ】

suipu.jpg

低域は部屋が変わると変化しますので、部屋に合わせた調整が必要です。
自室での感想ですが、低域の量感が若干多いように感じますが聴いていて、非常に楽しい。

自作スピーカー製作の方針
F特を平らにすることを否定しませんが、F特を気にしないで自分が聴いていて気持ち良く
気分がウキウキするような楽しい音作りを、目指して行きたいと考えてます。


168bhbss


オフ会の部屋の広さは正確には分かりませんが、天井高は4m?広さは50畳以上(方舟より広い感じがする)で、思いっきり気持ち良く鳴らていただきました。
FEを鳴らすには広い部屋が必要ですね。

感謝!!感謝!!感謝♪~♪~

「集まれ塩ビ管スピーカー関東オフ会2019開催のお知らせ」

日時:2019年4月29日(月・祝) 10:00頃開始(9:30開場)16:00頃終了予定。

・会場:横浜ラポール 3階ラポール座(視聴覚室)

〒222-0035 神奈川県横浜市港北区鳥山町1752
 
Tel 045-475-2001 Fax 045-475-2053

map01.gif

map02.gif

駐車場案内
89.jpg
     
http://bit.ly/1QIZJgf
 
・交通:

http://bit.ly/1cSZ9vB

・会費:無料

・参加者

10時位~

1 たてちゅうさんhttps://enbisp.at.webry.info/
2 ケイさんhttp://otodashi.blog86.fc2.com/
3 grapeさん【Stereo誌SPコンテスト今年のテクニカルマスター賞】http://grapeaudio.blog.fc2.com/
4 muukuさん


昼食休憩
13時~

5 Junkさん
6 ケンさんhttps://milestone.at.webry.info/
7 アールefuさん【広島のStereo誌SPコンテスト常連】http://rfseisaku.blog91.fc2.com/
8 マイルスTKさんhttp://milestk.blog.fc2.com/


14時30分頃~
休憩

9 aimさん
10 Dさん【Stereo誌SPコンテスト常連】
11 カノン5Dさん【ヒノキ製のスピーカー】https://blog.goo.ne.jp/4g1g4g0

発表されるスピーカーの内容は不明ですが、F社新商品のFE168NSなどの色々な自作スピーカーが持ち寄られると思います。