FURUTEC邸にお邪魔

CIMG3477.jpg

FURUTEC邸に10時頃、無事に到着をしました。
30分ほどして、Sさんが到着、そして伊豆組の到着となり、FURUTECさんを含め10名で部屋になだれ込みましたが、広大なキャパでは、もう10名入っても余裕がありそうでした。

CIMG3450.jpg

165吋のスクリーンは正に映画館の迫力です。
映像、音で圧倒されます。

CIMG3470.jpg

『ワイワイガヤガヤ』平均年齢60?才の方々が少年のようにはしゃいでいます。

CIMG3482.jpg

途中で、持参したMAOP11を無謀にも鳴らす。
いい感じで鳴っていますが、ギャラリーの反応が怖い・・・・
自室との違いは、低音の再生で違いが出ていました。
やはり、広大なキャパは低音を包み込むようで、自室の狭いキャパと違い量感こそ若干落ちていましたが、逆にすっきりした解像度が出ていました。
B&Wのマトリックス801も、低域が同様な傾向に感じられた。
このスピーカーの自然なつながりや優しい中域は、さすがにメーカー製ですね。

そこで、自室用にダクトの面積も狭くしたままだったので、面積を広げたら自室ではブーミー気味だった低音が、丁度良い感じで鳴りだした。

この辺で、周りの方の少し評価が上がったような気が?
やはり、広い部屋は癖を隠します。
広いと定在波も低い帯域での発生になるようで、悪さをしない。
むしろ良い方向に向いているようにも感じられました。

CIMG3486.jpg

部屋の大きいことは素晴らしいことだらけですが、知らず知らずに音圧が90dBほど上がっていた。
この時は、HURUTECさんが、音量を下げて試しに音圧を測った結果でしたので、下げる前は100dB以上で聴いていたことになります。(大汗)

そして、その場でQ3で録画?録音をしましたが、相変わらず重低音の録音感度が悪いようで量感が、聴感の半分も出ていない。(汗)
HURUTEC邸でのMAOP11の音です。




CIMG3489.jpg

そして、村田さん、渡辺さんの測定・・・・・結果は極秘ですが、村田さんは測定をする前に部屋の傾向を言い当てていました。
何百というお部屋の測定をしている経験に畏怖の念が絶えません。
OZさんも同様な感想を述べていましたので、OZさんの耳の良さにも畏怖の念が堪えません。
リスニングルームの構築も現在建築中を含め、4件ほど掛け持ちをしていると言っていました。
長野で建築中のお部屋も素晴らしいお部屋で、完成が近いとか。

滞在時間10時~16時30分・・・・・時間の経つのが早い。
そして、夜の部へ

CIMG3500.jpg

平均年齢60?才の少年たちは、瞳を輝かせながらオーディオ談議に入るのでした。
その後、滝の音を子守歌に眠りにつくのでした。

再びFURUTEC【TE27】さん邸に襲撃・・・・大勢で(汗)

6.jpg

本日は、TE27さん宅へ訪問をします。
個人的には、OZさんと1回訪問していますので2回目になります。
今回は、伊豆のメンバー8名+サーロジックの村田さんの9名での襲撃となりました。
地図の経路がいつもと少し違っています。
いつもなら、東駿河湾道路、新東名高速道路、御殿場ICの順で山梨に向かいますが、今回は沼津市(2名の方と合流)経由、東名高速道路経由で山梨に向かいます。

視聴あり、測定ありで長時間お邪魔する予定で、夜は近くの塩山荘にて宴会の予定です。
宴会好きな伊豆組の次の宴会予定は、5月にも土肥で宴会がありますが、僕はマーフィーの法則か?肝心な時に仕事が入り断念しています。(涙)
広大なキャパでの音の違いの確認のために、MAOP11を持参して音の確認も考えています。
余談ですが、近くMAOP10が発売されるようですね。

今日は視聴、測定、オーディオ談議、もう一つの内緒のお楽しみを楽しみにして山梨までドライブです。
明日は、相模湖畔でコンサートの鑑賞と楽しみがあります。
6月には神鍋高原までドライブ・・・・・・・

でこぼこオーディオ試聴会のご案内

個人的には、3回目の参加になる予定でいますが、突然!!仕事が入ると断念です。
場所は、兵庫県豊岡市の神鍋高原で、片道500km以上のドライブになりますが、それはそれで楽しいドライブです。
ことしも、6月2日に開催されます。
興味ある方は、下記のご案内を参照してください。


1.jpg
2.jpg

BUIさんの襲撃

CIMG3256.jpg

本日は、午後からBUIさんが我が家を襲撃しました。
BUIさんと言えば昔は怪鳥のモア使いの方でしたが、最近は大型フルレンジ派からマルチ派に転身をしています。
新ユニットのMAOP11を導入してから、初めての訪問者です。

CIMG3254.jpg

試聴を暫くすると、本日の目的の催促を貰う。
試聴を取り止め、3Fの屋上に場所を移す。
新システムの箱のバッフルの穴空けが真の目的でした。
早速、寸法を図り加工の準備をする。
穴は全部で4種類8個、75mm、140mm、180mmまでは自在切りで対応ですが、ボール盤では無くて普通の電動ドリルで加工をする。
流石に235mmは、自在切りでは厳しいのでジグソーで対応、加工時間より掃除の方が時間が掛かりました。(笑)

CIMG3251.jpg


235mmの穴は、SW-G50用かと思います。
10リットルで20Hzの再生が可能とか・・・
スペック
仕様
口径(構成)
250mm(NCVコーン型)
瞬間最大入力
300W
定格入力
150W
再生周波数帯域
20Hz~4,000Hz
出力音圧レベル
90dB/W/m
インピーダンス

磁束密度
17,000ガウス(1.7テスラ)
外形寸法
Ø288mm×177mm(ダイレクターあり)
Ø267mm×157mm(ダイレクターなし)
質量
12.5kg(ダイレクターあり)
12.0kg(ダイレクターなし)
使用スピーカーボックス容量
10リットル以上(空気容量)
スピーカー背面容積
2.7リットル
化け物ですね。

180mmは、FE208ESR用だそうです。
ミッドで使用するそうで、実に贅沢な使用方法です。

広島行き断念

CIMG2147.jpg
環境の違う部屋での聴き比べも楽しみでしたが・・・・(涙)


東京駅地下街の居酒屋でのお話で、岩田さんにオメガの会に訪問したいと伝えていました。
今回の箱を岩田さん宅に送り、新幹線で広島までなら体は楽ですが、その時の話で箱が届かなかったら困りますよねと笑い話をしていました。
いつもなら2~3日後には返却されるのでが、今回は昨日まで届いていません。
いつもは、コンテストが済んでしまえば不要なものですが、オフ会があると話は変わります。
時間的に送る手段は無理ですので諦めます。
土曜日までに来たとしても、車で三島から広島に向かうことになります。
結果、広島行きを断念することにしました。
オメガの会の何名の方は面識があるので、楽しみにしていただけに残念な気持ちで一杯です。
暖かくなったら、嫁さんを連れて観光がてら訪問するのも嫁さんのご機嫌を取りながら自分のしたいことをするのも一石二鳥で良いですね。

久々の自作スピーカー派のささやかな飲み会

CIMG2221.jpg

Stereo誌の自作スピーカーコンテストの内容は、Stereo誌2月で紹介をされますので、特にこのブログでは紹介を控えます。

今日の楽しみの本命は、皆様との飲み会です。
東京駅の地下の居酒屋で、21時過ぎまでオーディオ談議に花を咲かせる。
そして、宿泊組と帰宅組に分かれ、新幹線で三島駅に辿り着いたのが22時40分、長女が既に迎えに来ていました。
自宅到着が22時50分、早速仕入れたCDの視聴を10cmで行うと・・・・びっくりです。

CIMG2222.jpg

半日、6cmを聴き続けていたので耳が6cm向きに変わっていたようです。
ローコストのCHR-70の音が、素晴らしい。
高級大型スピーカーを聴いているような錯覚すらする。
Alpairは、ハイエンドスピーカーのような分厚く透明感がある鳴り方をしている。
脳内が、6cmを基準に洗脳をされているような・・・・明日もこの状態が続くと良いのですが・・・・

船橋のKさん宅・・・2度目の訪問

IMG_4093.jpg

船橋のKさんは、超が付くぐらいのオーディオ愛好家です。
写真の左右後方に鎮座しているのは、レイオーディオでおなじみのモニター用のスピーカですが、箱は某社のキットで製作をしています。
そのお値段だけでもハイエンドですが、箱をご自身で組んだので、市販の物より大分安く出来たと仰っていました。
といっても、それなりのお値段です。
肝心の音もいいですね。
僕好みの締まった量感ある低音は病みつきになりそうです。
過去にはJBLの4350も所有していたそうですので、筋金入りのオーディオ愛好家です。
僕の周りにも、サンテクニカさんやDCアンプマニアさん、wさん、チョコさんと38cmマニアの方がいます。
広い部屋があれば、是非、部屋に置きたいスピーカーの一つです。

そんなKさんですが、最近、光栄なことに石田式BHBSを何セットも製作され、H45㎝級から90cmまで揃っていました。
工作技術力が高くて、そのスキルで仕上げも素晴らしい。
石田式BHBSはユニットの特性により、箱やダクトのサイズが異なります。
Kさんは、石田式BHBSのコツをつかみ、ダクトを沢山用意して音の違いを確認しています。
この作業は、一種の麻薬のようで、やりだすと面白くて止められなくなりますね。(汗)

今回の訪問の目的は、新作の写真を頂いていたのですが、出張続きで返信のタイミングを逃していましたので、機会があったので直接、音の確認をしたくて立ち寄りました。
8。5cmとは思えないほどのスケールで鳴っています。
低域の調整は、大型スピーカーに通ずるゆったりと量感豊かに鳴っていました。
石田式BHBSは、ダクトの交換で色々な音色が可能ですので、次回の訪問時には今以上に進化をしていると思います。

オーディオ談議も、共通することが多くて非常に楽しいひと時を過ごしました。
TADの魅力を再認識した一日でした。

千葉からОWKさんの襲撃

CIMG0746.jpg

午前中、板材の購入でホームセンターにいたところ、千葉のОWKさんから電話が入り、夕方に襲撃をしたいと申し出がありました。
箱の組立を部屋で行っていたのでリスニングするには条件が悪かったですが、新作と15cmを試聴していただきました。

CIMG0748.jpg

工作途中の新作。

CIMG0750.jpg

圧着中。

お客様が来る前の調整

CIMG0625.jpg

掟破りのソースダイレクトを無視して、トーンコントロールを使用しました。
部屋の特性と同じで、ディツプを持ち上げることはNGです。
低音も電気的に持ち上げるのもNGとまで言えませんが・・・・
共鳴の恩恵で出すぎの低音を下げるのは良いと考えています。
このツマミの位置でメインの25cmと同程度の量感です。
有るものを、減らすのは簡単ですね。

遠征の成果

三島・神鍋
使いまわしの写真です。(汗)

10日の土曜日は無理を言って、持ち授業時間を午前中にしてもらい、午後から兵庫県豊岡市の神鍋高原に向かいました。
距離530km弱、東名高速の事故をすり抜けるように、新東名高速経由でのドライブとなりました。
トイレ、弁当を早食いして、殆ど休息時間を取らない状態での6時間の運転時間は、流石に長い。
行き良い良い、帰りは恐い状況でした。(笑)

今回の遠征の真の目的は、部屋の違いによる低音の再生能力の確認でした。
民宿陽喜さんの宴会場は、とても広く40畳ぐらいはあるだろうか?
開放的で屋外で聴いているような部屋の印象です。
過去に持ち込んだ石田式大型BHBS【FE88ESR】の低音が、掻き消されてしまい自室とは別物になっていました。
自室は、気密性が良い【オーディオ的には苦労する】ので、低音が効率良く再生されるので、この現象はショックであり、にわかに信じられない状況でした。

リベンジでFostexの13cm2wayを持ち込みましたが、前回ほど悪くありませんでしたが、やはり、低音の量感は不足する結果になっていました。
3度目の挑戦で石田式BHBSの15cmを持ち込む。
やはり、自室より低音の量感は減るが、出すぎだったので丁度良い塩梅で聴こえて来た。
もしかしたら、低音を追求するあまり、このような広大な部屋向きの箱を知らず知らずに作っていたようです。
今更ですが、部屋の重要性、部屋の合った音作りが必要です。
無響室でフラットな箱も良いでしょうが、各部屋に特化した箱、低音の再生能力が必要と強く感じています。
最も、自室から出さなければ他のお部屋に合わせる必要もありませんが、オフ会、コンテストの時はそれなりの調整が必要ですね。(汗)

強大な低音再が可能な石田氏BHBS、何事も有るものを減らすことは可能で、無いものは無いので減らすことは出来ない。
シングルバスレフ向きのユニットを、石田式BHBSで使用する際の箱の模索が必要と感じています。
また、自室での使用口径を10cm級に落とすのも良いかもしれませんね。

個人的な経験からの感想ですが、フルレンジユニットのバス、ミッドバス、ミッドの一部は箱の工夫で増強できますが、そこから上はメーカーで作った音がそのまま出ます。
ですから、ユニット選びが必須で、良い悪いは別にして音のすべての傾向を支配してしまいます。
多少は、吸音材の使用やショートホーンを設けることで変化はするものの音の傾向は変わりません。

往復12時間、距離1,060km弱、強行軍での遠征でしたが、その労力に見合う成果は出ました。
また、チャンスがあればドライブがてら訪問したいと考えています。