ブログ・ハイエンド自作スピーカー【小口径ユニットの料理も挑戦中】

音の違いは、一にユニット、二に箱、この両輪は切っても切れない関係。ユニットはお金を出せば手に入ります。箱はお金を出しても買うことは可能ですが、ロマンは買えない。SP箱の製作の魅力に憑りつかれた管理人の試行錯誤のオーディオライフを紹介しています。

オーバーダンピングより経済的なノーマルユニット  

CIMG1755.jpg

写真はFE108solとAlpair7ですが、音は好み次第というところでしょうか?
違いはFE108solの方が、中高域のエネルギーが大きく低音再生はAlpair7の方が少し伸びている程度の違いです。
大きく違うことは、箱の容積です。
これは、板代や部屋の専有面積に関係してきます。

CIMG1760.jpg

CIMG1761.jpg

写真上の箱はFE108sol用で、音道の幅が195mmあります。
高さを600mmとしたために、音道幅が大きくなっていますが、写真下Alpair7は160mmと35mm幅が小さくなっています。

CIMG1754.jpg

決定的なのは、ダクトの径の違いです。
FE108solのダクトは市販品のダクトで約100mm、Alpair7は、当初75mmとしていましたが、低域過多のバランスになっていました。
そこで、異形接手を使用して60mmにサイズダウンを試みるが、それでも低音過多の症状は治らず、50mmまでサイズをダウンして良いバランスになりました。
石田式BHBSとしては、ユニットの口径に対して明らかにダクトが小さいです。
要するに、箱のサイズが大きいことがダクトのサイズダウン化にした原因でした。
推測ですが、Alpair7の箱の音道の幅は140mm程度で十分のような気がしますが、作ってみなければ分かりません。
Alpair7の箱の箱は、1発勝負・・・経験からくるユニット能力の推測で作りましたが、大いに裏切られています。
箱の容積を小さくしてダクト径を大きくするか、極端にダクト径を無駄に小さくするかは、音が良い方に軍配が上がりますが、音が変わらなければ容積が小さい方が良いと考えています。
今考えているのは、fostexのFX120を使用したBHBSを作ろうかと思いを膨らませています。

Alpair7v3  

CIMG1721.jpg


ダクトを交換して音がグレードアップした石田式BHBS【Alpair7v3】ですが、当初は全く眼中にないユニットでした。
マークオーディオのユニットは、8cm、14cm、15cmと10cmを飛び越えて使用していましたので、10cmは仕入れなくても音の予想はついていたので食わず嫌い状態でした。
そんな折に、群馬のK氏からAlpair7v3は音が良いからと勧められて、試しに製作をしたのが切っ掛けでした。
低音の再生能力は、今までのユニットで大凡の検討はついていましたが、良い意味で裏切られる結果になった。
先の記事でも述べているのですが、ダクトのサイズ、箱大きさの見立て違いをしており、一発勝負で作り上げて・・・・(汗)
出過ぎの低音の処理をしなければと考えていた矢先に、6cmに気持ちが向いてしまい最近まで音の改善は棚上げ状態でした。

Alpair7v3は、中高音の素性が良くて巧く低音を持ち上げれば満足の行く音質になります。
特にヴィイオリンの音色が素晴らしく長時間聴いても飽きることがないのでメインよりお気に入りになっています。

マークオーディオのまわし者でございませんが、スペックを明記します。
今更、珍しくまりませんね。

インピーダンス 6Ω
出力音圧レベル 85.8dB
再生周波数帯域 70.9Hz~32,000Hz
定格入力 20W
最低共振周波数Fo 70.9Hz
Vas 4.58Ltr
Qms 3.07
Qes 0.65
Qts 0.54
Mms 3.95g
バッフル開口径 103mm
重量 750g

下は40Hzから通常音圧で出ているような・・・・・?

試しに、パイプオルガンの音階を録画しました。



音圧を上げると、このサイズでは珍しく風切りが耳に付きます。

満足の結果に・・・・  

CIMG1712.jpg

ダクトを交換した結果、大化けしています。【個人的な感想なのであてにはなりませんが・・・】
Alpair7は、バスレフでもバランスが取れるように設計されているユニットです。
それを、石田式BHBSで低域を持ち上げていましたが、持ち上げ過ぎの感がありました。
ダクトの交換をすれば解決をするのですが、ダクトの交換が出来ない状態・・・・・・(汗)
ダクト内に口径の小さなダクトを入れて音の確認をしていたので、音の推測はついていました。
しかし、その方法だと見てくれが悪い!
そこで、リアに穴を開けて蓋をする方法を取りました。

CIMG1717.jpg

ボルトを緩めれば簡単にダクトの交換が可能で、吸音材の量も調整が出来ます。
内部の塗装も可能となっています。

CIMG1710.jpg

用意したダクトは2種類、異形継手を利用した疑似ホーン+ダクトの組み合わせです。
疑似ホーンは、低域の癖の緩和に役立ってくれます。
疑似ホーン+ダクトのサイズは、75φから65φと75φから50φとなっています。
実際、使用しているのは50φの方です。
異形継手の75φ側の被りが40mmもありましたので、20mmカットして75φの長さを50mmとして50φを120mmとしています。
テーパーの部分を入れると190mm近くになります。
締まり良く解像度の良い低域に仕上がりました。

CIMG1713.jpg

出口は75φで、奥に50φの穴が見えています。
ダクトの径をここまで小さくしたのは中高域の漏れ(フィルターの代わり)も緩和しています。
今回の製作で感じていることは、箱は大分小さくてもダクト径を大きくすることで良質な低音の再生が可能かと思います。
最初から低音の再生能力のあるユニットは、ある意味で経済的ですが、ジャストフォーカスのサイズを見つけるのに板の散財が出るかと思います。
これで、群馬のKさんのところに送り出せる日も近くなりました。

★カタログ数値より耐入力が少ないようです。
調子に乗って音圧を上げるとパタパタと異音が聴こえてきます。

研磨、塗装は乾燥を待つのみ  

CIMG1685.jpg

CIMG1691.jpg

CIMG1696.jpg

Alpair7再開  

CIMG1683.jpg

コンテスト用の箱の製作と出張続きで棚上げになっていた石田式BHBS【Alpair7】の音質調整の再開をしました。
それと最終仕上げもしていませんでしたので、その辺も進めていきたいと思います。
BHBSの音質調整の肝は、ダクトのサイズと長さになりますが、今まではダクトのみの交換ではなくてダクト+ダクトを止めている板でした。
コンテスト用と同じ方式で、リアに蓋をする方法にしました。

CIMG1672.jpg

蓋の部分の面取りを実際に本体に取り付けてから、丸鋸を使用して面を取ることにした。

CIMG1673.jpg

蓋の面取り完了。

CIMG1677.jpg

鬼目ナットを取り付ける作業を開始。

CIMG1679.jpg

試しにボルトで蓋を固定してみた。

CIMG1675.jpg

肝心のダクト交換用の穴をあけていませんでした。
何とか、粗削りですが格好は付きましたので、明日に研磨と塗装をしたいと思います。
音質調整は、塗装が完了してからのんびりと行います。

▲Page top