ブログ・ハイエンド自作スピーカー【小口径ユニットの料理も挑戦中】

音の違いは、一にユニット、二に箱、この両輪は切っても切れない関係。ユニットはお金を出せば手に入ります。箱はお金を出しても買うことは可能ですが、ロマンは買えない。SP箱の製作の魅力に憑りつかれた管理人の試行錯誤のオーディオライフを紹介しています。

大した効果は望めませんが・・・・・  

応募作のインシュレーター部分が硬いままなのでクッション材を入れることにしました。
音質への効果は殆ど望めませんが、気休めになります。

CIMG1665.jpg

皮抜き用のポンチを使用して適当な大きさに変えました。

CIMG1666.jpg

切り抜かれた市販のクッション材

CIMG1668.jpg

狙い通りに点ポイントになりました。
肝心の音への変化は皆無です。

PC(DAC30) VS SA60(CD-R)  

ここ数日、出張もなく自宅で音楽鑑賞?をしている時間が長くなっています。
不思議とOMP600をメインで聴いています。
音楽鑑賞といっても、まじめに聴いているわけではなくて何かしながら聴いているのですが、BGMで何時間も来ていても違和感がなく聴けるのは珍しい。
音源は、PC(USB)⇒E-530(DAC)⇒石田式BHBS(OMP600)で聴いています。
なぜ?PCにしているかと申しますと、一度リストアップすれば長い時間の音楽鑑賞が可能というだけなのですが、便利でBGMの時はこの組み合わせで使用しています。
しかし、流石に音がマンネリ化してきたような気がしたので、CDプレーヤーでCD-R(DSD)で聴いてみたところ、????
音の解像度、高域の滑らかさ、中域の密度、低音の解像度、透明感と一聴で、違いが分かった。
本来、CD-Rの音はきつめに感じていたのですが、PCの音に慣れてしまっていたので違いが顕著に分かったのだと思います。
そして、通常のCDで音を確認、よりいいですね。
PCは、特に音を良くする工夫はしていないし、お金も掛けていませんので、比べる方がおかしいですが、ここまで違っていたとは
出張続きで、耳が良くなったのかな?と勘違いをしています。
PCの音のレベルアップは、wさんにご教授願えばプロ級に迫れるかもしれませんが、それなりの投資を覚悟しなければなりませんね。(汗)
CDプレーヤーのDACを性能の良いもにグレードアップするのも手ですが、耳が違いを感知するか不安も残ります。
PCのグレードアップよりCDプレーヤーの音質改善か迷うところですが、個人的なある理由で、まじめに音楽鑑賞するシステムは後者になるかと思います。
音ならアナログがベストなのですが手入れが面倒くさい・・・・面倒くさいことは嫌いな性質で、音質の差と取り扱いの差を天秤にかけると・・・・
CDに気持ちが向いています。
アンプは気に入っていますので、壊れるまで使うつもりでいますが、CDプレーヤーのグレードアップを考える時期に来ているのかなと出費の心配をしています。

★ブログは、僕の個人記録、日記として位置付けています。
個人の考え、感想など書いていますが、個人的な見解なので素人のたわごと程度とご理解してください。
  

耳が6cm病  

CIMG1560.jpg

皆様、ご存知のFostex製のマグネシウムウーファーとツイーターの贅沢な2wayです。
小型なので色々な環境の違うお部屋で鳴らした実績があります。
ネットワークは教科書通りの作り、箱は少し容積を変えていますが、殆ど市販品と同様な音の傾向がしていますので、リファレンススピーカーとしています。
箱は、底板に穴をあけていましたが、そこは修復して容積が少し、メーカーの指定箱に近くなったようですが、久々に音を聴いて???・・・・・エッ!こんなに太い音だったかな?
そこで、メインにも火を入れるが、やはり、同じ傾向の図太い音に聴こえる。

CIMG1561.jpg

そこで、FE108solを久々に聴いてみたら、少し中高域が主張するが図太い音に聴こえる。
脳内に低音補正回路でも出来たのか?

メインを暫く聴いてから、6cmの音質調整を再開します。
久々に聴く10㎝級のFEは、いいですね。

彼岸の中日で帰省  

CIMG1532.jpg

たまには家のことをしないとまずいので、東京行きは諦めて西伊豆へ墓参りに行きます。
ついでに、いらなくなった箱を西伊豆の家に運び込むことにしましたが、プリウスは意外と荷物が載らない?
荷物が多すぎるのも原因ですが・・・・
2往復しないとまずいような気もしています。(汗)
ヤフオクに出したいのですが、出張続きでやっている時間がない・・・

CIMG1533.jpg

伊豆の道は曲がりくねっていますので、荷崩れをしないように縛っていますが、少し心配です。
安全運転で行ってまいります。

Pioneer OMP-600の素性の把握?  



83solの箱改造から始まり、昨日製作のの小型BHBSで試行錯誤して何となくOMP-600の素性が分って来ました。
そこで、本日は、小型BHBSのダクトの径を試しに40φから50φに変更して音の確認を試みました。
量感は増えますが、根本的の低音の質がダメです。
箱をもう少し大きくして低域に余裕を持たせないと無理があります。
いつも言っていることですが、無いものは無い!有るものを調整するのは容易い。

CIMG1152.jpg

ダクトの交換で音の確認を行っています。
これだけ見ているとシングルバスレフに見えますが、内部は小さながらも石田式BHBSとなっっています。
BHに比べると折り返しの回数は少ないですが、補強以外仕切りのないシングルバスレフに比べると、初心者の方には少し複雑かもしれませんね。
今回の実験で再確認したことは、空気室+音道の仕切りが内部にあると無いとでは低音の再生能力に差が出るようです。
小さくなユニットで最初から低音の再生は無理と考えてしまうと、そこですべてが終わってしまいます。
低音を切り捨てる事が出来れば工作そのものを非常に楽になりますが、ロマンが無い!自作スピーカー愛好家としてはレンジの拡大に挑戦したい。

▲Page top