FC2ブログ

掟破りの所業 【自己責任】

先週は、土曜日までしっかりと仕事していたせいか?疲れて日曜日に計画をしていた新作の製作が、寝坊したために断念していました。

そして、昨日から群馬県の桐生市に滞在をしています。
明日には、帰宅が出来ますので気晴らしに丁度良いですね。

掟破りの件は、過去にも書いたような書いていないような気がしていますが、ふと思いついたので書きます。
まず、掟とは何か?と考えてみたら、自作スピーカーのバイブル的な本の著者の長岡先生の言葉や、他の著名な評論家の言葉などを掟として自分なりに捉えていたようです。
ですから、長岡先生がご存命の頃はぶれることなく長岡式BHに嵌っていました。
途中から、多少の改造はしていましたが、本筋は長岡式BHでした。
部屋も木造、壁はプラスターボードにクロス、床はコンパネ12mm+15mmのフローリング、天井もプラスターボードにクロスと言うお粗末な環境でSNが非常に悪く、外部に音がダーダー漏れの状態でした。
お陰様で、スワンが絶好調な鳴り方をしていましたが、他のDシリーズは若干低音不足だったように記憶しています。

いつもの調子で、本題の掟破りの話から外れていますね。
掟破りをするきっかけは、長岡先生のご逝去になります。
ご存命中は、先生の本を見ていれば良かったのですが、ご逝去されたときには指針を失ったような状態になり落胆したことを覚えています。

しかし、作ることが大好きな性分で、知らず知らずのうちに自己流で箱を作るようになっていました。
この辺から、徐々に掟を破り始めて行ったみたいです。
特にBHは、空気室を大きくしたりしてスピードが本当に落ちるのかとか実験していました。
他にも先生の方式を覆す所業を沢山していたように思います。
極めつけは、BHの開口部を塞いでバスレフ化にしたことです。
実際、長岡式BHの開口部にダクトを設けると低域の量感が少なくなりバランスを崩すので、先生の仰っていたことは正しかったと思います。

しかし、長岡BHから外れたいい加減なBHには、有効でした。
過剰な低域を、ダクトが締めてくれて良質な芯のある低音に変換してくれました。
何度も書いていますが、いい加減な小型のBHの製作をしてブミーになり過ぎた低音を、適当にダクトを付けたら結果が良かっただけでしたが、きっと世の方から見たら、掟破りの所業に見えたことでしょう。
最近は、少し日の目?を見ているようですが・・・・・
掟破りのBHBSの所業はここまでとします。

最近、、また、掟破りをしています。
スピーカーユニットを複数使う3way,4way5wayのお話になります。
メーカーや特性の違うユニットを使うことはままありますが、クロスポイントなどで調整していることは普通ですが、最近の僕は全く音質の違うユニットをコラボさせて音を自分なりに作っています。
クロスポイントも定説から少しずらして調整もしていますし、極めつけはあることをしています。
自室に訪問された方には音を確認してもらってから、種明かしをしていますが、これも、究極な掟破りをしています。
何事も、結果オーライですので、色々なことに挑戦、実験を試みることが良さそうです。
もう少し書きたいのですが、時間がありません。(涙)

さて、週末には新作の製作に取り掛かりたいですが、出張の仕事が入らなければと祈るばかりです。

メイン【スキャン+フォス】はゴール⁈

CIMG6282.jpg

8月10日から18日までの長いお盆休み中は、自作スピーカー関連の道具や備品関係の処分などは行っていましたが、肝心の自作スピーカーの製作は全くしませんでした。
計画はあったのですが、休み前半に実施した猛暑の中での片ずけで、全く工作へのやる気が失せてしまったためでした。

僕の場合のメインは、音が良いとか悪いとかではなくて、その時々で興味を持っているスピーカーシステムがメインになっていました。
ですから、フルレンジに興味が向いている時は、フルレンジがメインなり、音質的にメインであるはずのマルチシステムが、蚊帳の外状態になっています。
しかし、音質的に良い物は、何かのきっかけでメインに簡単に帰り咲きます。
良い例が、ここ1ヶ月の行動ですが、スキャン+フォスの変則4wayのシステムに手を加えて音を纏めていました。
珍しく、自分なりに納得のいく音になったように錯覚?をしています。
メインは、手を加える必要のない出来になったと感じていますので、良い意味でのゴールを迎えていると考えています。

悪く考えると、これで好みの音への追及の活動が停止したことになります。
音楽を好みの良い音で聴くのも趣味にしていますが、ハンドクラフトの自作スピーカーも趣味ですので、現状のメインより良いシステム構築を目指さないと自作スピーカー製作に飽きてしまいそうです。
そこで、手持ちのバス用の20cm4本、ミッドレンジ75mmドーム2本、ミッドバス13cm2本、ツイーターでシステムの構築を考えています。

結果はどうあれ何か目標にしていないと、飽きてしまうし楽しみが無くなりますね。

余談ですが、8cm付録スピーカーには興味が湧かずに試作箱1セット製作して放置状態です。
部屋が大音量出せる環境に限りますが、この世に8cmしかないのなら、仕方なく追求もするのですが、逆立ちしても口径の大きい物や複数使用の大型システムには勝てない。
一部分で勝利をしても全体では勝てなければ本当の勝利と言えないので、金と労力の無駄になる可能性があります。
コンテストに応募することを前提に考えるなら話は変わりますが、そんな考えが脳裏を過るので触手が伸びないでいます。







ユニットの店頭購入に要注意

21a7d500-s.jpg

36f0b3fd-s.jpg

写真のユニットは、MarkAudioの Alpair11MS-Goldだと思いますが、振動板の破損が酷いですね。
もう!これでは、ゴミです。

金属製の振動板は、外圧が掛かると紙より弱いと言うか癖が付きやすいですね。
この写真の持ち主は、自分では無くて知人の方の物です。
僕の知る限りでは、このときは知人の方はMAOPをペアーで購入していたと思っていましたが、 Alpair11MS-Goldを同時に購入されていたので、出費は10万円くらいになったと推測しています。
 
知人が申すには、日を置いて箱を開けて見たら写真の状況になっていたようです。

そこで、販売元に連絡をいれたら店側の対応が、知人の言葉を引用すると

『ユニットは部品なんで保証はない、通販の場合は初期不良、5日間の間に返品すればだいじょうぶだが店売りは違うみたいなことを言うがはっきり答えない。』

要するに通販では5日以内に返品すれば対応してくれるが、店売りの場合は厳しいような印象に取れる。
ばばを掴まされたら個人の責任?  もっとも、店側にしたら購入者が壊したのかと?疑いの目を持つのも人情ですね。
今まで、この手のトラブルは無かったので、当初は対岸の火事のように感じていました。

起きてしまったことは仕方が無いと言うと叱られそうですが、この手のトラブルは明日は我が身にも起きる可能性があります。
MarkAudio社は、中国で製造している会社ですので、出荷時の点検を経て成田に到着すると何かで読んだことがありますので、空輸の際に破損しているか?成田から商品を店頭に並べるまでの間に破損してるのか?
まさか?製造元で点検していないと言うことは考えられない。

現実は、理由、原因はともあれ振動板が破損している事は周知の事実である。
購入者としたら、買わないことが一番でしょうが、それでは前向きではありませんので、防衛策で店頭購入時に、箱から出して双方で商品の確認をするしかないと思います。

しかし、小売店も仕入れ製品の確認を確実にしていれば、このような事案は起きないし、対応も自信を持って消費者に出来るのでは無いでしょうか?

いずれにしても、スピーカーに限らず小売店の対応如何で非常に気分の悪い思いをします。

これから、店頭購入はチェックを徹底して気を付けましょう。


CurioSoundで聴くOM-MF519

CIMG6186.jpg

PCを最新の物に換えたら付いてきたCurioSoundが、最近ではお気に入りです。
音源としても良いし、ソフトを探し出すのも楽です。
音質は、メディアプレーヤーと一線を画す感じでCD入らずの日々が続いています。
今も、この音源で付録のスピーカーをBGM代わりに聴いていますが、この付録スピーカーだけ聴いていると普段、聴くならこれで十分かなと思えてくる。

昨日より、より一層低域がしっかり出てきていますので、低域の改善を実施していることが理解できる。
質感も良く全体のまとまり方、上級機より良いかもしれません。
付録と言っても、金額的には立派な製品ですので、良くて当然ですね。

箱で、低音を持ち上げると高域が寂しくなるので、工夫が必要です。
大きめのシングルバスレフなら中高音は綺麗に再生できると思いますが、レンジの狭い箱は箱屋としては幼稚で作る意味が無くキットを買い求めれば良い。
小口径フルレンジといえども、オーディオと名が付く以上は、それなりのワイドレンジの確保が腕の見せ所です。
いずれにしても、低域を立てれば高域が立たずなので箱の力でどこまで詰められるか?
この悩みが、箱屋の至上の喜びでもあるので楽しくて仕方ないですね。

ダクト付きバックロードホーン【VBH】【BHBS】は、最近、小澤先生が、雑誌で3回、コイズミ無線でも紹介されています。
やっと、日の目が出てきたのかと個人的に感じています。
もっとも、音工房Zさんでは、既に製品化して販売していますので日陰者?ではなかったですね。

BHの開口部を塞ぎダクトを設けると言う掟破りの方法で、20年以上前からこの方式で遊んでいましたが、世に出したのがコンテストが初めてで、雑誌等での紹介は殆ど無く、自己のブログやオフ会での発表、コンテストへの応募で紹介していました。
PCが得意だったら、もっと前からブログ、ホームページ等で発信していたと思います。

この方法は、自由度が大きくて何種類もの箱の製作が可能です。
ウーファーも効率よく低音を引き出すことが可能なので、ユニットを選ばない手法と思います。

【個人的にマイクロトレーダーさんのご指摘の超オーバーダンピングのユニットは、ミッドハイが超苦手なので製作することは少ないと思いますが、単純に低域を持ち上げることは可能です。 しかし、遊びで作りますが、本気で詰めることは金と時間、労力の無駄なので無いと思います。】



CIMG6184.jpg

センターにルームチューンアイテムを設置して本格的な試聴もしていますが、メインと比べると・・・・・
それにしても、メインが良い感じで仕上がっています。
これでは、MAOP11の出番が当分来そうもないですね。・・・・・・・・・FE168NSは?結線せずに部屋の片隅に追いやられています。











石田式BHBSは、石田式BHに改名

BHBSと名付けた経緯は、以前ブログでも書きましたが、BSではなく本来はBRが正規だと思います。
小澤先生が呼称しているダクト付きBHがシンプルで良いと思います。
今のところ、微妙にBH自体の構造が違うので、自己流で行っているダクト付きBHの名称は、石田式(健)BHと改名をした方が良さそうですね。

ダクトの径を小さくする傾向の時には、BHよりダブルバスレフに近いような印象があったのでダブルバスレフと位置づけていたように思います。
最近は、ダクトの口径を大きくする傾向の石田式BHBSで、動作は限りなくBHの動作になっているのも改名の理由です。

BHにダクトを付けた方式の成功させる肝は、ボンまたはボ~と汽笛風な量感のみの低域を作り出すことです。
この時点で、BHとしてはゴミになる箱だと思いますが、ダクトを付けることにより良質な低音再生に変貌させる。
このBHを作りだす方式が、個人的な掟破り的な手法なので、BH部分の特異性を考慮して石田式BHまたは、ダクト付き石田式BHに改名するもう一つの理由です。

この方式で絶対にやってはだめなことは、長岡式BHのホーン開口部にダクトを付けることです。
低音の美味しいところの量感の低下に繋がりますので、低音が不足する高域の寄りのバランスになる可能性があるので、闇雲にBHの開口部にダクトを付けると失敗することが考えられます。

BHの開口部にダクトを設ける方式は昔からある方式ですが、特別な方式でも無くBHを所有している方なら、誰しも一度はホーン開口部を塞ぐ事はしていると思います。
ただ、BHの開口部にダクトを設ける掟破りな手法だけに、誰も発展させていなかった方式でもあると思います。
僕は、偶然の産物で酷いブーミーでボン付いたBHに苦し紛れにダクトを付けたら良い感じになったことが、開口部にダクト付ける事に目覚めましたが、当初は、自信が無く長岡式BHに戻っていることも多くスワン、Dシリーズの製作が多かったようにも記憶しています。
本格的に石田式BHを始めたのが、長岡先生が亡くなった頃のような気がしますが、記憶が定かでは無いですね。
いずれにしても、飽きもせず20年以上前から掟破りの所業していたと思います。

いつもの調子で、話が逸れていますが、石田式BHBSは石田式BHに改名します。

オーディオリセット期間中

オーディオ離れて4日目になりますが、リセット期間としては丁度良いと考えています。
昨日など、仕事も休みなので日がな一日やることが無くて、ホテルの部屋でテレビを見ては昼寝の繰り返し、たまにネットサーフィンで時間潰していました。

最近、感じているのはネット上での自作スピーカー記事の減少ですが、ブログ等で殆ど発信されていない。(業者は別)
雑誌より、楽しみにしてブログを拝見していたので残念です。
まぁ~僕の検索の仕方が悪いのかもしれませんね。

新商品の発売が、カンフル剤になればと祈るばかりですが、僕自身、触手が伸びない状況なので箱の製作記事の掲載も厳しい状態です。(大汗)
仕様ユニットもFostexさん、マークオーディオさんの2メーカーの2極化になっているので、オーディオリセット期間中にネットサーフィンをして、他メーカーで気になるユニットを探してみようかと考えています。

自前のPCをホテルの有線ランに接続しての環境ですが、インターネットは問題は無いのですが、メールが片道切符状態です。
届いたメールは見ることが出来るのですが、返信が出来ない環境です。
ネット上では、自作スピーカー製作の記事は少なくなっていますが、メールでの製作の様子を伝えてくれる方もたまにいます。
これも、楽しみの一つですね。
昨晩も、K氏からお知らせメールが届いていました。
返信が出来なくて申し訳ありませんが、フロントバッフルの斜めカットを丸鋸で実施した様子の写真でした。

Kさん、写真の掲載を事後承諾で、すみません。
IMG_6918.jpg

材質は、タモ?板厚も板の2枚重ねなので50mmから60mmはありそうです。
カットに大変な苦労をされたようですが、仕上がりはお見事です。





追記
素人による丸鋸の事故が多くなっているとの記事を拝見しました。
ホームセンターに行けば、だれでも購入できてしまうのも理由の一つだそうですが、プロの世界でも死亡事故等が多いので、安全教育の実施が推奨されています。
プロでも安全教育終了証がないと作業が出来ない場合が増えているようです。
死亡原因の大半は、キックバック現象による内腿の動脈切断による出血死だそうです。
刃に安全カバーが付属していますので、通常なら考えにくい事故ですが、安全カバーがあると邪魔になるのでカバーを固定して刃をむき出しの状態で使用するので事故が発生するようです。
本能的に、丸鋸を使用する際、体の中心にして使用するのでキックバックした時に、自分の右大腿部の動脈を切断してあの世行きなるケースが多い。
慣れたころに事故が多くなるそうなので、使用する方は十分注意をしましょう。
特に、慣れ過ぎの感がある自分が一番危なそうなので、初心に戻って工作を楽しみます。

BHBSに興味のある方・・・・必見のMJ無線と実験7月号

55554.jpg

本日、帰宅したら届いていたMJ7月号ですが、お目当てはBHにダクトを設けた箱の記事でした。
ペラペラとページをめくると、お目当ての記事はP95の最終行から記載をされています。
記載されていた方式はBHBSですが、正式な名称はVBHとなるようです。
基本的には、BHの一つと位置づけられるようです。

小澤先生には、掟破りの方式のBHBS・・・VBHのご紹介をしていただき、感謝!!感謝!!です。
BHBSに興味のある方は、必見の記事だと思いますので、詳細は記事を拝読してください。

6月29日は、都合が付けばコイズミ無線まで拝聴に行く予定です。                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

楽しい音

039.jpg

昨晩は、近隣のオーディオ仲間とサーロジックの村田氏を囲んで、三島駅前の小料理屋で飲んでいました。

村田氏は長野県上田市在住ですので、出張で三島に訪れています。
オーディオ仲間のYちゃんが、自宅の新築で20畳のオーディオルームを構築中、監督、調整のために村田氏が訪れています。
Yちゃんのシステムは、超ハイエンドですので、部屋が完璧になると鬼に金棒です。
完成時は、近隣のオーディオ仲間と襲撃をする予定です。

村田氏の紹介は、有名人なので今更すること無いと思いますが、音楽を楽しめるオーディオルームで定評があります。
この方は、僕より10歳ほど年長なる人生の大先輩でもあり、録音技師の過去を持つプロ中のプロです。
しかし、この方は年期が入っているプロの方で、決してプロをひけらかしません。
弱い犬ほど吠えるの例えの逆を言っているのだと思います。
素人の僕と会話も良くしますが、音に対する意見は同じようで楽しくなる音楽、音作りを目指しています。
耳で追いかけて、最後に測定をして負の面を改善して部屋全体のバランスも整えていきます。

7月には、恒例の1泊での飲み会があります。
遠くは、山梨県、埼玉県、千葉県からの参加者もあり、13名ほどの集まりになる見込みです。
狩野川の鮎を肴にオーディオ談義に花を咲かせるつもりでいます。
最近、リスニングルームを改築したサンテクニカさん宅やオンケン、DCアンプのDCアンプマニア邸など襲撃のターゲットになると思います。

写真は、西伊豆の松崎町岩地の風景です。
明日も、BBQで西伊豆に行きます。
天気も何とか持ちそうで安堵をしていますが、メンバーはオーディオには無関係な面々、飲んで食って寝て終わりそうです。







再・・・・・耳のリセット?

CIMG5915.jpg

自室の音を数日、まともの聴いていなかったら、耳がリセットされていました。
久々に、音楽を楽しもうとシステムに火を入れて出てきた音に・・・・・????
ミッドハイを感知する耳が、元に戻っていたようです。

早々に、FE168NSをベンチ入りさせて、MAOP11をスタメン扱いにしました。
集まれ塩ビ管さんの関東オフ会用に調整をしたFE168NSですが、やはり、環境の違いを克服する調整は時間が掛かります。
大人しくなっている?と言ってもFEはFEです。
広大なキャパで距離を置いて中高域の減衰させたバランスで聴くか、超デット【無響室擬き】の部屋で聴くかしないとミッドハイから上がの帯域が耳障りです。
特に、自室は音の拡散による残響重視をした部屋ですので、余計にFEの高域が耳につきます。
決してFEが悪者では無くて、FEに合わせた部屋の環境を整えることが重要だと考えていますが、今更、部屋をFE用にするのは難しい。
そこで、市販品に近い鳴り方をするMAOP11をスタメン扱いにしました。
それと、次期作はウーファーを使用したシングルバスレフの3wayを計画しています。
もちろん、音の傾向はハイエンド風にするつもりでいますので、自室の環境とマッチする音作りにする予定です。

現在、ドンパチ系を好んで聴かなくなったので、流れがMAOP11に向いているだけかもしれません。
いずれにしろ、FE168NSには暫くベンチを温めて貰います。

Stereo誌6月号が興味深い

6月号

本屋で立ち読みになるか購入してくるかは、やはり、注意を引く記事があるか無いかで決まります。
今年も、マークオーディオ製の小型スピーカー【OM-MF519】が付録で発売されるようです。
外見は、殆ど同じで防磁なのか?マグネットが二重になっていますが、昨年の物と殆ど同じように思える。
この内容なら、立ち読みで十ですが、目を引いたのは下記の特集。

CIMG5878.jpg

評論家の先生方が、100の疑問について簡単な説明をしていますので、一種のオーディオ辞典?かもしれません。
感心するも良し、あら探しをするも良し、再勉強するも良しと面白く読ませていただきました。
突っ込み所もありますが、そこは黙認。

何問を理解しているか?自己のオーディオ知識を試すのも面白いと思います。