ブログ・ハイエンド自作スピーカー【小口径ユニットの料理も挑戦中】

音の違いは、一にユニット、二に箱、この両輪は切っても切れない関係。ユニットはお金を出せば手に入ります。箱はお金を出しても買うことは可能ですが、ロマンは買えない。SP箱の製作の魅力に憑りつかれた管理人の試行錯誤のオーディオライフを紹介しています。

kさんからの宿題  

CIMG0847.jpg

4泊5日の出張から帰って来ました。
自前のPCから、記事をアップしようかとしたら認証番号の壁に遮られ本日まで、ブログの更新が出来ないでいました。

写真は、マークオーディオの10cm、alpair7です。
今迄、6、10と料理をしています。
6は、kさんのところに居候していた時期があり、長岡派バリバリのkさんのマークオーディオへの目を向けるきっかけになった?ような気がします。
その後、alpair7を購入してお気に入りのユニットになったと伺っています。
出張中に、G県の焼肉屋さんでオーディオ談議をしていたらalpair7の話題になり、108solの石田式BHBSのH600mmを製作中で、端材でalpair7の指定箱を製作していると仰っていました。
すると、kさんからの宿題を出されました。
アルコールの影響で思考能力が低下していたのか?kさんの策に・・・・(笑)
宿題を了承した次第です。
出張から帰ると、自宅にアマゾン、Z工房さん経由でalpair7が届いていました。
早速、音の確認をすることにした。

CIMG0851.jpg

kさんが製作中と同じ設計の108solのH600mmの箱に入れて音の確認、少しブーミーですが素性の良さは理解ができます。
横幅を狭くすれば音は纏まるような気がします。

CIMG0850.jpg

88solと比べると少し口径が大きい程度ですが、音の傾向は違う。
好みの分かれるところですが、alpair7は音を大きくする傾向で危うく飛ばしそうになりました。

それでは、宿題を開始することにしましょう。

▲Page top