fc2ブログ

FE88solの再挑戦  【10cm真っ青な低音再生】

CIMG2706.jpg

低音の再生が凄いことになっています。
バスレフ向きのユニットの決定的な違いが出る結果になりました。
バスレフ向きのユニットは、強力な共鳴は必要でなく程々の共鳴で十分な低音の量感が得られます。
逆に少しでも共鳴が強く作用すると過多気味になり、調整不能になるケースもありますで、誤魔化しが出来ない。
逆にオーバーダンピングのユニットは、共鳴を強くしないと高域寄りのバランスになり、低音不足の細くて高域にエネルギーが強い音の傾向になりますので、必然的に箱の容積は大きくなります。
どちらが良いとか悪いとかでは無く、狙いの違いだけだと思います。
今回の実験は、8.5cmとしたら大きすぎる箱及びホーンロードの箱で、低音過多の状態でどれだけ制御が出来た低音が再生できるか?
FE特有の細くなりがちな中低音の改善が出来るかの実験でしたが、良い結果が得ることが出来ました。
現状の低音は、10cmを凌ぐほどの質と量感が得られています。
若干、過多気味とも感じるソフトもありますので、もう少し容積を小さくしても良いように感じています。
時間があれば、実験を実施したいと思います。

FE88solへの再挑戦

CIMG2701.jpg

写真の箱は、Alpair7用で作った箱でしたが、バスレフ向きのユニットを今までの経験でそれなりに、低音の量感を考慮して作った箱でしたが、予想に反して低音過多の状態になりました。
ダクトの径を小さくするなり、共鳴位置を変えるなりしましたが、感覚的にしっくりこないので、箱を作り替えることにして再挑戦をしました。
結果は、感覚的にしっくりこない。
写真の箱は、高さが600mmあるので、バスレフ向きの箱としては大きかったので、次の箱はシングルバスレフの箱を少し大きくした程度の大きさで作っていましたが、やはり、しっくりこないでいました。
このようなことを続けていると、箱は増え続けます。
そこで、箱の活用法を考えて大きい箱の方をオーバーダンピングのFE88solの音の確認用に使用することにしました。
結果が良ければ、そのまま使おうかと考えています。

ある方から鳥形の箱は作らないのですかと質問をされたことがありますが、部品点数が多い事と専有面積が大きくなるので触手が伸びないでいます。
箱のサイズを大きくするなら、専用のウーファーを使用してマルチにした方が、音のまとまりの面では近道です。
メインがスワン並みに専有面積を取っているので、どうしても、小型の箱に気持ちが向いてしまいます。
それと、労せず低音再生が出来るのは面白くないので、小型で小口径のユニットでウーファー並みの低音を追求することが面白いですね。

取り急ぎ、ユニットの取り付けの穴が10cm用なので専用のアダプターを自作するつもりです。