fc2ブログ

少し見ていなかったら・・・・・(汗)

4月に訪問したTE27さん宅の様子がTE27さんのブログに掲載されていました。
定期的に見ていたのですが・・・・・・・?
気が付いたら4月の襲撃の様子が掲載されていました。(大汗)
昨日の事のように感動が、思い出されます。

https://audiodiary.exblog.jp/26922301/

このお部屋のスクリーンを見て、大型テレビ熱が上がりました。
本来なら、プロジェクターを仕入れれば済むことなのですが、テレビ党なので大型テレビに興味が向いています。
大型テレビも一昔前に比べると大分お手頃な価格になっています。
今回は、妻の猛反対に会い断念していますが、2年後には買うと延期の約束をしています。
ソニーの100インチが700万円(受注)、80インチは100万円前後と高根の花です。
70インチは、手の届く価格になってきていますので、2年後には80インチクラスが手の届く価格帯になっていることを祈っています。

ブログ名の変更

ブログの内容が、ハイエンドとは程遠い内容になっていることが、以前から気になっていました。
そこで、自作スピーカー【石田式BHBSで低音増強】とタイトルを変更します。

最近の内容は、小口径スピーカーユニットの低音増強に試行錯誤をしている記事が主になっています。
高級ユニットを使用したハイエンド自作スピーカーには興味もありますが、面白味では小口径の低音増強の試行錯誤になります。

実際、ハイエンド自作スピーカーに挑戦をして、メインの高級ユニットを使ったマルチを作りましたが、その後の発展がありません。
低音の再生方式が、バスレフと密閉【電気的増強】だと、これ以上何を工夫すれば低音再生が出来るのかと?自己問答しています。

厳密には、部屋の調整が入りますが、これもやり過ぎて今更何をするのと自己問答になります。
後は、専用のリスニングルームの構築がありますが、それは不可能に近いですね。

仮に、今構想している理想の部屋の構築が出来たとしても、一発で満足の行く音は出ないと思います。
これは、プロがやっても、どんなに偉い先生がやっても同じことだと思います。
部屋のエージングに年単位の時間と内部の反射板や吸音量の微調整の作業が残ります。
従って、追求している音に巡り合う前に鬼籍に入るか、耳に弊害が出ていると思います。

今後も、共鳴で低音を増強する手法を趣味として試行錯誤していくと思いますので、ブログ名の変更に至りました。