FC2ブログ

石田式BHBS・FE208sol  音出し

CIMG5765.jpg


1本目の箱が、組み上がりましたので試しにユニットを取り付けました。
片チャンネルでも音の傾向は分かりますので、モノラルの片チャンネルで試聴を開始。

CIMG5767.jpg

聴き比べに使用したのはFE168NSでしたが、FE168NSで聴き比べると能率が相当違うので音圧の調整が難しかった。
音の傾向は似ていますが、FE208solの方がより明瞭、音の密度感も段違い、低音の質も格も違う。
若干、中高域がうるさく感じるソフトもある。

しかし、全体のバランスは中高域よりなので、ドンパチ系は聴いていて気持ちが良いですが、聴き疲れがする。
もっとも、当初のFE168NSも同じような中高域より音だったので、時間経過で改善されることでしょう。
しばらくは、サブウーファー的な使い方が良いかもしれませんね。

ネット上で、サブウーファーを導入との記事を拝見していたのですが、自室では十分な量感の低域が出ているので、サブウーファーは不要と感じています。
と言っても、もう一本作り、試聴してみないと正確なところは分かりません。
箱のエージングで音全体の太みも出てくるので、もうしばらく様子を見る必要がありそうです。

20cm級の低音は、16cm級とは別物で質、量感、迫力と圧倒されています。

石田式BHBS・FE208sol  その2

CIMG5752.jpg

部品点数を極力減らしたのですが、一つ一つの部材が大きいので組み立てが大変です。
板は、長さが長くなるほど狂いが生じます。
写真は、スロートの部分ですが、苦肉の策で左右対称にしています。


CIMG5758.jpg

音道の様子で、基本的には16cmと同じ設計です。

CIMG5762.jpg

圧着中、1本は今日中に組み上がりますが、どんな音が出るやら?
全てが、手探り状態です。

令和元年 自作スピーカー製作 【FE208sol専用石田式BHBS】

CIMG5750.jpg

午前中に、カット完了した板材。
ラジアタパイン18mm厚 3×6材 3枚使用。
板材の使用を吟味して、なんとか3×6材を3枚で済ませました。
これから、斜材の製作を丸鋸で行います。