FC2ブログ

BHBS = BH?  【ダクトに関係なく下が伸びる】

昨日は、久しぶりに東京に出張で行っていました。
時間があれば、秋葉原に立ち寄ろうかと考えていましたが、時間が無くて断念していました。
19時過ぎの新幹線は混みますね。
東京駅の段階で、ほぼ満席状態でした。

665.jpg

ネットで、紹介されているBHを見ていたら開口部を狭くしたBHと呼ばれる箱を拝見していたら、ダクト面積の大きなダクトを設けた方式に見えた。
BHは、本来なら末広がりのホーン状態にするのがセオリーだと考えていましたので、石田式BHBSを世に出した時には、掟破りの方式と思っていました。
よく見ると何作か拝見が出来ました。
個人的には、同じような事をする方が多くなり、嬉しい限りです。
気になったのは、方式がBHと表記されていたことです。
考えてみたら、勝手に自分が命名しただけで、構造はBHの開口部にダクトを設けて塞いでるだけなので変則なBHとなる。
BHBS=BH・・・・・で良いのかな考えるようになりました。
最も、名前などどうでも良くて本題は、良質な低音が共鳴で出せるかにつきます。

最近の石田式BHBSの特徴として、ダクトの面積を大きくする傾向になっています。
超低域を求める時期もありましたが、ほどほどの帯域を量感豊かにすることを優先しています。
FE168NSのBHBSが、代表作なります。
オフ会の説明分では、最低域を50Hzからの再生として65Hzにアクセントを持たせたと書いていましたが、耳で追って決めたダクトイの面積と長さです。
65Hzにアクセント(山)と言うことは、実際のチューニングは65Hzだったのでは無いのかと考え直しています。

そこで、不思議なことが起きているのですが、いつもなら出ていないはずの帯域が聞こえてくる。
30Hzから普通に聴き取れる箱になっている。
狐につままれたような心境になっていますので、自分なりに推測をしました。

上記の漫画図で明記しているのは、H910mmとH600mmの2種類の箱ですが、奥行きをH910mm箱は100mm大きくしています。
今までは、高さに関係なく奥行き【フロントバッフルを除く】は一律300mmとしていましたが、今回は音道を長くするために音道の仕組みを変えています。
すると、奥行きを最低でも100mm大きくする必要になった。
容積的には長岡式BHのD37より少し小さな箱になったので、今までの概念のBHBSの箱の容積より、大分大きくなっている。
この辺の容積と音道の長さの関係で、今までと違った効果が現れているように推測しています。
BHの良さにサブウーファーを加えたような低域の伸びに繋がったのではないかと、推測しています。
小口径のユニットでも試して確認をします。

BHBS方式で箱を小さくする事に囚われていたので、ディップなどの対策を難しくしていたような気もしています。
今後の課題は、ミッドバス帯域の、共振、共鳴をどのようにコントロールするか!
結果オーライが多い実験の回し方ですが、今後もこの手の挑戦を継続していきます。