fc2ブログ

Audio Amateurの感想

CIMG5957369.jpg


6月1日から2日にかけて、西伊豆の家にオーディオとは全く関係のないメンバーとBBQ大会を開催していました。
家の前に3m×7mほどの空間があるので、そので焼く所を2基設けて男女合わせて7名で夜更けまで、歓談しながら飲食をしていました。

全く、オーディオと関係ないメンバーなのですが、このメンバーの中で2名ほど自室を訪れたことがあったので、僕の部屋の話題になりました。
話の内容を聞いている皆は、口を揃えて贅沢とオーディオルームを持っていることに言われる。
持ち家でも、自分の専用の部屋の無い世帯主も2名いたので、14畳の部屋を独り占めにしていることを羨望の目で見られた。
訪問していた2名は、部屋の改造や機器類にも触れたので、道楽親父のレッテルを貼られ、そこで、皆に僕なんか駆け出しの序の口と言うが、一向に信用してもらうことが出来なかった。

訪問者の一人が、音に対して初めて口を開きました。
アルコールも大分入っていたので、本音で述べていたと思います。
その彼が言うには、『音が頭の中に入って来ておでこの辺りで聴こえている』と言う訳の分からないことを言われた。
僕が、耳で聴こえて目の前に音像(音像に説明を要した)がある感じかと尋ねると、いや、頭の中で感じるという。
ヘッドホーンで聴いている感覚でもないようです。
音には全くの素人の感想だったのですが、気になったので県外在住の他の男女2名に自宅に寄ってもらい、試聴を実施することになった。

試聴したスピーカーは、MAOP11で行った。
【FE168NSでは刺激が強すぎるので、品の良い方を選んだ。】
素人二人の感想は同じで、やはり、頭の中で音が聴こえるという表現をする。
他に、通り一遍の音が綺麗とか低音が気持ち良いと言っていたが、頭の中で音が聞こえると言う表現が理解出来ないでいます。
僕は、目の前に音像が浮き上がるような立体感を構築しているつもりでいますが、頭の中では前に出過ぎです。
この辺が、オーディオ素人さんとの感覚に違いか?単に表現の違いか?
興味は尽きないですね。
また、違う素人さんを招いて感想を聞いてみます。

二人の素人さんが、また、口を揃えて言ったことは、オーディオに嵌っているのが分かる気がする・・・だって・・・嬉しいですね。(^^♪