fc2ブログ

フレームの塗装

CIMG6031.jpg

写真のユニットを、ご存じの方は僕と同年代から上の方になるでしょう。
FOSTEXさんの SLE20W、1972年と1976年の販売がありました。
いずれもアルニコマグネットを使用したエッジレスウーファーです。
10年後?にフェライトマグネットを使用したSLE24Wもありますが、SLE20Wの方が評判は良かったように記憶しています。
縁があって4本所有しています。
経年はしていますが、某会社のデッドストックされていたもので、未使用品です。
本来ならセンターキャタップにSLEの刻印が施されていますが、社用品だったためか刻印はありません。
フレームもアイアンブラックで塗装されいますが、当初はアルミダイキャストの無塗装のままだった物を僕が塗りました。
当初、塗装をしようか迷いましたが、他のもので試し塗りをしたところ、質感のある塗装に仕上がり意を決して塗装に踏み切りました。

CIMG6029.jpg

塗料は、タナーアイアンペイントのアイアンブラックを使用。

CIMG6019.jpg

まずは、マスキングしてから塗装を始めます。
アルミ削り出しの状態のシルバーの色が、確認できるかと思います。
フレーム部分を刷毛で、叩くように塗り込んで3時間ほど放置します。

CIMG6026.jpg

当初、マスキングテープと塗装の皮膜を切り離す作業をしなかったら、マスキングテープを剥がすと塗料まで一緒に剥がれてしまった。
この塗料は、パックのような膜を作りますので要注意ですが、質感は素晴らしいですね。