fc2ブログ

付録6cmスピーカー装着準備

N県のK氏に箱を差し上げる約束をしていた箱の修繕を開始しました。
付録スピーカーも1週間もすれば来るので、休みの終わる明日までに修繕を完了させます。

IMG_1325.jpg

この箱は、何年か前にステレオ誌主催のスピーカーコンテストの匠部門に応募して本選に参加した箱ですが、改造して8cmを装着していました。
特に使う気持ちも無かったので、西伊豆の家の物置で埃を被っていましたが、N県のK氏が欲しいと言われたので差し上げることにしました。
しかし、無残に8cm用の穴が空いていました。
そこで、円形の板を埋め込みパテで凹凸を埋め、ランダムサンダーで研磨して誤魔化しました。

IMG_1330.jpg

このままでは、見た目が悪いので黒檀系の薄板を貼って誤魔化すことにしました。
この薄板は、非常に硬いですが、逆に割れやすいと扱いが厄介です。
なんとかR加工をして貼り付けることにしました。
芯を合わせるためにあらかじめ下穴を開けて、錐を差し込んで芯を合わせました。

IMG_1334.jpg

薄板は、少し反りが有りましたので、補助板を当てて接着剤の力を借りて圧着をした次第です。

IMG_1335.jpg

綺麗に箱に薄板が貼り付きました。
本日の作業はここまでとして、明日、穴を開けて塗装をして完了です。

20cmから6cm用とはギャップが大きすぎますね。(汗)

積層スピーカーベース製作

IMG_1301.jpg

アカシア18mm厚集成材【3×6材】1枚を使用して製作をしました。
DCアンプマニアさんの要望で、既存のスピーカーベースの半分くらいの高さのベースで良いと言われましたので、無駄なく板取りをした次第です。
サイズ450mm×360mmの板が合計で10枚取れました。
片方5枚を積層すると90mmの厚みの板が出来ます。

IMG_1302.jpg

圧着は完了しましたが、積層は、どうしても!
接着剤のはみ出しや板のずれが発生します。
そこで、表面の研磨が必要となります。

IMG_1306.jpg

ランダムサンダーで、当初は60番のペーパーを使用して荒削りをして、次に120番、360番とバンテージを上げて研磨を進めて行きました。

IMG_1314.jpg

オスモのノーマルクリアーで塗装。
塗装は、1回のみとして艶は少し抑え気味にしています。
アナログプレーヤーの台?将棋台?を連想しています。
重さもずっしりきます。

IMG_1310.jpg

キャスターの取り付け。
錐で下穴を開けながら木ネジで固定します。

IMG_1311.jpg

キャスター取り付け完了。
費用
板代      6,980円
キャスター代 580円×8個
他、接着剤、研磨材、機械使用料 約2,000円?
手間?
いずれにしても、自作の場合は安上がりは安上がりですね。

IMG_1321.jpg

このゴム製ボールキャスターは、意外と高額になりますが、このキャスターとスピーカーに取り付けているフェルト製のインシュレーター擬きの組み合わせは、床に振動を伝え難い優れものです。

仮に手間を2万円程度乗せても35,000円以下ですから、オカルトオーディオ商品に比べれば激安ですし、効果は大です。


スピーカーユニットと箱は車両の両輪!!

IMG_1318.jpg

専用スピーカーベースもあつらえて、W8-1808の専用箱が完成しました。
昨日より、情報量も増え低域も押し出しが強くなっているようです。
今回の20cmへの挑戦は、無謀とも考えている節がありました。
今までFEでしたが、まともになった箱はありませんでした。
40年以上前に、キットの箱にFP203を入れて使用していた時期がありましたが、ソースダイレクトでは低音不足で聴くに耐えない音でした。
やむなく、アンプに搭載されていたSEA(イコライザー)で低域を持ち上げてバランスを取っていました。
今なら、キットの箱はゴミにしていたと思います。
それ以来、キットの箱は買ったことがございません。

W8-1808の専用箱も依頼主のDCアンプマニアさんに気に入ってもらえて一安心をしています。
我ながら、瓢箪から駒状態で・・・・・音の出来映えの良さに感心しています。
ここのところ、TBの高級ユニットを連続で料理をしていますが、TBの高級機の音の良さに感動の連続でした。
食わず嫌いで手を出さないでいたことを、強く後悔をしています。

箱が良ければ安いスピーカーユニットでも、それなりに良い音で鳴ってくれると思い、KP1018を購入して専用箱を製作しました。
意外と箱とユニットの出来が良くて、満足の行く音を奏でてくれました。
お陰様で、KP1018を追加して、2ペアー所有していました。
妥協していれば十分なスピーカーシステムでしたが、もう少し良い音へとの欲が出てユニットのグレードを上げていきました。
その時に感じたことは、箱だけでは無くてユニットの重要性です。

箱屋の自惚れは、美音追求には通用しません。
良いユニットを使用すれば、それなりに良い音が得られ感動を何度も味わうことが出来ました。
こうなると一種の中毒で、次から次にユニットの高級化をしてしまい、痛いほど箱とユニットの関係が車の両輪関係を思い知らされました。
どちらかが、劣れば全体が劣る。

そして、無謀な20cm級への挑戦!
10cm級では味わえない感動を味わう事になりました。
ある程度、環境が整っていると音量は知らず知らずの内に大きくなります。
そうなると、口径の大きいユニットから出る音は、音にならない空気感に差が出ます。
これも、両輪の一端を占めていますので、20cm級の良さを今更ながら感じている次第です。

少しやり過ぎの感があるので、ほとぼりが冷めたら自分所有の20cmBHBSを作ります。



DCアンプマニアさんの試聴でTangBand W8-1808 に決定

IMG_1297.jpg

本日の午後より、近隣のオーディオ仲間のDCアンプマニアさんが新作の試聴のために来訪されました。
この新作の依頼者でありますので、完成の結果発表の試聴でしたが、正確な音と高評価を頂きました。
全般的には、低音も豊かに出ていますので、箱の貢献度も大きかったとの感想もされていました。

試聴のソフトは、DCアンプマニアさんの大好きな幸田浩子さんのアルバムを3枚ほど試聴してから、ドンパチ系のJaco Pastorusのアルバムから1曲再生して低音の量感、質、締まり、伸び、弾み、空気感を確認、すべてクリアーしているとの高評価。
やはり、20cmならではの面で押し出す迫力のある音は、圧巻でした。

本日を納品の予定でしたが、暫く預けるので調整をお願いされるが、自室でベストまで追い込んでも部屋が変わると一からやり直しになるので、意味が無いですよとやんわりお断りをしました。
暫くは、エージングを兼ねて聴くつもりです。
メインより良いかもと・・・・一瞬!脳裏を過ぎる感覚が・・・・・・(汗)

そして、いつものお遊びの録音を開始です。
DCアンプマニアさんが録音専用のマイクを置いていきましたが、使い方が・・・・・?なのでいつものレコーダーで録音ですので低域が拾えていません。(汗)

DCアンプマニアさんから、リファレンスにどうと勧められた幸田浩子さんのカリオンを録音しました。
個人的な感想、曲としては好みですが、リファレンスでは特に特記する音源もないので厳しいかなと感じた次第です。
好み以前のお話ですね。(汗)




次は、ドンパチ系です。




新作に興味のある方はDCアンプマニアさんに連絡をしてください。
いずれDCアンプマニアさん宅に移動します。



TangBand W8-1808 vs W8-1772 同格対決

TangBandのW8-1808とW8-1772を新作の石田式BHBS20cmバージョンの箱に入れて、それぞれ、単独モノラルで試聴をしました。
本来の狙いは、新作の箱のどちらのユニットが合うのか?
試しの試聴です。



最初は、W8-1808からでした。


次は、W8-1808とW8-1772を同時にステレオ再生した時の録音です。
今思えば、4本手元に置いておけば実験の確認が早くできたと後悔しています。



ソフトを変えれば、また、違った聞え方をするかも知れませんね。


20cm級石田式BHBS完成

IMG_1289.jpg

オスモで塗装をしてから丸い1日以上、炎天下に放置して塗装及び乾燥、木の日焼け?を進めました。
お陰様で、塗装の膜は硬化してくれました。
昨晩に水研ぎをして、ワックスを施して完成しました。

IMG_1292.jpg

残るは、音の調整です。
音の調整は、ダクトを弄るのが最適で、あらかじめ用意していた18mm厚の板を2枚ほどダクトに入れてダクトの面積を狭くしました。
すると、不思議な事が起きました。
低域の量感が増え、ローも一気に伸びました。
単純に開口部の面積が大きければ量感が増えると思われがちですが、広ければ低音の量感が増えるとは限らず、狭くした方が量感が増えるという現象が起きています。
やはり、BHBSのダクトには色々な要素が秘められているようです。
現在のダクトの面積は、約242c㎡で、ユニットの公称面積は220c㎡です。
もう一枚、板を足して面積を約189c㎡にすると、今以上に良くなると推測していますが、肝心の板がありません。

低音の量感と質が改善されてくると、全体のバランスにも変化が生じます。
ユニットの評価が変わってくるから面白い。
高域の煩いユニットの方が、抜けが良く聞えるのは当然ですが、バランス的に良い感じで鳴ってくれます。
FEも箱の量感が、ユニットの特性に追いつけば良い感じで鳴ってくれるのでないでしょうか?
現状では、広く距離が取れるお部屋でハイ落ちにさせないと聞きにくいユニットのイメージも払拭されるでしょうから残念ですね。

安部さんがW8-1808にツイーターをプラスした心境が理解出来ました。
やはり、W8-1808の場合は箱のサイズを2割ほど小さくすると良い感じになるのではないのかと推測をしています。

後は、DCアンプマニアさんの好み次第で、どちらのユニットに決めるかです。

いずれにしても、どちらも、良い感じで鳴っていますので心配はないです。
音の傾向は、W3-1878、W4-1879の音質の系統の美音系ですが、面で押し出す質感と大音量時のド迫力が違います。
オーディオを趣味にしていて良かった感じた次第です。

本日も、伊豆方面の道路事情もありますので、早めに西伊豆に向かい新盆の支度をしたいと考えています。

危うく熱中症?

早朝より、重い箱を3Fから下ろしてプリウスに積み込んで、西伊豆の家に向かいました。
伊豆中央道の江間の料金所から既に渋滞が発生していたので、周り道をして料金所をパスして伊豆中央道に乗りました。
途中、道の駅やコンビニ寄りましたが、都知事の要請など関係ないくらいの東京方面の車両の多さ、珍しくレンタカーも多かった。
30分遅れで、西伊豆の家に到着、家の周りの雑草が伸びたい放題なっている。
ご近所の手前、草むしりを開始したら、あまりの暑さに全身の毛穴から汗が滝のように流れ出てくる。
たまらず、冷蔵庫からペットボトルを出して一気飲みをして草刈りを続けました。
本命の箱の研磨の前に、疲れ切ってしまいました。(笑)

そして、エアコンの無い風通しの悪い風呂場の跡が、研磨の部屋にしていますので、蒸し風呂状態で2時間ほど研磨の作業をしました。
研磨の最中に、自分の汗が箱の磨き終わった面に落ちるので、研磨のやり直しが数回もあり、次からは多少暑くても長袖が良さそうです。
こんな過酷な状態でしたが、体調が悪くなることは無く、無事に研磨を終えて三島の自宅に帰宅しました。

自宅の到着して、箱を車から3Fのバルコニーまで移動で体力が大分消耗してしまい、暫く、自室のエアコンの下で涼んでいました。

IMG_1283.jpg

塗装前の箱です。
スラブは、砂浜までは行きませんが、相当に熱を持っています。
ここで、止めておけば良かったのですが・・・・・

IMG_1286.jpg

塗装を開始、2本目の途中で頭痛が・・・・・・気にせずに作業を行なう。
何となく食欲が無くなったような・・・・・・気持ち悪いような・・・・・作業終了。

珍しく、夕飯が食べられず、エアコンだけでは体の火照りが取れないので、エアコンの下に扇風機をセットして強風にして体を冷やすこと30分で気分が元に戻りました。
流石に、上下からの熱の攻撃に負けました。(汗)

☆草刈り・・・・・草むしりが余計だったような気がします。


面で押し出す20cmかな

IMG_1273.jpg

今日は、スピーカー作りはお休みにして、長女、長男、孫2人、妻で一足早い母親の墓参りに行ってきました。
正式には、お寺に寄りますが、コロナの影響で初盆の法要は取り止めになり、札をいただきに行きます。

西伊豆から帰宅してから、スピーカー製作に取り掛かりました。
既に、四角い箱は昨晩に組み上がっていましたが、ステレオでの音出しはしていませんでした。
その前に、モノラルで片方ずつ音の確認をしていました。

IMG_1274.jpg

左側がW8-1808、右側がW8-1772になります。
見た目は、ほぼ同じでコーン紙とディフェーザーの色が違う程度ですが、音は全然違う別物です。
W8-1808はバスレフ向き、W8-1772はBH向きと言った所でしょうか?
自室は、反射板等が多いので高域の拡散でハイ落ちのユニットも良い感じで聞えますで、W8-1808の方が合うようです。
W8-1772だと少し高域が耳障りな部分があります。
逆に、デッドの部屋ではW8-1772の方が良い感じに聞える可能性もありますので、部屋の環境で使い分けるのが良いと思います。

こんなユニットの音色の違いですが、このままステレオで試聴しました。
やはり、能率の高いW8-1772の方に定位がずれ、耳障りな音も聞こえてきましたが、2発同時再生の迫力は満点です。
低音も良く出ていますが、やはり、下の伸びが足りません。
ダクトの面積を小さくすれば35Hzぐらいから再生が出来そうです。
これなら、次のステップに進めます。

IMG_1280.jpg

強引に持ち上げて、3Fのバルコニーで面取りを実施、お陰で肩甲骨の裏あたりから痛みが・・・・・
明日あたりに、激痛に変化しそうな予感がしています。


TangBand W8-1808・片チャンネル(モノラル)だけでもド迫力!!

IMG_12633336.jpg

取り急ぎ1本だけで音の確認をしました。
箱のサイズは、長岡式に比べるとコンパクトになっていますので、ユニットを抜けば一人で持ち運びが可能です。
このサイズでそれなりの低音が再生出来れば良いですが・・・・・・・

開口一発、ド迫力な音が飛びだしてきました。(驚)
ダクトを通常の2倍以上の面積にしていたので、超低域は伸びていませんが、量感は申し分ない。
超低域は、ダクトの調整でどうにでも伸ばせますので、特に問題視することはありません。
気になっていたのは、量感です。
量感が出ていなければ、無い物は無いので先に進めません。
・・・・・ステレオで聴いたら・・・・・

我が家が、夜中でも爆音で聴ける環境ですので良いですが、通常のお宅だとご近所が気になるところですね。
20cm級は、ある程度の入力を入れないと真価が発揮できないので、難しい面もあります。
蚊の鳴くような音量なら、10cm、8cmで十分となります。

箱のエージング、ユニットのエージングで変わりますので、本格的な調整はもう少し先なります。

ここまでは、W8-1808までの感想ですが、W8-1772は特性がFE寄りですのでこのサイズだと中高域のレベルに低音が負けるかも知れません。
どちらか、良い方の採用として貰いましょう。

後は、大変な面取りと研磨が残っています。



内部の詳細は公開しませんが・・・・進捗状況の報告?

IMG_1268.jpg

外枠の圧着中です。
このサイズなら、移動も可能なので涼しいオーディオルームで音楽を聴きながら組み立てています。

適当なサイズの市販ダクトがないので、リアダクトにしました。
面積は、通常の倍ほど取って調整が可能としています。
音だけなら明日の夕方までに出来ると思います。

ユニットの裸の音から受ける印象は、悪くないので巧くいきそうな予感がしていますが、こればっかりは音を出すまで分からない。
20cm級のFEなら間違いなく低音不足になるサイズだと思います。
FEはsolで懲りたので、今後、限定品が出ても製作はしないと思います。
お陰様で新商品のFEには、触手が伸びません。

次は、高級良質ツイーター探しが目標となっています。