fc2ブログ

ONKEN/オンケン 5000T esprit ツイーター

DCアンプマニアさんの悪魔の囁きでONKEN/オンケン 5000T esprit ツイーターを使ってみない?
確か定価で30万円超えで、中古でも20万円位する高級ツイーターです。

千葉のHさんにメインのツイーターのダメ出しをされていましたが、相手が1,000万円級のハイエンドスピーカーに搭載されているアクトンのツイーターでは、負けるのは当然です。
あまりにも、差がありすぎて気にもしていませんでしたが、DCアンプマニアさんの悪魔の囁きでぐらついています。

ツイーターは、箱で何とかなる代物では無く、性能がそのまま音に反映される。
試しに、ツイーターをスキャンからオンケンに変えて見るのも面白そうですが、果たして音色が合うかどうか?
DCアンプマニアさんの申し出を受けることにします。





最近のレファレンスCD

41eOr8aWQFL__AC_SY450_.jpg

エリン・ボーディーのLittle Gardenのアルバムですが、最後の曲のグッドナイトの重低音をリファレンスで聞いています。
腹に響くこの重低音の再生は、小口径では厳しい。
W4-1879ですら、音量の調整をしないと危ない。
メインだと入力のリミッター無しなので、圧巻の一言です。
10年以上前のCDですが、千葉の方【自作スピーカーの部屋さん】が訪問された時に持参されたCDで、試聴した後に買い求めていました。
他にも色々ありますが、小口径だとユニットを破損させそうで恐いですね。

20cm級石田式BHBS青写真決定

gdwaj.jpg

今回の20cm級石田式BHBSは、DCアンプマニアさんからの依頼で立案、製作をしていますので、内部の様子は公開しません。
世界でたった一つのスピーカーが、自作スピーカーの売りですので詳細は伏せたいと考えています。

実は、1週間以上、箱の内部のイメージが浮かびませんでした。
通常の石田式では・・・・・失敗する恐れがありますので大いに迷いました。

W8-1772は、若干オーバダンピングの傾向があるので、シングルバスレフ向きのユニットの箱より10~20%ほど大きくすることにしました。
あべさん製作の石田式BHBSの箱のサイズとほぼ同じサイズで落ち着きました。
板取りを考慮すると同じような考えに行き着くようです。
使用板の枚数は、ペアーで3×6のサイズの板を3枚で間に合うようにしました。
問題はダクト部分ですが、市販品では丁度良いサイズが見当たりません。
塩ビ管でもありませんので、板で作るしか無さそうです。
板で作る四角いダクトは、リアにすればダクト面積の調整が容易になりますので、利点も多いです。

このサイズなら、ギリギリ自室で組み立てて音の確認も出来ると思います。
お盆休みの合間を見て作るので、お盆中は20cm級の音で楽しめます。
経験の少ない20cmですが、あべさんの結果のお陰で大分助かりました。
感謝!!感謝♪~ですね。