fc2ブログ

面で押し出す20cmかな

IMG_1273.jpg

今日は、スピーカー作りはお休みにして、長女、長男、孫2人、妻で一足早い母親の墓参りに行ってきました。
正式には、お寺に寄りますが、コロナの影響で初盆の法要は取り止めになり、札をいただきに行きます。

西伊豆から帰宅してから、スピーカー製作に取り掛かりました。
既に、四角い箱は昨晩に組み上がっていましたが、ステレオでの音出しはしていませんでした。
その前に、モノラルで片方ずつ音の確認をしていました。

IMG_1274.jpg

左側がW8-1808、右側がW8-1772になります。
見た目は、ほぼ同じでコーン紙とディフェーザーの色が違う程度ですが、音は全然違う別物です。
W8-1808はバスレフ向き、W8-1772はBH向きと言った所でしょうか?
自室は、反射板等が多いので高域の拡散でハイ落ちのユニットも良い感じで聞えますで、W8-1808の方が合うようです。
W8-1772だと少し高域が耳障りな部分があります。
逆に、デッドの部屋ではW8-1772の方が良い感じに聞える可能性もありますので、部屋の環境で使い分けるのが良いと思います。

こんなユニットの音色の違いですが、このままステレオで試聴しました。
やはり、能率の高いW8-1772の方に定位がずれ、耳障りな音も聞こえてきましたが、2発同時再生の迫力は満点です。
低音も良く出ていますが、やはり、下の伸びが足りません。
ダクトの面積を小さくすれば35Hzぐらいから再生が出来そうです。
これなら、次のステップに進めます。

IMG_1280.jpg

強引に持ち上げて、3Fのバルコニーで面取りを実施、お陰で肩甲骨の裏あたりから痛みが・・・・・
明日あたりに、激痛に変化しそうな予感がしています。


TangBand W8-1808・片チャンネル(モノラル)だけでもド迫力!!

IMG_12633336.jpg

取り急ぎ1本だけで音の確認をしました。
箱のサイズは、長岡式に比べるとコンパクトになっていますので、ユニットを抜けば一人で持ち運びが可能です。
このサイズでそれなりの低音が再生出来れば良いですが・・・・・・・

開口一発、ド迫力な音が飛びだしてきました。(驚)
ダクトを通常の2倍以上の面積にしていたので、超低域は伸びていませんが、量感は申し分ない。
超低域は、ダクトの調整でどうにでも伸ばせますので、特に問題視することはありません。
気になっていたのは、量感です。
量感が出ていなければ、無い物は無いので先に進めません。
・・・・・ステレオで聴いたら・・・・・

我が家が、夜中でも爆音で聴ける環境ですので良いですが、通常のお宅だとご近所が気になるところですね。
20cm級は、ある程度の入力を入れないと真価が発揮できないので、難しい面もあります。
蚊の鳴くような音量なら、10cm、8cmで十分となります。

箱のエージング、ユニットのエージングで変わりますので、本格的な調整はもう少し先なります。

ここまでは、W8-1808までの感想ですが、W8-1772は特性がFE寄りですのでこのサイズだと中高域のレベルに低音が負けるかも知れません。
どちらか、良い方の採用として貰いましょう。

後は、大変な面取りと研磨が残っています。