fc2ブログ

斜材の取り付け

IMG_145536364.jpg

工作の難易度を上げる斜材の取り付けですが、漫画図の数字の順に取り付けが簡単になって行きます。
ただ、強度の面で不安が残りますね。

①の取り付け側の板のザクリは、フライス盤等の機械が無いと難しいので素人工作のレベルでは無理。

②これは、単純に卓上の丸鋸でカットすれば可能ですが、微妙な角度をカットするのが難しい。

③板はカットせずに補助の板を取り付けて誤魔化す。

④隙間をパテ等で埋めて対応。

⑤隙間は埋めず板の角のみで空気の漏れを対応(接着剤を多めにする。)

今回は、工作の難易度を下げる実験で④と⑤を採用して箱を組んでいます。
結論から述べると、④は問題ないですが、隙間が少ないと手が入らないのでパテが旨く塗り込めないのであらかじめパテで造形をしてから行なうと酔いですが、工作レベルが少し上がりますね。

⑤は角の部分しか当らないので空気漏れが心配になります。
角をカンナで少し削ると良いですが、今回はそのまま取り付けました。
但し、継ぎ目に隙間があるかないか確認をしてから側板を取り付けました。
結果は、低域の出方に差はありませんでしたので、⑤の取り付けでも良いと思います。
経年でたまに、接着剤がはがれて隙間が出ている箱がありますが、この隙間の空気漏れが原因で低域の量感が減ったと思うことは無かったです。

出来れば①②が理想ですが、効率の良いコニカルの音道を簡単に製作するなら④か⑤でも良いと思います。

また、色々と新作で迷いが出ていますが、暫く悩んでみます。
話は変わって、今年もステレオ誌主催の付録スピーカーコンテストを開催する予定だそうです。
締め切りは12月10日で、開催予定は2月となっているようですが、コロナ次第でどうなるのか?

歌謡曲・・・Jポップが合う?OM-MF4