fc2ブログ

また、やってしまった衝動買い(汗)(汗)!!

chr120.jpgコイズミ無線さんの写真を借りました。

出張から帰ってきて全く興味が無かったのですが、何気なく MarkAudioの新商品の18cmフルレンジ CHR120を眺めていたら、不思議と興味が湧いてきて購入の手続を済ませていました。(汗)
我に返って・・・・・キャンセルの文字が脳裏を横切りましたが・・・・ま~いいか!!

ここで、大きく方向転換をする羽目になりました。
16cmの箱の実験は止めて18cmの箱を先に作ることにしました。

ユニットの堂々巡り・・・・やはり、自作スピーカー病は死ぬまで治りませんね。

諸元
インピーダンス:8Ω
再生周波数帯域:34Hz~22kHz
入力:50W
出力音圧レベル:89.31dB
最低共振周波数:34.24Hz
Mms:11.13g
Qms:2.38
Qes:0.44
Qts:0.37
Vas:58.89L
Re:7.20Ω
Cms:1.94mm/N
Sd:0.0147m2
Xmax:9mm(1way)
バッフル開口径:φ168mm

マグネットが小さいのが気になりますが、能率もQtsそこそこなので・・・・
ダンピングファクター1000のE-800でドライブすれば大丈夫でしょう。

シングルバスレフでも十分に鳴ってくれそうな気がしますが、BHBSにしなければ面白みがありませんね。
ただ、通常の感覚でBHBSにすると低音過多に成りそうな予感もしていますので、悩ましい。
いずれにしても、音を聴いてみないことには方向性が定まりませんね。

緩い音でなければ良いですが、だめなら、ネオジチューンでもしてみるのも面白い。
18cmフルレンジとしたらリズナブルですので巧くいけば儲けものですね。

16cm級リバーシ断念してシングルを1ペアー製作?

自室のテレビ用の11.2chは、現在は崩壊の一途をたどっています。
理由は、AVアンプのパワー不足で、良いところでアンプのプロテクターがかかります。
その点、オーディオ設定はch数が少ないためか?アンプの馬力が違うのか?同程度の音量でもプロテクターがかかるようなことはありません。
そんなことで、未使用のまま壁に設置されている Alpair11MSと Pluvia11が1ペアーづつあります。
そのうちの一つを使用して16cm級のBHBSの箱を製作して、MAOPの背面に設置すれば、リバーシになります。
それに加えて、MAOPの箱の作り直しにもなります。
MAOPで気になっている帯域の改善法がなんとなくひらめいていますので、失敗覚悟で試してみます。
余った旧の箱に、 Alpair11MSを入れるのも補助なので良いような気がします。

正月休みは、コロナが怖いので自宅待機で、オーディオを楽しむつもりです。
音楽を聴くも良し、映画鑑賞をするも良し、自作スピーカーを作るも良しで楽しみます。
あっ!!録音遊びを忘れていました。
ZOOM8にしてから、ポン置き状態でもそれなりに録れるのと、本来聴いている音圧の状態で録音できるのも楽しい。
きれいな録音なら、小音量でユニットの近くにマイクを置くとよいみたいです。
小口径フルレンジを飛ばさないように注意して遊びます。

本日中には自宅に帰れますので、新作の箱の音の確認が楽しみです。