fc2ブログ

ちょっと気の早い!音の確認用の箱の整備

IMG_2188.jpg

MAOP11用で製作をした箱ですが、MAOP11の音に飽きたので他の新規スピーカーユニットの音の確認用に使用しています。
最近では、MarkAudio 18cmフルレンジ CHR120Goldを衝動買いをしたときに、この箱のユニット用の穴を大きくして改造していました。
新規のスピーカーユニットが手元に来た時に、音の素性の確認で使用をしています。
この確認で箱の方向性を決めます。
それから、3ペアー程度作ると(追い込む)と良い感じの箱が出来上がります。
しかし、稀に次に進まないユニットもあります。
その理由は、箱のサイズが大きくなる可能性があるケースや基本的に音が気に入らないので追い込む気になれなですが、音が良ければ自然と箱の追い込みを掛けます。
CHR120は、パネルの奥にしまい込んで現在は、LE8T改が収まっていますが、お役御免でFE168SS-㏋の音の確認用に整備をすることにしました。

正規の箱なら、穴の内部から塞ぎ綺麗に穴のサイズを変更しますが、今回は音の確認用なので、小型のバッフルを張り付けて対応をすることにしました。
箱の取付は、ブチルゴム製の両面テープを使用して隅を目ねじで固定しています。

IMG_2189.jpg

MarkAudio 16mフルレンジMAOP11は、バスレフ向きのユニットですので、箱のサイズがFE系より大分小さい。
音は、高域寄りの音になる可能性が大ですですが、箱のサイズの見当をつけるには良いサイズです。
FE168SS-㏋は、バスレフでも良いとか?
スペックを見る限り、高域寄りのバランスになると推測していますが、人それぞれ好みも違うのでバスレフでも良いのかもしれませんね。
そのように考えると、この箱でも人によっては十分な低音のバランスで鳴る可能性があります。

IMG_218977.jpg

FE168NSのBHBSは、過去に製作して集まれ塩ビ管さんのオフ会で披露をしていました。
デッドのお部屋では、非常に良い感じで鳴ってくれましたが、FE信者の方にはハイ落ちに感じていたかもしれませんね。
スペックを見ながら、FE168ESとFE168SS-HPの違いを推測しています。
こんな時が、一番楽しいひと時ですね。





久しぶりにE800のプロテクターが掛かる?!!

IMG_2178.jpg

西伊豆の家の解体に伴い出てきたアナログ(LPレコード)の中に、大好きなカーペンターズのレコードがありました。
40年以上の歳月を感じさせない状態でした。
40年ぶりに針を落として奏でたイエスタディ・ワンス・モアの音は、懐かしいメロディーと言うか音でした。
CDで聴き慣れた音源と少しキックの音が違うように編集?されている。
CDの方が今風に編集されているのか?アナログのキックは緩く締りないウーファーを聴いているように感じましたが、これはこれで懐かしく当時のことを思い出された。

そんなこともあり、久々にカーペンターズのCDを買いました。
オーケストラとのコラボ風?に編集されているようなので、興味を覚えた次第です。

IMG_21536656.jpg

このCDのイエスタデイ・ワンス・モアのキックが、アナログの音源と似ている?
調子に乗ってボリューム位置を少し上げたら・・・・・・E800の電源が落ちてしまった。(大汗)
ボリューム位置で10時ちょっと程度なのに、キックが盛大に鳴り出した時に発生!!
低インピーダンスで過電流が流れたのら理解は出来ますが、ウーファーは16Ωなので逆に???
ただ言えることは、低域の量感がたっぷりなCDと言えますが、パーカッション系でもないのに凄いエネルギーが入ったCDですね。

他のスピーカーで試して確認をしてみますが、現状ではスピーカーが破損する恐れがありますので、折を見て16cm級で確認をしたいと思います。

広い部屋のルームチューンは不要?

色白は七癖隠すではないですが、広い部屋は部屋の癖が出にくいように感じています。
音の特性で、平行面の中心では位相反転の影響で打ち消し合いでディップかその逆のピークが発生します。
ステレオは、どうしても中心で視聴するので部屋によっては酷い影響を受けることもあり、ある帯域がすっぽり抜けて聞こえない状況になる。
そこで、知識が無いと機器類など交換に走ったりします。
この場合は、高額な機器類は銭失いで根本的な解決策にはならない。
そのような音の特性ですが、距離があると影響が小さくなります。
距離に対する音圧の減衰が影響していると思います。
特に周波数の高い帯域は、音波のエネルギーが低音と比べて弱いので顕著に表れます。

この距離による音圧の減衰が、スピーカーの特性を生かしたり殺したりするので、部屋の環境でスピーカーの評価が分かれます。
特に、FEは部屋の特性に左右されやすいと感じています。
FEは、広い部屋かデッドの部屋で無いと良い感じで鳴らないイメージが強いです。
例として、集まれ塩ビ管さんのオフ会の会場は、超デッドで部屋も超広い。
最初の頃は、自室でチューニングした箱を持参していましたが、ハイ落ちになって思惑と全然違う音になっていました。
それからは、好んでFEを持参して好印象が得られていましたが、逆に自室では高域寄りの煩い感じの音になっていました。
自室のルームチューンとFEとの相性が悪いのだと思います。
残響を伸ばすには、吸音はNGで高域の反射を利用していますので、自ずと高域のエネルギーの多いFEが合わないのは当然です。
逆に市販品の高域は、日本家屋に対して大人しいから、ルームチューンが有効なのかもしれませんね。

昨日、衝動的?にFE168SS-HPのの注文しましたが、今年度中に1Fのリビングのリフォーム計画していますので、その部屋用のスピーカーを何にしようかと検討をしていました。
そんな折りに、FE168SS-HPの限定販売が目に留まりました。
最初は、FE138ESRを連想させるような恐怖心を感じたのは事実です。

その考えを払拭できたのは、広い部屋の距離による中高音の減衰効果が望めます。
リフォーム後の部屋の広いさと無ルームチューン(大汗)単なるクロス壁)の状況では、FEの中高音が良い感じなのではとの期待感に押されたからです。

IMG_2173361111111111.jpg

F特からは、EΣに毛の生えたような感じですが、現在、16cm級のFEの手持ちが無いので性能面から見ると超高額な製品ですが、高額は単なるふっかけでは無くて、良い音がするとの期待料と考えています。
もっとも、F特は目安で箱次第でどうでもなりますので、F特より駆動力などを重視したいと考えています。

余談ですが、F社の製品は海外と国内との金額差が小さく、並行輸入より国内で購入をした方がお得です。
他の外資系は、金額差が大きくて面倒臭いですが、購入時に並行輸入が脳裏を過ぎります。
急ぎの場合は、高くても国内通販? 
今回は、コイズミ無線さんで注文しました。



Fostex FE168SS-HP・・・・・困ったことに衝動買いの病気が再発♪~♪

img_21778936.jpg

【ダンパーとエッジに、UDRT(Up-Down Roll Tangential)形状を採用。】
なぜかしら?このユニットのデザインを見ていると遠い昔?の記憶なのか?FEで心躍らせられた過去の記憶で血が騒ぎ始めます。
どうも?口径が16cmには弱いようです。
それと、センターキャップにマグネシウムを使用していないのも興味をそそりました。

物欲が理性を上回った結果、ポチりました。(大汗)

サブコーン付きなら、見向きもしなかったと思います。
FEのサブコーンはデザインと音で好きになれなく、手元にあるユニットは皆無です。

IMG_21736661111111.jpg



手元にある好きなデザインのユニットは、AVで頑張っています。


●セルロース・ナノファイバ・ コーティング HP形状振動板
●大型フェライト磁気回路
●高剛性アルミダイキャストフレーム
●優れた振幅応答性を持つUDRT ダンパー/エッジ
●ハトメレス構造


FE168SS-HP
インピーダンス:8Ω
最低共振周波数(fs):54Hz
再生周波数帯域:fs~ 25kHz
出力音圧レベル(spl):91dB/w(1m)
入力:27 W
Re:7.4
Le:0.4
Mms:9.54
Cms:0.91
Bl:8.81
Qms:1.94
Qes:0.31
Qts:0.27
Vas:16.54
実効振動半径(a):6cm
総重量:5,300g
バッフル開口径:Φ151

スキャンは棚上げにして、しばらくはF社で楽しむのも有りですね。

さて、どのように料理をしましょうか?
過去の作例を検討してから、漫画図を描くつもりです。

☆気になるのは1500Hz~1900Hzのピーク・・・・・・・・
まぁ~聴いてみないとわかりません? 気に入ると良いのですが・・・・・・・・・


次から次に気になる製品が出てくるので、この趣味は体が動く内は飽きないで済みそうです。



ミッドバスは、疑似逆ホーン密閉

IMG_216833.jpg

ハイエンド自作スピーカーの妄想の具現化を始めました。
バッフル面積は20cm×20cmして、バッフル効果を極力減らすつもりでします。
板厚が20mmなので、密閉の内部に逆ホーンにするための仕切りを入れて側板の強度を上げています。
格子部分は穴を空けてツイーターのボックスと連結します。
密閉だけど一種のチェンバー+逆ホーンの構造しますが、結果は音を出すまで分かりません。
基本的には、密閉なのでシングルバスレフとは傾向は違う音になると思います。
BHBSで極端な共鳴を利用することもありますが、ハイエンド自作スピーカーは密閉に徹します。

箱は作り始めますとペースが速いので、即!ユニットが欲しくなると思いますが、只今、円安気味なのと送料が高さそうなので迷いが出ます。
日曜日に鉄人Wさんとの会話の中で出た言葉ですが、迷うときは欲しいから迷うのであって時間の問題で購入すると言っていました。
言われてみれば、迷いが出ると必ず購入をしていたように思います。(大汗)

スキャンの2wayとアキュフェーズのA48を手に入れることは迷いでもありますが、夢でもあるから時間の問題でいずれは手に入れるのだろうと思います。……あきらめなければ・・・・・になりますが・・・・・

夢?迷いの具現化?

IMG_2166.jpg

ミッドバスの箱を作り始めました。

IMG_2167.jpg

IMG_2168.jpg

板材はソフトタッチのメルクシパインを使用しています。
アカシアの集成材と迷いましたが、硬すぎると変な音色が乗る時もあるので癖の少ないパイン系にしました。
既存のメインもパインなのでデザイン的にも違和感が無いのも決めた理由です。


メインの心臓部のリニューアル?

IMG_2163.jpg

昨日、Wさんの訪問時に珍しくお褒めの言葉をいただいていました。
Wさんが自宅を訪問するのは、3年以上前だった?もっと来ていないかもしれません。
現状のメインの音は聴いていなかったと思います。
オフ会で他のお部屋では、良くお会いしていましたが、自室は久々でした。
Wさんは、高音フェッチなので低音の話をすると話が続きません。
Wさんのリファレンスソフトで試聴した結果、高級な音がする、高域の細かい泡立ちが今までになく良いと言われた。
食事の後も、スピーカーが良いのかアンプが良いのかと???と独り言を言っていたので、おそらくはCDプレーヤーのお陰かもしれないと伝えました。

写真の丸の中はメインの心臓部です。
ウーファーを変えてから、クロスの帯域が上に移動したので中低域が充実しているので、上部のユニットは休眠中です。
アンプの追加かスピーカーユニットの交換か迷っていましたが、先にスピーカーユニットのグレードアップをすることにしました。
スキャンスピークのフラグシップに位置する2wayを構築する予定です。
現在でも、ある一定のレベルまで到達しているメインですので、ユニットを好感してもびっくりするほどの変化は望めないかもしれません。
資本投下率は最悪になる可能性もありますが、そこが拘りでもあり、趣味のなせる業です。
経済性をまじめに考えると馬鹿と言われそうですね。(笑)

ユニットは、コロナが下火になったころに仕入れようと考えています。
仮の見積もりをしたら、送料がバカ高いので様子を見ます。

そこで、先に箱の製作をすることにしました。
見た目では、ツイーターの箱は流用が出来そうに思えたのですが、外形で20mm大きくなるので作り直しになりました。
ミッドバスは、30mmも違いますので、当然作り直しです。
今回は、最初から密閉の箱にしますので、ツイーターの箱とミッドバスの箱を連結させて箱の容積を稼ぐつもりでいます。

IMG_369871036987.jpg

約20ℓの容積が確保出来そうです。

IMG_21583.jpg

3×6材を2枚使用します。
先に箱を作ってしまえば・・・・・後は身を入れるだけですね。(汗)





Alpair5 vs OM-MF4 付録との値段差があるか?

PCが新品同様にすこぶる調子が良いです。(感謝!!)
テレビの下を片付けていたら、誇り?埃まみれになった小型ユニットが出てきました。
そのユニットは、MarkAudioの初期のAlpair5だった。
(?)脳裏に悪戯心が湧いてきましたので、余っているOM-MF4の箱のユニット取り付け口を大きくしてAlpair5を取り付けて、音の違いの確認をすることにしました。
ソフトは、最近好んで聞いている英国の16歳の少女ルーシー・トーマスのメモリーで対決です。
このソフトには、重低音が入っていますが果たして小口径で再生できるか?

最初は、付録からです。




続いてalpair5です。



見分けは、動画で箱の前後が入れ替わっているので、分かると思います。

双方とも、小口径としていい感じで鳴っています。
部屋の力と動力系は、アキュフェーズの単体ではフラグシップなので、それなりに鳴ってくれますね。

おまけでタンバンのW3-1878も同じ音源で録音しました。


W3-1878になります。



如何でしたでしょうか?
小型ユニットでの録音遊びでした。




工作 【改造編】

3Fの屋上に出る前に、ユニット取り付け口のガイドを段ボールで作成して、カットする部分の線を引くとにしました。

IMG_2153.jpg

オスモで塗装していますので、鉛筆では線が分かり難いので、CDに書き込み用のペンで書きこんでいます。

IMG_2154.jpg

これで、切断をするだけになりました。

IMG_2157.jpg

ジグソーの刃を造作用の新品の刃を使用しましたので、切り口が綺麗ですね。

IMG_2158.jpg

ダクトもトリマーで面取りをして見た目を良くしています。

gs3601259.jpg

流石に、シングルとリバーシとでは箱のサイズが違いますね。
OM-MF4用のシングルの小型箱と言えど石田式BHBSですので、シングルバスレフの比ではないくらいの低音の再生力(量感・質)に差は出ていると思います。
しかし、相手が格下付録ユニットと言えどリバーシでは、少し分が悪いかもしれませんね。
値段差を払拭が出来るか!!




流石!鉄人Wさん・・・見事PCが回復・感謝♪~♪

先週、PCの画面上に定期的に表れていた再起動を進める四角い画面は、ウイルス系?だったようです。
Wさんのおかげで、メール受信が可能になるとその画面を開いて間もなく脅迫メールが連続で4通来ていたことが確認できました。
時間を置いて来ていた内容は、お金を払わないとPCの内容をネット上にアップするとかしないとか?
実際は、よくわかりませんが、タイミングが一致しています。
論は証拠ではないですが、リカバリーを掛けたら、嘘みたいにインターネット速度が速くなりました。
めったに出ませんが、変な画面が出たらスルーに限りますね。(大汗)

メールが受信できると、ここからは早々に各アプリが開通状態になりました。
エクセルの情報も生きていましたので、新作の漫画図を描けるようになりました。
息子にも連絡を入れなければなりませんね。

お騒がせしましたが、何とかって一安心しています。

W4-1879リバーシ 【ターミナル位置変更】

スピーカーターミナルの位置を底板にして、リバーシしたときに見栄えを良くしていました。
しかし、取り扱いに不便を感じて通常の位置にすることにしました。
リスナーからスピーカーの距離がある場合は、ダクトの位置はあまり関係ないように聴こえます。
そこで、ダクトのない方にターミナルをつけることにしました。
簡単に出来るかと思っていたら、案外大変でした。

IMG_2119.jpg

スピーカー台の中央に穴をあけてあるので、その位置合わせが大変でした。

IMG_2123.jpg

ターミナルの取付用穴のサイズは10mmだったので、穴を塞ぐのに10mmのダボで対応をしましたが、???ダボの方が細い。
これでは、使い物になりません。
ダボ製作は出来ますが、面倒くさいので市販の12mmnのダボを使用することにする。

IMG_2125.jpg

12mmでは、流石に大きい!!
無理して叩き込むと板が割れる恐れがありますので、穴を少し大きくする必要かあります。

IMG_2128.jpg

11.5mmのドリルサイズがあれば良いのですが、11mmしかなくてこのサイズで対応をしました。
少しドリルの刃を揺さぶって大きめに穴を空けました。

IMG_2130.jpg

ボンドを付けて穴にダボを叩き込む。

IMG_2131.jpg

ゴム製のクッションハンマーでダボを叩き込んで、穴塞ぎは完了です。

IMG_2132.jpg

ここで、問題が発生。
バッフルの板厚が30mmありますので、そのままではスピーカーターミナルのねじの長さ短い。
いつもなら、事前にインナー側の板に穴を空けて対応するのですが、今回はそんな処理はしていません。
そこで、ダクト用の穴に電動インパクトドライバーを入れて35mmの穴を空けることにしました。
当初、100v用のドライバーで挑戦するが、大きすぎて箱の内部に入らない。(大汗)
そこで、少し小型のバッテリー式に交換して、何とか箱の内部に入れることが出来ました。
ここで、また問題が・・・・・ドリルの長さが短い・・・・・・・確か、ジョイントがどこかにあったような?
ジョイントを見つけて何とか、35mmの穴を15mmほど陥没させることが出来ました。(ホッ!!)

IMG_2141.jpg

市販ダクトに、サランネットを付けて箱の内部を見えないようしています。
多少の高音の漏れは吸音?してくれるかもしれませんね。

IMG_2151.jpg

特に、音質が変わったということはありませんが、スピーカーの交換が楽になりました。
マイクロソフトのサイン時のパスワード忘れたために、コードをメールで習得すれば事は簡単なのですが、メールの受信ができない。
お陰でエクセルが使用不能のため、新作の漫画図が描けないでいますが、明日にPCのプロのWさんが来てくれるので解決するでしょう。

OM-MF4 ニアリスニング・お遊び録音での試聴

短期の出張から帰ってきたら、PCの調子が頗る悪くなっている。
メールを確認することも出来ず、ウインドウズ365系もすべて開かず、インターネットだけ時間をかければ開ける状態なっていました。
静岡市にいる息子に連絡を取り合って操作をしましたが、だめで奥の手のリカバリーをかけることにするが、パスワードではねられて?????状態。
走り書きをしてあったPINをだめもとで打ち込むとリカバリーを受け付けてくれました。
このPINのパスワードだったのだと安心をしたのですが、リカバリーが済んで諸手続きを開始するとこのパスワードもエラーになった。
肝心のメールが使えない状態なので、メールに本人確認のコード送ってもらっても確認が出来ない。
コロナが下火になれば息子も帰ってくるので、その時になんとかしてもらうことにしました。
それにしても、腑に落ちないのが画面に出た再起動のお知らせです。
再起動をしたらこの状態になってしまった。
ウイルス検索をしましたが、特に異常なしであったので、新手のPC攻撃か?
釈然としないですね。

リカバリーをしたら、エッジとメディアプレーヤーは通常に戻りました。
そこで、YouTubeにログインして録音遊びの音源をアップした次第です。

ニアリスニングの位置は、部屋のコーナーになるので必然的に低音の量感は増えます。
PCの画面に、醜い僕の姿が映し出されていたのでバスタオルでPCの画面を覆って対応しましたが、このタオルが微妙に高域の生気を吸い取っているようです。
ルームチューンで壁に吸音グッズを張り付けたような感じですね。(汗)
スピーカーとマイクの距離は約1m弱、約4mとの差が出ているでしょうか?














IMG_2118.jpg

ニアリスニングも色々と思いますが、部屋の位置などのセッティングと距離感で随分と音の聞き取り方が変わります。
そして、PCの操作をするときには、PCの画面から距離は60cmほどまで近づきますので、スピーカーからだとまだ近くて50cmくらいまでになります。
そこで、気になったのはダクトのからの音と直接音との違和感でしたが、ダクトをリアにしたら解決が出来ました。