fc2ブログ

スーパースワン改に負けたⅮ-37改

IMG_2197.jpg

Stereo誌2002年7月号の読者宅訪問編の時の自室の様子です。
当時は、バリバリの長岡派で、軸組木造住宅の洋間10畳で音楽を楽しんでいました。

この写真に写っているⅮ-37は、2作目の改造したものです。
改造と言っても、横幅を20mmほど広げたものでした。

Ⅾ-37を図面通りに製作したら、個人的な感想ではスーパースワンより低音が出ない・・・・勝負にならい状態でした。
そこで、改造をして2作目を作りましたが、多少は量感が増えた程度でスーパースワンの低域の量感には及びませんでした。
唯一、勝てたのが爆音時に超低域が崩れずに再生が出来たことぐらいです。
この時の爆音が原因で、ご近所から嫌味を言われるようになりました。
タイミング的に家の建て替えを考えていた時期だったので、家族を地震に強い家は鉄筋コンクリート住宅と説得をしていました。

話がそれましたが、BHも16cmを境に超難しくなり、FEの20cm級では、超ひどい目に遭っています。
原因は分かっていますが、文言が長くなるので伏せます。
FE168SS-HPも石田式BHBSで箱を製作しますが、通常の考え方だと望む低音の量感が厳しい。

IMG_218977773336.jpg

上記の漫画図は、左はⅮ-37(音道幅240mm)、右はメーカー指定箱(音道幅250mm)左右は対照的な音道になっていることがわかります。
Ⅾ-37は直管の連続で音道長も長くホーンの折り返しも多く広がり率は小さい。
メーカー指定箱は、コニカルで折り返しも少なく広がり率も大きいので、真逆を行っています。

僕は、箱の容積を無駄なく使用するので、この2つの箱とは別の音道を形成して、ダクトで低域を締めて下を伸ばします。
大事なのは、BHではどうしても痩せて聞こえる帯域の中低域の充実も考えなければなりません。
この点は、BHBSにしても基本が共鳴を利用したBHなので、位相反転での打ち消し合いの谷が出来易い。
10cm級では、何とか解決の糸口を掴んでいますが、16㎝級は手探りです。
今のスキルなら、低音の量感を伸ばすのは簡単ですが、程よいミッドバスからミッドの密度を充実させて高品位の音作りが出来るか?

久々に、茨の道を歩みそうです。
いずれにしても、音を聴いていないので推測の域を出ませんが、BHならスーパースワンにヒントが隠されているような気がしていますが、デザインでNGとなるので、推測で終わりそうです。
一から音の性質を勉強しないと厳しいかもしれませんね。(大汗)