fc2ブログ

FE168SS-HP用石田式BHBS 箱の練り直し

IMG_224600225.jpg

今月の中旬に手元に手元に届くであろう?FE168SS-HPの箱を真面目に考えなければならなくなりました。
当初、メーカー指定BH風に箱の漫画図を描いたまでは良かったのですが、いくつか不備が出て来ました。

まずは、板の使用枚数とそれに伴う重量の増加です。
当初の箱だと、18mm×910mm×1820mmの板が4枚ほど必要になります。
アカシアの比重は、芯で1.2もありますので、安物の集成材でも比重は1近くあると推測します。
比重を1と仮定すると1枚あたりの重量は約30kg・・・・A-48より少し軽い?程度になります。
ここまでは無いにしろ、25kgはありそうですね。
1本あたり50kgは、流石に3Fまで持ち上げるのには辛いところがあります。

次は、コストで1枚減らすことが出来れば7,000円以上のコストダウンになります。
重ければ音が良いわけでは無く、効率よく補強をしながら箱の内部の容積を増やし大きく空気を動かすことが肝になります。
漫画図ももう少し肉をそぎ落とさないと重く移動が大変になります。
この漫画図で、3枚あれば出来ますが、フロントバッフルの軽量化のために板に穴を沢山開けようかと考えています。

IMG_2246999987.jpg

この漫画図の音道は、20cm級で成功をしています。
シンプルで短く広がり率の大きな音道は、効率よく程度の悪い低音を再生してくれます。
通常のBHでは、とても聴けたものではないと思います。
その暴れ馬的なブーミーな低音をダクトで締めて、量感、下の伸び、質感を改善する予定です。
さて、音道の横幅を何cmにすれば良いか?
音を聴くまで楽しみですね。



A-48のプロテクターが珍しく掛かる?

音楽を聴いていて煩くなること無く聴いていると、知らず知らずに音量が大きくなっています。
それは、便利なリモコンがあるので好きな曲になると音量を条件反射的に上げています。
音量の上げ過ぎでプロテクターが、掛かると言う事態に我慢が出来なくなり、パワーアンプの追加をしていました。
A-48を加えてから、プロテクターが掛かることはありませんでしたが、以前より音圧を上げて聴いていたら?珍しくプロテクターが掛かりました。!?
きっと、許容の範疇を超えたのだと思います。
やり過ぎですね

自分なりにプロテクターが、掛かった原因を探っりましたが、推測の域を出ません。
分かっているのは、プロテクターが落ちる時のタイミングやソフトは、決まってキックの量感の多いソフトを大音量で聴いていた時でした。

推測では、メーカー想定外の16Ωでウーファーを使用しているのが原因のような気がしてきました。
A-48の出力は、8Ω45W、4Ω90W、2Ω180Wのリニアティで推移していますので、単純に考えて16Ωでは22.5Wの出力になる?仮定する。
この状態で、爆音に近い音量、音圧を上げるとパワー不足と加熱が発生してアンプのオーバーロードになると推測しました。
アンプの電気回路の仕組みと因果関係は、よくわかりませんので間違えた推理だと思いますが、試したいのが人情です。

そこで、ミッドバス付近の量感が少し多いようにも感じていたこともあり、試しにパラレルで接続として4Ωでローパスを組むことにしました。
今でのクロスポイント約289.5Hz16Ω12dB/oct (L=16.36)
新クロスポイントの予定は、約174Hz4Ω12dB/oct (L=6.8)と考えています。
ただ、盲点がありました。
4Ω化にするとLは小さくて済みますが、その代わりにCが大きくなります。
Cをフィルムで計画すると費用が嵩みますので、やむなく電解で対応、コイズミ無線さんにダクトと併せて注文しました。
16Ωでは、Cはフィルムを使用していましたので気になりますが、鈍感な低域なら大丈夫でしょうと自己に言い聞かせています。

非常に単純な発想ですが、これで音圧は上がるし、アンプのパワーも倍の90Wになるので良いような気がします。

実は、もう一つ素朴な疑問があって音圧の調整でゲインを下げる必要性があるので、その場合も一定音圧まで上げるのでパワー面でアンプ側に負担を掛けそうな気がしますが・・・・よくわかりません。

考えていても仕方ないので、実践あるのみで結果が良ければそれで良い?
そうなると、A-48を買わなくて良かった?(涙)・・・・・・そんあことはありません。
間違い無く音質は向上していますので、購入は正解でした。