fc2ブログ

フライングモール・CA-3S(改) vs アキュフェーズ・E-800

IMG_2358.jpg

広島の岩田さんからフライングモールのCA-S3をブログネタで、お借りしています。
ありがとうございます。 感謝!感謝!感謝!

CDプレーヤーは、アキュフェーズのDP-750を共通の音源にしてE-800との無謀な対決です。
アキュフェーズの製品は、金額に比例した物量投入に音質と信頼できるメーカーですので、音質差が顕著に出るでしょうか?
写真の赤丸部分が、CA-S3になります。
価格は、13倍近い価格差で音も同じくらい違えばと思いますが・・・・・・そうは問屋が卸しませんね。(汗)
3万円のアンプに負けた100万円のアンプの事例もありますので、実験が怖い気もします。

音も、13倍良ければ良いのですが、音は良くなれば良くなるほど投資した金額との効率は悪くなるので、話は簡単では無さそうです。

IMG_2363.jpg

スイッチを入れて無音状態での感想は、わずかにノイズが聞こえて来ましたが、許容の範疇で音を出すと気にならなくなりました。
音の感想は、聞き比べなければ十分な性能を発揮しています。
Dアンプのイメージの薄い感じは無くて、十分厚みを持っています。
ただ、CDプレーヤーの影響のような気もしていますので、判断が難しいところですね。
高域も細かな泡立ちもあり、情報量も十分です。
欲を言うと低域の立ち下がり、立ち上がりがもう少し良ければと思った次第です。

IMG_2366.jpg

スピーカーは、TBのW4-1879を片チャンネル2本使用した石田式BHBSのリバーシです。
石田式BHBSとしては、ダクトの径が少し大きめにしていますので、低音の量感重視にしました。

それでは、お遊び録音の披露です。
音の違いは、耳では顕著に分かりますが、録音では??






資本投下率では、考えさせられる部分もありますが、流石は日本を代表するハイエンドメーカーです。
これなら、ブラインドでも分かります。
CA-S3も話題になっただけ有って、値段からすると素晴らしアンプと思います。
この勝負は、大分酷な勝負になってしまいました。

☆このCA-S3は、カプラーレスの省接点化アンプに改造しているので、他のCA-S3が同じ音がするとは限らないようです。
道理で、印象が違って感じた訳です。
ノイズフィルターでノイズの処理もしているようです。
詳しくは、こちらから・・・・