fc2ブログ

FE168SS-HP・正弦波スイープの動画

F特も、ホワイトノイズだけでは面白くないので、正弦波スイープの音源を使用してリアルタイムで測定をしました。
低音は、部屋の影響を多分に受けているようですが、65Hzの盛り上がりは捨てがたい。
100Hz付近の凹みは、メインでも表れていましたので部屋の特性かもしれません。

FE168SS-HPシングルの測定



録画用のマイク位置は、PCに向いていますので、録音がいい加減です。
13kHzを越えたあたりから????(大汗)

いい加減なF特で迷いが・・・・

FE168SS-HPの音の素性で、西伊豆から帰宅後音の確認をすると普通に聞こえる!?(汗)
そこで、メインと聞き比べをするとメインの音が籠もって聞こえる。(大汗)
やばいですね。
耳が、FE耳になっている。
こうなると、メインがメインでいられなく原因になります。
FE168SS-HPの追い込みを掛けて、飽きれば耳は元に戻りますので、暫くはFE168SS-HPをオーディオライフにします。
それにしても、FEとしたら大人しい部類に入るFE168SS-HPですので、驚きです。
どちらが、本当なのか?
FE168SS-HPの抜けの良さは、癖になります。


アールefuさんからの指摘で、ディップが気になる話がありました。
個人的には、ディップより、ピークが気になっています。
話題に出ている7kHzは、サ行の余韻が気になる程度で寧ろ1.5kHz~2kHzの山が気になっています。
そんなこともあり、凝り性の質なのでいい加減なF特を試しに行いました。

Fostex

実は、F特は、滅多には行いません。
耳で聞いて良ければ特にしていません。

理由は、簡単で音を見てしまうからです。
音を見るという事は、見た時点から先入観が発生してしまうからです。
2way、3wayなどで、聴感上で繋がりがに違和感を感じる時には、希ですがF特で確認します。
ステレオ誌のコンテストでも測定の明記云々が記載されていました。
音の楽しさは、F特だけでの判断は難しいと考えています。
測定している環境が、同一の環境ならまだしも、部屋の特性に支配される傾向がありますので難しいのでないかと思います。
機器の性能差、個人の能力差などあります。
故に、個人的の見解では、耳で聞いて本人は良ければ、測定は不要と思っています。

・・・・・・知らぬが仏と言う諺が脳裏をかすめましたが、気にならなければ良いのではないかと思います。
気になったら、改善のために測定は必要だと思いますが、F特をフラット化するのは容易です。
しかし、音楽を楽しめる音では無いから悩ましいですね。
もしかしたら、自分の聴力のF特が狂っているのかもしれませんね。(大汗)

フルレンジ
(フルレンジ単体)

いい加減な測定が正しいとして、やはり9k~11kに掛けて凹んでいますが、FostexさんのF特ほどで無いですね。
聴感上では気になっていませんが、見たので気になり始めました。
今後は、僕の勝手な思い込みなので、独り言とスルーしてください。

次は、プラスツイーターでツイーターはT925Aを0.33μFでローカットして繋いでいます。
T-250Aの能率は108dBありますので、アッテネータを入れない繋ぎとしたらこんな物でしょう。
フルレンジのプラスツイーターは、スパイス的に使用していますが、これで結構効果があります。
ですから、F特はフルレンジのみと大して変わりません。

そこで、試しにF特のフラット化をしました。
コンデンサーの値を0.33μFに2.2μFを足して2.53μFとして、7856Hzから6dBの減衰、この上の帯域までは108dBのツイーターの音が支配します。
だら下がり、相当下の帯域まで影響をしますのでF特の見た目のフラット化は可能になります。

フルレンジ_T925A 2.53μF

ほぼ、グラフ上では平らになりましたが、耳で感知する音は中高音のレベルの高い聴くに堪えない音でした。
僕のF特の取り方が悪いのでしょうね。
無響室で、メーカー製のスピーカーのF特のフラットを目の当たりにしましたが、籠もった酷い音でしたので真逆な結果になっています。
やはり、僕のF特の取り方がまずいのかもしれませんね。
ここまでは、独り言とスルーしてください。

お遊びでF特を取りましたが、今後は自己の耳のみで音を確認しながら箱を纏めていく予定です。