fc2ブログ

リニューアルしたアカシア集成材使用の石田式BHBS・・・試聴

自作スピーカーの面白みを肌で感じています。
明日は、遠方のHidekonさん
が午後から見えられますので、録音では無くFE168SS-HPの音を直接、聞いていただけます。
迷走して色々と遊ばせて頂きましたが、遊びの中からの発見や原点の見直しなどあり、改善の糸口を見つけることが出来ました。
ちょっとしたさじ加減で、美味しい料理になるような感覚で音が改善されました。
と言っても、粗を探せば多少は出てきますが、気にならない範疇であり、長時間のリスニングが可能となりました。

もしかしたら、悩み抜いたあげくの自己暗示?かもしれませんね。
明日、Hidekonさんに有りの侭の感想を伺いたいと思います。

それでは、下手な録音を実施しました。
マイクロ・トレーダーさんからのコメントも頂きたいので、前回と同じソフトで録音しました。



サブ・ウーファーもツイーターもありません。
ましてやネットワークもアッテネーターも存在していません。
FE-168SS-HP1発の音です。
楽器のソロの確認もしたいと考えています。

ヘッドホーン、イヤーホーンで音が変わるのが、悩ましいですね。
MDR-CD900STが基準?


こちらは、リアルタイムで波長を確認。



40Hzから出ていますので、下の再生能力は上等です。
試しに、30Hzの信号で確認するつもりです。
低域の量感をダクトを増やすことで増やしましたが、10cmのダクトは、196cmに戻しているので、下が伸びている可能性がありますが・・・・・・よく分かりません。(大汗)

ここ2週間は、正に自作スピーカーのロマンでした。

石田式BHBS・FE-168SS-HP 【研磨・塗装・仕上げ完了】

IMG_2573.jpg

石田式BHBS・FE-168SS-HP・アカシア・バージョン完成。
音も?完成。

早朝より、追加のダクトの穴を計4つ開けてから、研磨に掛かりました。

IMG_2570.jpg

1個300円足らずの安いダクトを4つ使用していますので、1000円程度の金額投資での音質改善です。
果たして、音質は改善できるでしょうか?
経験では、現状の中低域の様子からだと、この程度のダクトの追加で良いと推測しています。

IMG_2561.jpg

最近の研磨の様子です。
R加工風にして、気持ちを入れ替えています。
TBのリバーシから、この曲線を採用しています。
炎天下での撮影なので、板の色がトップの写真の色と異なりますが、トップの写真の色になります。

IMG_2566.jpg

オスモのノーマルクリアーを塗り込んで、アカシアの木の色を醸しています。
やはり、炎天下では写真の色合いが変わります。
本当は、こちらの色なら申し分ないのですが・・・・・・

今、完成した石田式BHBSのFE-168SS-HPバージョンを聴いています。
少し高域のエネルギーが強いですが、今までの音とはひと味違う。
中高域のエネルギー感を取ってしまったら、FEでなくなりますので好みではこの音は必須になると思います。
もう、CD2枚目を連続で聴いていますので、昨日までの音が嘘のようです。
メインと比べると、中高域を主張していますが、これはこれで、気持ちの良い鳴り方をしてます。
特にドンパチ系は素晴らしい!!
低域が改善されると、高域の癖が軽減されるようで気にならなくなりました。
独特の共振音はどこへ行ったのか?
女性ヴォーカルも生々しいですが、録音すると???? 

結果、ダクト2カ所増やした事は、成功でした。

後ほど、下手な録音をアップします。


・・・・・・・・・疲れました。・・・・・・・(大汗)



FE168SS-HP プラス サブ-ウーファーで得たこと

3698712578.jpg

昨晩のFE168SS-HPへの掟破りの所業で、フルレンジにネットワークの混入、挙げ句の果てにサブウーファーまで追加してメイン風な音作りにしていました。
少しさじ加減で中高域のレベルを上げていたくらいで、メインに近い音の傾向だったと思います。
個人的には、フルレンジへのネットワークの混入は悪いことで無いと考えています。
昔から、プラスツイーターで高域を補っていますが、ツイーターにはローカット用のCが入っています。
しかし、フルレンジはフルレンジのままです。
FE208ESのように最初からレンジが狭くなっていれば理屈は通るのですが、フルレンジの質の悪い高域とコラボさせても?と感じていました。
僕は、重なる帯域に癖(ピーク)が有る場合は、逆相にして打ち消し合いを狙って調整しますが、それなら、最初から良質なコイルを使用して気になる帯域をカットした方が良いのではないかと思う節があります。
ウーファーでも中高域にピークがあり、帯域によっては低い位置でクロスを組むのですが、その時はツイーターの再生周波数が気になり始めます。
故に、ホーンツイーターより、ドームツイーターを使用する傾向が強いです。

いつのも調子で、話が逸れ始めましたので本題へ
昨晩の実験で、ネットワークを入れて全体的に滑らかで聞き易い音に替えましたが・・・・何か足りない?
F特上は、滑らかになっているはずなのです?が、音の線が細いので高域寄りに聞えてくる。
そこで、気がついたのは150Hzあたりから500Hz付近の量感が少ない。
声に肉が付いていないと気がつきました。
そこで、メインのサブウーファーの登場なり、それなりに目指す音に近くなりました。

ネットワークを駆使する前に、まだ、やることがある。
これは、推測の域を出ませんが、やってみなければ分からない!!
禁断のミッドバス帯域にメスを入れることにしました。
方法は簡単で、ダクトの面積を増やせば良いだけです。
ただ、最低域の再生は犠牲にしますが、40Hz付近までならなんとか再生が出来るでしょう。!?

これから、穴を2つほど開けます。
ダクトは、径76mmを2つにしました。
最初から大きいものにすると、やり過ぎの時に調整が大変になりますので小さいダクトを複数個使うことにしました。
必要なら、後付で2つほど追加しても良いと考えています。
結果が芳しくなかったら、穴を塞げば事は足りますし、リアなので目立たない。
それでは、実験の開始です。

妻に叱られますが、文章の見直しは時間が勿体ないのでしていません。
誤字脱字があったら、管理人のみのコメントでお知らせいただくと幸いです。(汗)