fc2ブログ

ハイエンド・ミッドレンジ誕生

IMG_2584.jpg

石田式BHBSは、趣味のお遊びと位置づけて自作スピーカーを楽しんでいます。
当初、低域の量感が多くて扱い易いと感じたFE168SS-HPでしたが、やはり、ミッドハイから高域に独特の癖を感じてから、癖の誤魔化しで迷走をしました。
低域、中低域の量感を増やすことで、気にならないレベルまでなったので、ここで一種の達成感が得られました。
そうなると、後は一直線に飽きるだけです。(大汗)
今回の迷走中に、素晴らしいミッドレンジを見つけれたことは大収穫でした。

そこで、早朝!!
追加でFE168SS-HPの販売先を探した結果、某サイトにあったので購入手続きを開始したところ、カードがエラーになるばかり?
与信限度は100万円なので、そこまで使用していないし、A-48はキャッシュで購入していたので、限度額オーバーは考えられなかった。
その内に、カード会社にお問い合わせ下さいとのメッセージ???
もう一枚のカードで試すが、暗証番号を求められて忘れていたのでNG・・・・・もう、諦めるしか有りませんでした。
それに、天の声で止めろと行っているような気がして諦めました。
試しに最初のカードで、アマゾンで買い物を試みましたが、また、NG。
カード会社に訪ねて、やっと解除した次第です。
某サイトが悪いわけでは無いですが、このサイトでなりすましがあるので、カード会社がセキュリティ上、ブロックをしてくれたようです。
新規取引は、カード会社もセキュリティを強化しているので、安心できます。

又、話が逸れました。
BHBSから、待ちきれずにメインにFE168SS-HPを移植しました。

いいですね。
狙い通りの音になっています。
しかし、少しバランスが崩れました。
低域の量感とツイーターの量感が、微妙です。
少し詰める時間が欲しいところですが、性懲りも無く録音をしました。

まずは、チャントですが、スピード感はBHBSかな?
ウーファーの量感が4段階あります。
この録音は、上から2になります。



こちらの量感は、3



これは、最近、お気に入りの曲です。
こちらも、3になります。



出先でスマホからリスニングで楽しんでいます。

さて、追加のFE168SS-HPはどうしたものか?

それにしても、ハイエンドに通用するフルレンジとは、Fostexさんの技術の底力を垣間見たような気がします。
これで、色気のあるツイーターが発売されれば鬼に金棒で、メインがオールFostexで統一され国産ハイエンドの達成です。
と言っても、なのでアキュフェーズさんと違いメイド・イン・チャイナなので微妙と言えば微妙ですね。

FE168SS-HPをミッドに・・・・・既にSOLD OUT

実は、フルレンジのFE168SS-HPの攻略が進んで来ているので、フルレンジのFE168SS-HPへの興味が薄れて来ています。(汗)

Hidekonさんには、訪問時にお話をしていましたが、FE168SS-HPにネットワークを入れた時の音の確認をした結果、思いのほか良い結果が出ていました。
メインのミッドは、能率優先でスキャンからFW168HR(黒いコーン)、FW168HP(黄色いコーン)に、替えています。
現状のメインの音に不満があるわけでは無いですが、良い結果のミッドを発見したら使用したくなるのが人情ですね。
強力な磁気回路から発する音は、立ち上がり、立ち下がりが良くE-800、A-48に合うようです。
1.5kHz/12dBのカットで、好みの感じになっていました。

フルレンジは、フルレンジでのリスニングが完全に飽きるまで使用したい気持ちありますので、もう、1ペア仕入れようしたら、既にSOLD OUT(涙)

賛否両論のFE168SS-HPですが、人気があるのですね。
雑誌等での製作記事がある程度で、ネット上ではあまり見かけないFE168SS-HP製作記事ですが、今後の皆様の攻略記事が楽しみです。

もう少し、探して無ければBHBSから外してメインに仕込みます。
箱は、階下に移動してメインの改善が済んだら、次の目標のTBの20cmの製作に本腰を入れたいと考えています。
その前に、小屋が完成していないと無理ですけど。

何事も通過点との考えで、次の興味ある物へ邁進します。