fc2ブログ

箱のR加工

R加工

断面でRの部分を描いてAのラインとBのラインを結びます。
このラインは、鉛筆で書き込みますが、側面と前面に書き込むと研磨の際の目安になります。
注意点は、研磨しろが欲しいので実際にカットする場合は1mm~2mmほど研磨しろを残します。
ラインEをカットする際は、角度では行わず%で行います。
例えば板厚18mmの2枚重ねと仮定すると36mm厚となりますので、研磨しろを2mm残すと34mmとなります。
仮にEラインまで上部の角から10mmと仮定すると底辺34mmと高さ10mmの三角形が出来ます。
この3角形を適当な倍率で薄板に描き、カットして丸鋸の定規にしてカットするとAEの面が残ります。
腕が良ければFのラインをカットしますが、失敗する確率が高いので地道にランダムサンダーで研磨することをお勧めします。
Fラインを45度に置き換えて、R面に接触しないようにすれば失敗は少ないかもしれません。

IMG_2798.jpg

ランダムサンダーの研磨ヤスリは、40番を使用して一気に削り込むことが可能ですが、気をつけないと削りすぎるので注意が必要です。
大凡の造形が出来たら、紙やすりを120番程度まで上げて研磨をします。
粗さが取れたら240番で研磨をしますが、この状態では小さな円形の傷が残っています。
この傷を消しながら400番で仕上げます。
ここまで来ると、表面はつるつるになります。
総仕上げに1000番を使用すると、塗装をした際に深みが出ます。
着色は難しいので、木の素の色を生かすオイル系の塗料を塗り込混み、乾燥してから再度、水研ぎをして仕上げます。

ランダムサンダーで、仕上げるのが効率も良いし失敗も少ないです。
他に、電動かんなやサンダーで造形をすることも可能です。

☆45度カットでは、丸くなる部分がカットされてしまいますのでNGとなりますので、せいぜい10度以下になるかと思います。

み)さん、空気録音のアップを楽しみにしています。



FE168SS-HP 漫画図の検討

IMG_2785.jpg

面取り状況


FE168SS-HP BHBS パイン用

この漫画図は、マークオーディオのMAOP11用に作られた箱になります。
FE168SS-HPの音の確認で、この箱に入れた時には予想に反して、量感豊かな低域と前に出る中高音に魅了されました。
漫画図と実際の箱とは違う部分がありますが、それは斜めにしている板の面を斜めにカットして接着していることです。
漫画図では、横に板を張り付けて空気漏れを防ぐ方法で、板を斜めカットにしたりしてはいません。
工作レベルが下がりますので、誰でも出来ると思います。

FE愛好家の方には、僕が苦労した帯域は好みの帯域と推測していますので、この漫画図でも良い線まで行けると思います。
奥行き、横幅、空気室の容積の変更などにより、音は変わると思います。
低域の量感を増やすなら、まずはダクトの面積を大きくすれば増えますが、質が伴わない場合は上記の箱のサイズを変えると良いと思います。

FE168SS-HPパイン用図面

漫画図の基本になった板取図になります。
910mm×1820mmの板を2枚使用しています。
本当は、2枚では収まらないサイズでしたが、少し足りないために板が1枚追加では経済的に勿体ないです。
そこで、無理矢理に2枚で収まるように、漫画図に変更を加えていました。
材質が、パイン系だったので大した影響は無く良い感じの再生音になりましたが、硬い材質では癖が出た。
当初の予定では、音道横幅を230mmと考え、フロントバッフルは3枚重ねで計画をしていました。
今一度、当初の計画で箱を作りたいとも考えましたが、3枚使用するなら20cm級の箱が出来るので断念しています。

この漫画図を参考に、音道の仕切りを増やしたり、サイズを変更しりすると自分なりの音の構築が出来るかと思います。
ネックは、箱のサイズが大きいので失敗すると処分に困りますね。

FBの8cmクラブの記事で、この連休中にこの漫画図を参考に製作をした様子がアップされていました。







DP750の空気録音



アキュフェーズさんのHPを拝見していたら、DP750の空気録音の紹介がされていましたので、興味本位で覗いてみました。
他のハイエンド機種との聞き比べが出来ます。

聴き所は、機器より評論家の先生の声になるかと思います。