fc2ブログ

メイン用FE168SS-HP専用箱の製作

IMG_2809.jpg

大工さんが丁寧に仕事をしてくれるので、小屋の域を超えているように思える大引きです。
ピッチは芯々で910mmになります。
天候が不順だったので、工事が思うように進んでいませんでしたが、本日は、床の下地まで貼り終えています。

IMG_2831.jpg

24mm厚の構造用ラージ合板が下地になります。
柱を使わない2×4(壁構造)で組上げていきますので、このまま壁が取り付けれて行きます。
火曜日までに屋根が葺けないと雨が降りますので、大工さんに何とか火曜日中に屋根までとお願いをしていますが・・・・・

床の下地を貼ったら広く感じますが、広く見て5畳ほどしか有りません。
左が母屋の壁になりますが、妻が蟹さん歩きで無いと通れないと申していました。
問題は、先走りして買い込んだ工具類

①ボール盤 ②卓上スライド丸鋸(190mm) ③卓上ベルトサンダー ④木工旋盤 ⑤エアーコンプレッサー ⑥集塵機
その他に、今までの手持ち分の工具類と作業場では無くて工具置き場になりそうな予感すらしてきました。(汗)
配置に知恵を使うのも楽しみの一つですね。

あっ・・・・本題が・・・これから本題に入ります。
メインのミッド用のFE168SS-HPペアーは、6月中には来ると思いますので、専用箱を事前に製作することにしました。
方式は、密閉になりますが、吸音材で塞いだダクトは設けます。

IMG_2819.jpg

木が堅いので、旗金をふんだんに使用して圧着をしないと隙間が出来る可能性があります。
隙間は、パテ等で塞ぐ方法か木目を合わせて楔を打ち込む方法がありますが、手間が掛かるし見た目が綺麗に仕上がりません。
やはり、隙間を無くす方が作業が短時間で済みます。

IMG_2836.jpg

これだけ、密着して旗金で圧着すれば完璧です。
後は、面取り、研磨、塗装で完成しますが、明日は、町内会の川掃除なので作業が出来る時間がないかもしれません。
時間はあるので、気長にと言いたいところですが、小屋の内装がありますので悠長なことは言ってられませんね。