fc2ブログ

石田式BHBSで鳴らすMarkAudio Alpair5v3(5cmフルレンジ)

IMG_2906.jpg

写真では大きく見えますMarkAudio Alpair5v3使用の石田式BHBSは、小型箱になります。

箱のサイズW150mm(音道幅120mm)、H360mm、D250mm


IMG_2907.jpg

KF1018Aの箱と比べるとサイズの差が一目瞭然です。
ユニットも口径5cmと非常に小さく、一昔前ならコーンのツイーターでも可笑しくなかった。
このサイズのユニットでどこまで音楽が楽しめるのか?
どこまで低音が出るのか?ヘッドホーンに内蔵されているユニットと大差ないですので、やりように寄っては低音の再生は可能かと思います。
今朝に続き、石田式小型BHBSの試聴をしました。

ここ数日、お馴染みのソフトになっていますので、ユニット、箱による音の違いが分かるかと思います。

それでは、Alpair5v3さん頑張って下さい。♪~












さて、如何でしたでしょうか?
5cmなりに頑張っていますね。




コイズミ無線9.5cmフルレンジ・KF95-8・・・・・どうしようか?

IMG_2903.jpg

写真は、昨年、コイズミ無線さんオリジナルで発売されていたKF1018Aです。
流石に、売り切れているようです。
次期オリジナルユニットは、買おうか不買するか、迷いが出ています。
明らかに、昨年のオリジナルの方がスペック上も良さそうな気がします。

久しぶりに音の確認をすると・・・・?!
良いですね。
値段(FE168SS-HPの1/10以下)からすると考えられないような鳴り方をしてくれています。

同じ曲ばかりで申し訳ないのですが、同じ曲の方がユニットの違いが分かり易いので空気録音をしています。

最初は、ピアノで次に混成で畑中さん、筒井さんの順です。







スピーカー中央上部になります。
10cmフルレンジ1発を石田式小型BHBSで鳴らしています。




新メイン・・・・デザインの妄想

IMG_2882554.jpg

小屋が出来たら、まずは20cmと考えていましたが、本命のメインのリフレッシュを先にと考え直しました。
音質的には、メインは安心して聴ける音に調整をしています。
そこに、少し毛色の違うフルレンジ(使用時はハイパスをがっちりします。)FE168SS-HPをミッドバスに迎え、トップにミッドバスのFW168HPを迎えて新メインを誕生させます。
残りの箱とユニットでもう1セットの本格的なメインが出来ます。

ウーファーが20cm×2発 vs 25cm×1発になります。
どちらの低音が良いのか?
試してみる価値はありそうです。
上部の箱の横幅は同じですので、メインとサブはいつでも入れ替わる事が出来ます。
足踏みは現金ですので、絶えずチャレンジしていきます。