fc2ブログ

小さな小屋の小さなオーディオ・ライフ(ルームチューン)

IMG_3199.jpg

帰宅して速攻で小屋に移動しています。
やることが山ほど有りますが、簡単にできるところから少しずつ製作をしています。

IMG_3201.jpg

小屋の音が余りにも悪いので、ルームチューン用の反射パネルを製作をしました。
と言うのは真っ赤な嘘で、箱の組み立て圧着時に使用するはめ込み式の台を製作しました。
サイズ300mm×500mmの板のセンターに溝を切って2枚合わせで使用する台を製作して、作業台に写真のように一時的に置きました。

工作用の台を見つめていたら、ルームチューンに効果があるのでは無いのかと・・・・・・・・・
そこで気がついた事は、ニア・リスニングでは、この反射板でフラッターエコーは取れます。
ひょっとすると拡散もしているのでは?
考えていても前に進みませんので、音を出してみました。
すると、音の鮮度が確認できる。
昨日までの音は何だったのか?
偶然の産物で、音が生まれ変わりました。
5cm級のBHBSの音を超えています。

IMG_3202.jpg

駆動系は、超ローコストです。
当時の価格でセットで5万円程度だったような?

IMG_3205.jpg



こうなると試しに録音したくなるのが人情ですね。
早速!!同じ曲を使用して空気録音を実行!

手で持っての録音なので手ぶれとノイズはご容赦下さい。










市販の音響グッズなど不要と思えるくらい効果的な12mmのベニア板です。
実は、このベニア板は端材です。
明日、小屋に業者がエアコンを取り付けに来ますので、室内機の取り付ける壁が、石膏ボードのままなので12mm厚ベニア板で壁を補強した際に出た端材でした。
普段はこのままで、箱の製作の時だけ使用すれば一石二鳥ですね。



アトリエ(小屋)でのニア・リスニング

IMG_3193.jpg

来週から母屋のリフォームの工事が開始されます。
そのため、小屋に母屋の荷物も収納していますので、ロフトがその荷物で占拠されてしまいました。
母屋のリフォームが済むまでは、自分の荷物はオーディオルームから出すことが出来ず、先行して移動式の作業台の製作も完了していますので、試しにツイーターの箱の研磨を実施して騒音の確認をしました。

ゴムマットと発泡ゴムマットをコラボさせた上に箱を置いての研磨は、振動が伝わりにくいので骨振動による音の伝播の防止なっていたことが立証できました。
これから、ブンブンにランダムサンダーを使えます。

その後の確認としては、音楽の遮音性能の確認です。
大音量一歩手前(このユニットの限界)の音量では、母屋には聞えていなかったので最近の木造自宅並の遮音性能はあるようです。

IMG_3190.jpg

お袋の形見のローコストシステムで小型スピーカーをドライブしています。
アンプの違いを話題にしましたが、このクラスのアンプとなら音の差は出ていると思いますが、小音量なら十分な性能です。
工作・・・・箱の製作をしながらBGM的に使用して、音の確認でも使用できますが、部屋の音は悪いです。
傾向は分かりますので、調整までは出来るかと考えています。

内部のでの音の反響が凄かったのですが、物を入れたら治まっています。
耳栓をしなくても良いレベルなので、心配は杞憂に終わりました。(ホッ)

IMG_3188.jpg

卓上スライド式電動丸鋸とボール盤

IMG_3181.jpg

卓上式のベルトサンダー

IMG_3179.jpg

木工旋盤(ろくろ)


卓上での電動工具の設置が可能となりました。
これで小作のバリエーションは広がると思います。