fc2ブログ

FE168SS-HPの癖

CIMG782536987.jpg

漫画図を再度載せていますが、アカシア集成材18厚を使用して上記の漫画図で製作しました。
当初は、低音の量感が思ったほど出ていなかった?と思いました。
しかし、原因は、ミッドハイ及び7kHzから上のピークが原因でした。

漫画図の音道の長さは、実質1m40cm程度だと思います。
この音道では、低域の量感が稼げますが、比較的高い帯域からミッドバス(200Hz~300Hz)の量感も多くなると見込んでいます。
その膨らんだ質の悪い低音を、ダクトで調整して聴きやすい低音にしています。
最低域の伸びを求めるのでは無くて、聴きやすい音を目指すダクトのチューニングをしているため、ダクトの長さは短めにしています。
市販品のダクトを使用していますが、適当な長さでカットしています。

しかし、それでも、中高域のレベルや低域のレベルを増やしてバランスを取る様にしましたが、この癖は箱の力で改善するのは厳しかった。
ユニットのエージングを進めたかったのですが、ソフトに寄っては煩くて聴いてられない。
そこで、煩い帯域をLで殺してツイーターでバランスを取りました。

その状態で時間経過と供に、箱とユニットのエージングが進み?なんとか?Lが無くても聴ける状態になりました。

対策で、空気室にも吸音材を入れましたが、これはNGです。
鮮度は落ちるは、低域の量感も落ちるはで散々でした。
しかし、ミッドハイの音は、推測に反して大して落ちない。

最終的な対策は、ダクトの下の空間にフエルトを大量に詰め込んで、中高域の吸音を狙いました。
無いよりはまし程度かも知れませんが、効果はありました。

この漫画図は、HidekonさんがFBで紹介して、み)さんがパイン材で製作しています。
プラスツイーターで、幸せになっているようで幸いです。

音工房Zさんの試聴会も開催されているようですので、再びネットでFE168SS-HPの話題で盛り上がることを楽しみにしています。

話が少し外れましたが、FE168SS-HPの癖を改善するのは至難の業です。
実際、僕の作った箱も自分の耳が慣れているのかも知れません。
僕も、改善途中でメインに仕込んでしまったので、6月分を待っていました。
7月上旬に配送との事ですので、部屋の片付けが完全に済んでいるので、独自のアイディアで改善が出来れば幸いです。



スピーカーケーブルその他の見直し

コイズミ無線さんから、FE168SS-HPの6月納入の件でメールが入りました。
いつもの、じらし商法なのか?
今回も、予定通りの6月に納入は出来ないとの報告でした。
注文に手違いがあったのか?
過去のメールを確認したりしていました。
このときのコイズミさんに注文する前に、ネットで詐欺に掛かりそうになった苦い経験があります。
どこにも在庫が無いのに、在庫有りはおかしいですよね。
結局、納期は7月上旬とのことです。


IMG_3375.jpg

写真は、電源用5.5スケア-のケーブルを利用したスピーカーケーブルです。
3ペアーのスピーカーに接続を可能としていましたが、これだけだとメインをマルチにすると不足します。
部屋の構築している頃は、フルレンジ一辺倒だった為に、3ペアーもあれば十分と考えていました。
しかし、メインの追加、フルレンジの複数の聞き比べ、11.2chなどでスピーカーケーブルの数量は、10ペアー以上の線が乱立していました。
はっきり言って、どの線がどこに繋がっているのか不明で、線を引き直したこともありました。

アンプの聞き比べも話題になっていますが、ケーブルの聞き比べは?・・・・個人的には、殆ど区別がつきません。
5.5スケア-も1.2スケア-も、高々数メートルでは、区別がつかないのが現状です。(僕の耳に限ります。)
先ほど、屋内配線で電気屋さんとの会話でも、太いか細いか、ノイズを拾うかの程度の違いと言っていました。
太いか細いかは、電圧降下を指していると思いますが、数メートルでの電圧降下は知れています。
ノイズは、コンクリートの内部をケーブルが通るので緩和をされていいます。

そこで、既存の5,5スケア-を止めて1.2スケアを9ペアー以上入れ替えてもらうことをお願いしました。

IMG_3376.jpg

こちらは、アンプ側になりますので、2mも余分に線を伸ばしてもらいます。

ケーブルの違いで音が変わることは否定しませんが、すぐに音に慣れてしまう。
変わり方も、アンプほどの変わり方はしていない。
事実、アマゾンの安いケーブルを使用していますが、電力供給が追いつかないと感じたことはありません。
部屋のリフォームでの片付けで思わぬ方向まで変化しています。
いつでも、5.5スケア-には直せますので・・・・・おそらくは・・・直さないでしょう。

IMG_3377.jpg

ラックから、やっとこさっとこ取り出した機器類、還暦過ぎには重いです。
各機器類の重さは、A-48【34kg】 E-800【36kg】 DP-750【28.2kg】 GT-2000【28kg】 メルクシパイン集成材ラック【34kg】 計 約160kg
それを、1ヶ25kgのキャスターを4つで使用していましたが、ラックを動かすたびに床に凹み傷が付いているような気がしました。
そこで、重量分散のために4ヶから12ヶにキャスターを増加させることにより、床への傷の心配は緩和されましたが・・・・やはり、移動は重い。

IMG_3373.jpg

4ヶよりは、少し軽くなったような気がしています。

IMG_3379.jpg

元に機器類を戻しましたが、昼間から☆がチラチラと見える有様でした。
1ヶ月後には、床の張り替えで機器類の移動をしなければなりません。(大汗)