fc2ブログ

石田式BHBS 【FE-168SS-HP】 正式

IMG_3705.jpg

今更なんだと言われそうですが、MAOP11の用のBHBSの箱を流用して、様々なユニットの試作箱にしていた箱を元に現在の正式な石田式BHBS 【FE-168SS-HP】の箱が誕生しました。
因みに、MAOP11の用のBHBSの箱は、Hidekonnさんのところに嫁入りしています。

癖の強いFE-168SS-HPですが、その癖を除けば素晴らしいユニットです。
特に低音が壺に嵌まると量感豊かで締まりの良い弾む低音が得られます。
ゴムボールが飛んでくると言う表現をされる方もいますが、ウーファーとは別なスピード感(これは感覚)が感じられる。

本日、レイアウト見直し、セッティング見直しなどや荷物の運び込みなどを実施、その後反射パネルの下部の切断、キャスターの交換なども行っていました。
そして、少し時間が出来たので石田式BHBS 【FE-168SS-HP】を、本気で詰めました。
大した事はしていませんが、反射棒があっても変な響きや高域のピークをもたらすことは無くなりました。
たったの50cmほど前に位置をずらしただけです。
と言っても、結果的に50cmになっただけで、位置合わせで試行錯誤をしました。
移動が簡単にできるキャスター様々ですね。

これで、やっと!納得の出来る音になりました。
正式な石田式BHBSFE-168SS-HPバージョンが誕生しました。

IMG_3713.jpg

メインと並べてはいけませんね。
石田式BHBSFE-168SS-HPバージョンを聴く時には、メインを部屋の外に出したいくらいです。

部屋も元の状態以上に良くなってきていますので、その辺のお陰げかもしれませんね。

そこで、いつものお試し録音をしました。




通常音量で録音した方が、綺麗に録音が出来ますが、あえて爆音寸前の音量で録音をしています。
PC音ブ~と言う音が少し気になります。