fc2ブログ

同時作業

IMG_1018.jpg

昨日は、代休でやりかけの箱の面取りや研磨を実施しながら、メインのツイーターを入れる箱の作り直しもしていました。
作業に専念すれば全ての作業は、1日あれば十分なのですが、次女が帰省しているので孫達と戯れていましたので、作業は週末に持ち越しです。

写真は、ツイーター用の箱の中央の部分を圧着中です。

IMG_1022.jpg

何の圧着か分かりにくいですが、フロントバッフルの圧着をしています。
アカシアの15mm厚の集成材を4枚重ねを2ヶ同時に圧着をしている様子です。
旗金は、強力に板を圧着しますが、端の狭い部分には効果的ですが板の中央などの圧着は甘くなります。
そこで、部分的に他の圧着材を使用しています。
4枚重ねの面取りは60mmの暑さを45°で切断をしますが、190mm仕様の丸鋸では、最大でも7cmの厚みしかカットが出来ません。
約85mmの厚みのカットですので15mm程カットできない部分が残りますが、残りは手引きノコギリで切断すれば何とかなります。
問題は、圧着不足で切断面が少し開き気味なることです。
見た目が悪いので4枚圧着は神経を使います。

IMG_1025.jpg

箱の部分とフロントバッフルを圧着の様子です。
集成材は、単板似比べると木の収縮は少ないと思いますが、パネルソーで正確にカットしても、カットした時点で微妙な生じて生じています。
そこで、接着面の平滑化が何時も狂いますので、カンナで削って平滑化させてから、板同士を接着、圧着しています。
いつもなら、面取り、研磨も終えて鋳るのですが、良いジイジイをしていたの作業はここまでとしました。

アカシアの集成材の値上がり幅は、2,000円ほどなので何とか?慣れで少しずつ購入していますが、建築建材のラージ構造用合板など1枚あたり、倍以上の単価になっていますので、新築の家のコストも凄まじい勢いで高額になっている様が推測されます。
やはり、原因は円安?
円の価値が下がり、倒産した株のようになったらとの思いが杞憂で済むことを祈っています。

余談
最近、研磨作業をした後に決まって倦怠感と鼻詰まりの症状が出ます。
一晩寝れば直っていますが、どうも、長年の木の粉を吸い続けているのでアレルギーになっているようです。
昔は、鼻水でしたが・・・・・・・