fc2ブログ

OM-MF4 MICA  石田式BHBS【ヴォーカル改善】

IMG_1143.jpg

試作箱にアカシアの集成材は勿体ないと思いますが、たたき台の箱の音を確認していますので、試作と言えども大きく外すことはないので、アカシアの集成材を使用しました。
箱の見てくれは良いに越したことは無いですが、音と無関係なデザイン重視の箱には疑問を感じています。
如何に、ユニットの能力を最大限引き出す事こそ箱作屋の心意気だと思います。

今回の方式は、2004年?頃、STEREO誌のSPコンテストでグランプリを頂いた箱の前後にユニットを使用したBHBSとして、命名はリバーシとしていました。
ユニットを前後に付けることにより、ユニットの相互干渉を防ぐ、独特の音場を醸し出す。
2本使用しているので低域のでも豊かになり、クラスを超えるダイナミックレンジの確保も出来ています。

BHBSの特徴としては、比較的に小さな箱でも十分な低音の量感が得られることですが、今回は2本使いなので少し大きくなりました。

サイズ : H420mm×W190mm×D330mm(フロントバッフル45mm厚を含む)
6cmとしては、珍しく大ぶりですね。(汗)

IMG_1132.jpg

左側が裏になります。
前後のユニットの位置が微妙に違いますが、これは気休めで縦方向への音の伸びを狙っています。

今回の試作に当たり留意したことは、痩せ気味のヴォーカルに肉を付ける事を狙いました。
単純に肉を付けると言っても、シングルバスレフのようにピンポイントで特定の周波数を増幅させることでは解決しません。
ミッドバス帯域から中域の広い範囲の音圧を少し持ち上げる工夫が必要です。
狙いは、共鳴でもクラシックが何とか聴けるレベルまでを目指します。

箱を容積を大きめにして内部のBH部分の広がり率を最大限大きくすることにより、腰高の低音の量感を稼ぎます。
ダクトの面積を大きく取り、低音全般(ミッドバス~ミッド)の帯域の音圧を上げることにより、豊かで肉厚な声が得られるかと考えていますが、結果次第ですね。

何時ものチャレンジャー精神で・・・・玉砕覚悟です。

それでは、ドンパチ系のクラシックの空気録音をしました。
6cm?と思わせるのも狙いの一つです。













☆スピーカー端子のベースは、muukuさんからのプレゼントです。
ありがとうございました。





OM-MF4-MICA リバーシBHBS製作ing

IMG_1116.jpg

昨日の続きの作業を開始、フロントバッフルは3枚重ねの45mmになりますが、1枚のみ脱着可能としています。
3枚を圧着していませんので、あらかじめ鬼目ナットを仕込む位置に木ネジを3枚目の板をJ固定しています。
固定が完了した後に面取りを開始します。

IMG_1118.jpg

45mm厚のアカシア集成材を一気に40度に調整した丸鋸で切断?して行きますが、今日は調子が悪いのか途中で負荷過大で丸鋸の刃が、リリーフししまいました。
非力の方だとキックバックの洗礼を受ける状況ですが、僕は回転を止めてしまったので、少し下げて仕切り直しをして切断完了。

IMG_1122.jpg

どうも、固定している木ネジの頭が少し出ているのが原因で、ブレードの角度が変わるので負荷が掛かっているようです。
丸鋸の基本は、ブレードを曲げること無く真っ直ぐに切断することです。

IMG_1124.jpg

気休めのショートホーンをトリマーで加工しましたが、エッジの削り残しが出てしまいました。
そこで、ハンド式のルーターで研磨し造形を整えました。

IMG_1126.jpg

フロントバッフル2枚目に、鬼目ナットを仕込みました。
位置出しは、木ネジで借り止めして、交互に所定の場所を一気に貫通させます。
後は、木ねじ等の固定の位置をずらしながらやると失敗は少ないです。

IMG_1130.jpg

面取り、研磨、補修完了後、オスモにて塗装。
乾燥を待つのみです。