fc2ブログ

必要悪の吸音材

IMG_187936vbds.jpg

BHにしろBHBS、シングルバスレフにしろ、吸音材は必要悪と考えています。
過去に吸音材は好んで使用している時期もありましたが、最近ではほとんど使用していません。
必要悪の悪が機になり、無くなれば・・・無くすることが出来ればと工作レベルのハードルを上げて自作スピーカーをより楽しみたいとの願望から行っています。
昔から、共鳴を利用したには、吸音材の量は密閉に比べて少なくしないと低音の量感が減るので注意が必要と言われています。
その通りだと思います。
メインの密閉箱は、箱の形状が四角なので平行面だらけなので、箱内部での反射による不具合(定在波)などの対策で大量に吸音材を使用しています。
前提は、問題になる低音の量感は電気信号を持ち上げる(DSP、イコライザー)方法で対応していますので、吸音材の量は問題では無く、悪さをするバックキャビ内の音を吸音させること優先しています。
逆に、共鳴を利用する方式はユニット本来の音を共鳴で疑似低音の再生をしなければなりません。
此の共鳴を飼い慣らすには、至難の業が必要です。
経験では、BHでの飼い慣らしが一番難しかったように思います。
難しいが故に、開口部にダクトを設ける狡をするようになりました。(BHBS)

共鳴に付きものは、船の汽笛ではないですが、ボーという付帯音の発生です。
此の付帯音は吸音材で取れますが、低音の量感も減ります。
ダクトを設けるとダクトがフィルターの役目をして周波数の調整や付帯音の軽減をしてくれました。
それでも、たまに付帯音や筒からの癖、中高音の漏れなどニアでの試聴で気になれば吸音材を使用していました。

経験では、シンプル構造の直管で付帯音などの癖が出ていたように記憶しています。
直管でも折り返しを多くすれば打ち消しが多くなるので付帯音などは軽減されてるかと思います。
この辺は、ベテランのクラフターの方ならこの辺の対策を上手に緩和していると思います。
癖の根源は、平行面と考えています。
これは、部屋でも同様で定在波、フラッタエコーなどの発生で音を悪くします。
壁全体に吸音材を沢山使用すれば測定上よいでーたーになると思いますが、無響室に近い特性のお部屋になるのでNGですね。

漫画図に楕円の赤丸をしていますが、いずれも吸音材の位置です。
箱は工作が簡単な四角い箱ですが、斜材を設けることにより定在波、フラッタエコーを軽減させています。
本当ならスロートも斜めにしたいところですが、ドライブを強くかけたいので止むなく直管にしています。
漫画には描いていませんが、各音道に適当に桟木をランダムに入れて内部で反射をさせて中高音の漏れを軽減したりする工夫もしました。
未だに実験の域を出ていないように思いますが、このような工夫をするのが自作スピーカーの設計の醍醐味です。
それでも、付帯音や中高音の漏れが気になるようなら吸音材を使用しますが、使用する位置によって音への変化が
あります。

過去の吸音材の使用例
Aは、バスレフ向きのユニットでは効果がありすぎてNGとしていますが、オーバーダンピング(煩い)のユニットには好んで使用しました。
ただし、肝心の低音の量感まで減ったので煩い中高音を殺すか低音を殺すか迷うところです。
好んで吸音材を設置する場所はCとBになりますが、優先順序ではCになります。
後は、容積調整で吸音材の量を増やしています。
現在は、無吸音材を目指していますが、必要悪でCの部分に入れて反射による癖の軽減しています。

基本的には、吸音材に頼る場合は箱の作りが悪いとの証明になります。
シングルバスレフなど内部に反射用の斜材など入れている市販品も過去に見たことがあります。
僕の所有していたパイオニアのCS810(30cm3way)など密閉で内部に反射板が設置されていた分、吸音材がすくなったように思い出されます。
単なる四角いはこの状態では、箱の内部を無響室のようにしないと音のバランスが取れないように推測します。
内部の無響室化は、密閉箱では全面から出るユニットの音が命になりますので、ユニットの性能が良くないと納得の行く音になるには厳しいのではないかと思います。
故に、メインは高額なユニットを使用するに至っています。

結論として必要悪の吸音材の使用は、設計の悪い箱では不可欠ですが、無しでの成功例もあります。
箱屋としては、ハードルを上げて理想の吸音材不要の箱の設計を目標にすることが大事と考えています。
何事も諦めたら、そこで終わりですから・・・・・




余談

プロと素人の違いは?
おぎゃーと生まれてプロや職人はいません。
成長とともに修行をして技術が身について行く物だと思います。
故フォステクスの佐藤さんとの会話の中で、プロと素人の違いは道具の違いと言っておりました。
言われ見れば大工さんなど道具にお金をかけていますし、種類も多く所有しています。
企業もそれなりの機械類を所有しています。
良い悪いは別にして専用の試聴室もあります。
最近では、箱作の情報は先人の努力により安易に入手が可能ですので、知識は素人もプロ並に得ることは可能です。
やはり、機器類の違いと試作作りの予算がプロとの違いでしょうか?
素人も販売を始めればプロとなります。
某ハイエンドスピーカーは、自作スピーカー愛好家から世界有数のハイエンドメーカーになっています。
どこからプロと素人の線引きをするのは難しいですね。