fc2ブログ

コイズミオリジナル8cmフルレンジ・FR03E 素性確認

IMG_2057.jpg

正午ごろに到着したスピーカーユニットFR03E・8cmフルレンジですが、値段割に立派なダイキャストフレームにFE83sol・・・真っ青!?
まずは、素性の確認からです。
F特やインピーダンスカーブでは、大分良さそうな気がします。

FE83sol用に製作した箱があるので、叩き台として流用することにしました。
FE83solを鳴かせてみようと努力はしましたが、中高音が好きなれずに聴かせないで放置をしていました。

IMG_2059.jpg

フロントバッフルは脱着式だったので、ユニットごとバッフルを1枚外して、新ユニット用にあつらえたバッフルを圧着をしました。

IMG_2067.jpg

圧着、研磨完了。
のっぺらぼう状態のフロントパネルに目を入れる作業に入ります。

IMG_2061.jpg

箱のままダイレクトに、自在錐で一つ目を入れています。

IMG_2072.jpg

オスモでの塗装完了。

IMG_2077.jpg

手抜き箱の完成です。
写真では大きく見えますが、10cmのFR04Cの最小箱の2/3程度の箱です。
サイズ : H430mm×W160mm(音道幅130mm)×D315mm(音道天板270mm)

エージング不足ですが、素性確認の空気録音をしました。
まずは、聞き慣れた雨の鼓動から



















第六感は当たりました。
このユニットは、当たりです。

早速!追加で4ペア頼みました。


ネットフィリックスを見ながらエージングを進めます。



新作の模索・・・・・コイズミオリジナル8cm編

IMG_2048.jpg

岩田さん訪問された一昨日は、天気は曇りで雨が降り始める手前だったので、ガスが多く富士山は愛鷹山の裏で隠れていました。
昨日は朝から雨で夕方に回復、一晩経っての本日自室北側の窓から見た富士山です。

IMG_203123.jpg

写真は、コイズミオリジナル8cmフルレンジFR03Eになります。
早々に売り切れになった10cmの確認をしていた時に、目に付いたユニットでした。
金額も安し特性も良さそうです。
FR04Cの小箱の製作を予定していましたが、計画変更で8cmを料理することにしました。
FR04Cのロット数は分かりませんが、100単位での数量と推測します。

この短期間での完売。
買われた皆様の料理の仕方に興味がわきます。
9kHzの山は、低域を持ち上げないと煩くなる感じはありませんが、サ行が目立ちすぎます。
岩田さんとの試聴では、大箱が良かったとの結果になっています。
時間経過とともに、箱のエージングが進むので作りたての時は音が変わります。
もしかすると、大箱の一回り大きな箱の方が良いかもしれません。
NETでの掲載が少ないので、どのような箱の情報は得られませんが、試行錯誤する方もいるかもしれません。
ただ言えるのは、ドンパチ系にはよく合うしキックは力強い。
値段を考慮すればコスパが非常に良いと考えています。

IMG_203123hsd.jpg

逆に売れ残っていると言う表現が合っているかどうか不明ですが、僕は触手が伸びなかったユニットです。
見た目なのか?素性なのか?よく分かりませんが、試す前から諦めたユニットです。
実のところ聴いていないので不明。

8cmは昨日の夕方に発送になったようですので、今日中には届くでしょう。
箱の製作を考えなければ・・・・・・

追記

PCのメデイアプレーヤーを使用して好きな曲だけピックアップしてCDRで聴いていました。
最近は、何かしながら小口径をBGM的に聴くことが多かったためなのか?
単純に、音楽を楽しんでいたのか?
PCを変えたのが原因か?
CDRの音の劣化が、岩田さんの訪問時に発覚。
ホテルカリフォルニアのCDRとアナログの差があるので、聴いてもらいました。
その差に、CDRの音の劣化が判明。
変換が割るのか何かは不明ですが、何かが悪いとの事。

PCはモニターを破損して、買い換えていました。
PCを疑うのが筋と思い、ネット検索でCDRの音質劣化を調べてからPCを確認してゆきました。
すると、盲点がありましたというか、僕が無知だっただけなのですが、データー取り込みがMP3になっていました。
WAVに変えて音の確認をすると、確かにMP3で取り込んだ状態での劣化の差が確認できました。(大汗)
ただ、僕の耳の限界か?MP3十の差は顕著に分かりましたが、元のCDとの差が分からない。(汗)
ただ、アナログとの差は、元CDでも顕著に違います。
昔のカセットテープ時代もアナログとの差は多く酷かったが、利便性やラジカセ併用だったのでと今ほどこだわりが無かったので幸せでした。
おかげさまで、今までためていたデーターを全て削除。
一から取り直しています。