fc2ブログ

自作スピーカーの製作もオプションの製作で時間が掛かる

IMG_6083.jpg

写真は、18mmを2枚重ねをしたフロントバッフルです。
サイズは、W236×H450mmなので、バッフル厚は36mmもあれば十分でしょう。
板材は、マホガニーの集成材18mm厚を使用しています。
通常なら、穴を開けてユニットとダクトを付ければ完成ですが、最近ではオプションを取り付けています。
お陰様で、作業速度が遅くなっています。
面も取らない単なる四角い箱なら、もう音出しを済ませていると思います。


木工旋盤でオプションの製作

IMG_6070.jpg

IMG_6077.jpg

木工旋盤での作業が終わると、旋盤に固定用の50φの穴を塞いで、ユニットの開口部とダクトの穴を自在ぎりで開けます。
この作業は明日以降になると思います。

IMG_6084.jpg

裏側に切断のガイドを付けていますが、センターに板が無いと自在ぎりが暴れますので、面倒でも穴は塞ぎます。

IMG_6086.jpg

フロントバッフルの圧着中、一晩放置します。
明日に面取り、研磨、塗装を終える予定です。

今回は、実験的な要素が多く含んでいます。
小箱BHBSで13cm級がバランス良く鳴ってくれるでしょうか?

この辺が、自作スピーカーの面白みですね。



余談

IMG_6087.jpg


お復習いで、教科書に目を通しました。
某さんのスピーカーの面を取らない方・・・・単なる四角い箱の方が音が良いと断言している。
回折やバッフル面積を小さくした方が強度も増すので、良いはずと認識していました。
そこで、お復習いで教科書を読み直した次第です。
好みと片付けれそれはそれで、良いと思います。
その他、お復習いでお勉強になりました。
目を引いたScanの2wayの製作の様子ですが、雑誌に載せるならもう少しグレードの高いユニットを使用すればと思った次第です。