fc2ブログ

テレビ画面対策バー有り・・・メイン編

IMG_6201.jpg

YouTubeでコメントの延長でメインで試しに録音してみました。

レコーダーのみでの録音です。


実音に比べて、どうも低音が拾えていないのでリベンジ録音?・・・・外部マイクか?

ご紹介のありましたYouTube編



このような聞き比べは面白いし、励みになりますね。




テレビ画面対策後の静止動画録音(ScanSpeak・2way)

IMG_6197.jpg

テレビ画面対策後の静止動画録音の実施。
スピーカーシステムは、オメガの会のコンテスト時に使用したScanSpeakのユニットで構成されて2wayを使用しています。
10cmとも考えたのですが、役不足なのでこのスピーカーにしました。

さて、録音で違いが出ているでしょうか?

テレビ画面用反射バー設置



IMG_6198.jpg

テレビ画面の前に設置していた反射バーを部屋の側面に移動して対策無しにしました。


対策無しでの静止動画録音


さて、違いが出ているでしょうか?
実験として、バーの裏側に布を覆うのも面白そうですね。




久々のルームチューンアイテム製作

IMG_6171.jpg

写真の板材は、20mm厚のメルクシパインになります。
最近では、スピーカー材としては全く使用していない板材になります。
前には、F社のフルレンジの使用が多くミッドハイの緩和のために使用していましたが、最近では全く使用していません。
ただし、ルームチュー材としては固有振動がまばらになると言うパイン系なので使用しています。

YouTubeでの静止動画録音へのコメントで、テレビの画面の反射を気にする方のご意見がありました。
個人的にも75インチテレビに替えるとブーミングの温床になるのでは無いのかと心配はしましたが、結果は足りない部分が共振で良い感じになっていました。
アドバイスでは、布系?で画面全体を覆うと良いように書かれていたと思います。
反射には効果的だと思います。
フラッターエコーなど一発で取れますが・・・・弊害として部屋がデッドの傾向になるので加減が難しい。
FE系を好んで使用していた時期は、煩いミッドハイの対策では有効的でした。
しかし、ハイエンド系の音を目指しているので、ライブ気味の方が音楽を聴いていて楽しい。
そこで、布の覆いは後でも出来るので、試しにテレビ画面の前に反射棒を置いてテレビからの反射の影響の緩和を試すことにしました。

IMG_6184.jpg

廃材利用で、L=1600mmの丸棒を半分に切断して使用することにしました。
これで2組分有ります。

IMG_6172.jpg

丸棒の径が35mmですので、35mmの穴を開けなければならないので、位置を出しています。

IMG_6174.jpg

ボール盤でひたすら穴を開けて行きます。
穴の深さは板厚の20mmとして、穴を貫通しています。

IMG_6180.jpg

穴の空いた板に、板を接着して40mm厚の板を製作をします。

IMG_6183.jpg

まとめて圧着中です。

IMG_6186.jpg

オスモ・ウォールナットで着色していますが、パインは色の乗りは芳しくないですね。

IMG_6190.jpg

完成しました。
これなら、無指向性で反射をしてくれるでしょう。

IMG_6194.jpg

セットしましたが・・・・・プラシーボか、より明瞭になったような気がしますが、録音をすると反射音が強調されるかもしれません。
最も、人間様が聴いて良ければ良いと考えていますので、実音勝負です。