fc2ブログ

ヤフオクが取り持つ縁

袖振り合うも何かの縁と申しましょうか?
今回のヤフオクの方で縁の出来た方がいらっしゃいました。
落札された方は、お互いに住所が分かりますので何かしらの縁が出来たと思います。
落札から漏れた方は、お互いに住所等分かりませんので縁は薄いと思います。
例外で1名の方から、メールで連絡を頂いています。
この方ともメールのでのやり取りで縁が出来たと感じています。
ヤフオクに出品しなければ知らなかった方々ですので、縁は不思議ですね。

2度のメールのやり取りでUさんと言う方がいます。
そのUさんの気になってるスピーカーユニットとの行が気になり、そのユニットを試しに注文を入れました。
ユニットの型番がWP-FL10ですが、存在は知っていました。
ただ、この手のユニットは全てスルーしていましたが、何かの縁で聴いてみるのも一興かと思い注文してから、あれこれ調べ始めています。

IMG_6572lokjhgg.jpg

この風貌は、微妙です。
良い音がしそうな・・・・そうでもないような
怖い物見たさや食わず嫌いは不味いので、食ってみれば分かりますね。
ペアで14,000円強もしますので、興味本意では高いか物だったかもしれませんね。

IMG_6574xzaki.jpg

Q0は良いとして・・・微妙ですね。
少し後悔?

IMG_6574xzakiuty.jpg

このF特・・・・本当?と100Hzの盛り上がりが非常に気になります。
能率って、まさか100Hz付近の値なのか?・・・・1kHz付近は80dBちょっとくらいですね。
記憶違いか? 能率は1kHzの値を表示するのではなかったのか?
その上で、H900mm級の大型BHが推薦されている。
不思議なことだらけですね。
やはり、試聴してみる価値はありますね。
いずれにしろ、明日手元に来るので分かります。

興味の湧くユニットを紹介して下さり、Uさんに感謝です。



追記

自分のブログにアクセス出来ずにいます。
この記事は明日書く予定でしたが、記事にアクセスできないので記事を試しにアップした次第です。(汗)



MG100HR-Sのドレスアップ

IMG_6572.jpg

諸事情で2ペア同時製作した次第です。(汗)
赤パークに続き良き時代のFostexの限定品のMG100HR-Sのドレスアップを行いました。
MG100HR-Sは、2009年4月30日の発売ですから、かれこれ発売から15年になります。
発売金額は28,500円(税抜き)/本ですので、現在のFostexの価格設定では軽く5割増しの45,000円(税抜き)/本ぐらいになるのではと推測されます。
ヤフオクでも新品状態で120,000円の落札金額がありましたので、根強い人気が一部の方にあるのだと思います。
このMG100HR-Sは、1年も使用していなかったと思います。
マグネシウム振動板は紙と違いエージング期間が長いかと思いますので、丁度良い塩梅かもだったかも・・・・・・

実は、このMG100HR-Sには良い印象がありませんでした。
大砲巨艦主義ではありませんが、箱のサイズがH900が主流の時期だった様に記憶しています。
ご多分漏れず、僕の箱のサイズもH900が主流だった。
はっきり言って、スキル不足でこのユニットの性能を引き出せなかったと思います。
最近でも、余り良い印象はありませんでしたが・・・・果たして
15年後の現在は?
箱の小型化の研究で、小箱でも十分な低音の量感を引き出せる事を突止めています。
2ペアの製作ですが、左右の音道は微妙に変えていますので、音出しが楽しみで仕方がありませんでした。

IMG_6574.jpg

デザインと言うかユニットとの色合いも良い感じですね。
マホガニーの素の色もウォールナット色にも引けを取らない良い色です。

IMG_6574xza.jpg

一様、諸元を参考にさせていただきました。
Q0の0.45は、BHBS向きの良い値です。
大箱では、緩くなって当然!スワンなど論外ですね。
能率が低い以外・・・・(低音が出やすい)今のスキルなら期待できそうです。

お約束の当てにならない空気録音です。
4/20に千葉市と杉並区からの方の襲撃がありますので、試聴が楽しみですね。





赤パーク、値段の差以上に惨敗という結果になりました。
もう1ペアあるW4-1879と聞き比べをしたくなるくらい良い感じで鳴っています。
久しぶりにFostexの底力を垣間見た気がしました。
ユニットは箱次第で評価が大きく分かれるので怖いですね。