fc2ブログ

FE168SS-HP ・ 石田式BHBS【案】

IMG_36331111.jpg

コイズミ無線さんでは、すでにFE168SS-HPの注文が100個に達したとか、今回の限定販売の数量が明記されていませんが、売れるだけ売るつもりで納期を伸ばしながら対応をするのかもしれませんね。

メーカーさんの指定箱が、長岡式路線から外れ始めているように感じています。
最近では、合板でないとだめと言われて来た箱の材質も集成材や単板を使用するケースも増えています。

音の流れ的には、量感重視とも読めるのですが、その辺はメーカーの設計者の方に聞かないと分かりませんね。
スロートのコニカル化、空室の取り方、大きさは違いますが、最近の石田式BHBSの音道と共通する箇所が多い。
このまま、BHにしても良いのですが、締まりのないブミーな低音になると推測が出来ますでNG。

この漫画図は、音道の流れを描いただけの案の域を出ませんが、それなりに考えました。
空気室は、少し大きめで形は変則の方が良いので極力容積を取れるようにしています。

①のスロートは、少しコニカルにしていますが、直管にするかもしれません。
空気室とスロートは、チェンバー時な要素が強いので、スロートの絞り長さで低域と中域の再生力と中域の密度に影響をしていると考えています。
オールコニカルは、効率よく低域の量感を引き出しますが、最低域の伸びと質に若干の影響が出るようにも考えています。

②の広がり率は大きくしています。
コニカルの角度も①と広がり率が違い、面積は倍以上を目指します。
この辺は、きっちり寸法を出すのではなく、組み立て確認時に音道の流れをイメージしながら板を置き寸法(広がり率)を決めます。

③の広がり角度は同じですが、面積で変化を付けます。
1~3の仕切り板の強度は、箱内部なのであまり気にしないで組んでいきますが、天板は鳴かせると音の解像度を落とす原因になりまので、漫画図では補強を入れていませんが、補強が必要になると考えています。

問題は、横幅になります。
広すぎると低域の質が落ちるし、狭いと量感が不足します。
試聴用にしているMAОPの箱の音道は、漫画図とほぼ同じ構造で音道幅が200mmとⅮ37より40mm、メーカー指定箱より50mm減になっています。
まずは、試聴の箱に入れてからの確認になりますので、1割~2割程度の音道幅を広げる程度で良いのか悩みどころです。

低音だけなら事は簡単ですが、やはり、BH特有の100Hz~200Hz付近に現れる谷の対策です。
原因が、前面から出ている音と後ろから出ている音の位相による打ち消し合いなので、簡単には解決しません。
BHは、ミッドバス帯域に谷があるのですっきりした音質になるので、オーバーダンピングに加えてスピード感を生んでいるともいえるので、全く別のジャンルのスピーカーと考えればゴールとなります。
あえて、この谷潰しを考慮すると茨の道が控えていますが、だめもとで挑戦するのも趣味としては、面白い。
最低帯域を伸ばすと影みたいに、谷の帯域も低い方にずれてきますので悩ましい。
30Hz~40Hzまでローを伸ばすと100Hz前後に谷が表れ易いので、俗に低音と呼ばれている帯域が寂しくなる。

前後の音の波を工夫してずらすことが出来れば、酷い谷は緩和できるのではないのかと感じています。
音道の折り返し数、角度、長さも関連してくるので、疑似的な計算も必要になるのかもしれませんね。
そうなると、BHは複雑難解な方式になりますね。(大汗)

途中で頓挫して無理やり満足するのが、精神衛生上は良いのかもしれないと自己に言い聞かせる自分が見えるような気もしますが・・・・・・・・


コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

アールefuさん

いつものワンパターンのデザインですが、お褒めにあずかり、ありがとうございます。
センターキャップは、仰る通りで形をまねているだけで、音のことは二の次のように思えます。
コイルを入れて2wayと掟破りも良いかもしれませんね。
音工房さんもトールボーイのBHBSの箱の販売を予定しているようですね。
ところで、注文しました。

 

流石に格好いいですね。
音まで想像出来ます。

音工房の大山さんが試聴をレポートされていますが、
SS-HPはNSほど高域が伸びないので+トゥイーターは
必須と報告されています。
トゥイーターの載せ易さも考えても良いかと思います。

自分の考えですが、本来のHPコーン形状なら一体化しているので
分割振動で高域を伸ばすことは出来ないはず。
頑張ってもFE208ESの様に13kHz止まりが正しい。
あのセンターキャップはHP構造の格好良さを真似ているだけなので
エージングでほぐれて、高域端が整う可能性もあるかもしれません。
FE208ESのHPコーンを設計した人ならば、あのようなセンターキャップは絶対に作らないと思います。
ちょっと大きめの独り言でした。