FC2ブログ

A級アンプ2台で暖房いらず?

A級プリメインアンプのE-800のバイアンプ用に仕入れたA級パワーアンプA-48で、目下部屋には同等の性能のA級アンプが2台になりました。
音も変わりましたが、部屋の環境も少しですが変わりました。
最近、エアコンで暖を取ることが無くなりました。
このアンプ2台のお陰で、暖房が不要になっています。

IMG_2246.jpg

写真は、E-800の天板の様子ですが、放熱用のフィンは箱に覆われています。
天板に放熱用の穴が開いているだけなので、必然的に熱は天板からしか逃げません。
ですから、天板上との距離を取らないと板が高熱になりますので注意が必要でした。
放熱のほとんどは上に行っていたので、暖房効果は知れています。

IMG_2250.jpg

アルミ材ヘアライン仕上げのトッププレートがA-48より追加になり、本格的なパワーアンプの風格みたいなものを感じます。
左右の放熱用のフィンから効率よく熱が放射されているようで、E-800ほど天板は熱くなりません。
明らかにA-48が増えたらエアコンの電源を入れることは無くなりました。
夏は、エアコンの効きが悪くなりそうです。



コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

Suzukiさん

音を取るか快適を取るか。
部屋をガンガンに冷やして、短時間で好きな音を聞くか?
それとも、爆音で空調の音をかき消すか?
夏になったら実践します。

 

夏場はエアコンの風音が煩くなってせっかくの機器の実力が発揮できなくなりますね。
暑い時期はデジタルアンプに変えればエアコンの風音はいくぶん小さく出来ますが、やはり高級オーディオには空調システムを静音タイプに変えるほうが良さそうですね。
コンサートホールにあるスポット式に風を送るあのタイプです。
オーディオより投資が大きくなるかもしれません。