fc2ブログ

40Hz/48dB/octのサブウーファーの再構築

IMG_2315.jpg

メインの一連の調整というか改悪の作業は終わりました。
FE168SS-HPに気持ちが向いていますが、もう一つ気になる物がありました。
SLE-20Wの前に使用していたスキャンの25cmと他メーカーの23cmのユニットが、むき出しのまま3Fのフロアーに転がっています。
SLE-20Wのオフゼロが27Hzと低いですが、密閉である以上、だら下がりの特性になっていると思います。

昨日、アマゾンプライムでの映画鑑賞をしていた時に、大地を揺らすは言い過ぎですが、恐怖を覚える低音の再生がされていなかった。
40Hzクロスをローコストチャンネルデバイダーでカットして、内蔵のイコライザーで20Hz付近から電気信号で最大で24dB持ち上げる。
そして、40Hzに向かい6dB~12dBのスロープの特性で、20Hz~40Hzをフラットな状態にしてドライブをする予定です。

アンプは、強力なPA用のヤマハのPC2020が2台控えていますので、ブリッジで最大700wのパワーでドライブできます。
最も、サブなので50Wもあれば十分かもしれません。
この方法は、SLE-20Wに替えるまで使用していました。

1Fのリフォームが終わると、テレビの付近のラック関係はすべて廃棄になりますので、スピースが空きます。
そしたら、行動を開始してメインの音質追求に励みたいと思います。
部屋の環境には悪いですが、複数の自作スピーカーを並べて交互に試聴が出来るようにしようかと考えています。
音質追求も大事ですが、自作スピーカー愛好家としての楽しみも残したいです。

オーディオ堂々巡りで過去にやっていたことが、また、やりたくなりました。(汗)

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示