FC2ブログ

限定品FE168SS-HP【アカシア集成材18mm使用の石田式BHBS) Stereo

FE168SS-HP・アカシア集成材使用・石田式BHBS
IMG_2495.jpg

箱の立案をして、1日足らずでペアーの箱を組み上げました。
18mm厚の集成材1枚で1本の箱が出来たのですが、それなりに重量があります。
これを、BHで作ったら板は2枚近くなり、一人で持ち上げるのは厳しいと思います。
還暦を過ぎるとこのくらいの箱が限界ですね。
この箱を作ってみて感じていることは、パインの箱でも十分だったように感じています。
パインの箱より小型でも良いと思いますが、ユニットが収まらなくなる可能性がありますので、別なプランが必要になります。

今朝は、実験でモノラルLRを単独で聞き比べをしましたが、やはり、ペアーをStereoで聴くのでは、印象が違います。
シングルの時には、高域の硬さが耳に付いたのですが、ペアーだと余り気にならないから不思議ですね。
完全に、耳がFE向きになっているようで、メインを聴くと籠もった音に聞こえてくる。
FEを聴く前は、良い感じだったのですが・・・・・・・
メーカーのF特の凹みの部分は、特に気にならないレベルになっています。
やはり、耳が慣れて脳内補正が出来つつあるのかな?(笑)
超オーバーダンピングは好きで無いので、このくらいが個人的には、中高域のレベルは限界です。

音の輪郭が、明瞭なので低域の締まりスピード感に貢献しています。
クラシックは、もう少し低音を持ち上げないと厳しい感じてます。








コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

Hidekonさん

シンプル・イズ・ベストの構造が、部品点数を少なくしているお陰です。
軽くても、重低音は・・・・・軽く出ています。

 

おおたんさん

たまには、変わった曲も良いでしょう。(笑)

 

これだけのものをこの時間で作り上げるとは、素晴らしいですね。箱の色調とユニットの色合いが良く合っていると思いました。音工房でもキットを出すらしいですが、どんなものが出てくるのか、気になります。

 

今回の選曲、いかしてます!

 

スピーカー泣かせの音源なので試しに録音しました。

 

Sound source が・・・