FC2ブログ

当てにならない空気録音?

ブログネタと自己の楽しみで好んで掲載している録画(録音)ですが、やはり、雰囲気の域を出ないようです。
録音機の特性か? どうしても、高域が強調気味で変な共振音がついて回る空気録音で、再生機器類や機種の違うヘッドホーン、イヤホーンでも、ころころと再生音が変わります。

と言うことで、石田式いい加減な録音を性懲りも無く始めます。(大汗)

FE168SS-HP使用の石田式BHBSアカシアバージョンもダクトの調整で、いい感じに仕上がって来ています。
あくまでも僕の経験上の見解になますが・・・・・・・・・
BHBSとBHとの違いは、中域の密度感と最低域はBHBSが優れるが、低域から中低域の量感はBHが優れている。
BHは、失敗すると作り直しが必要になりますが、BHBSは量感がある場合はダクトで誤魔化せる。
双方とも優劣は付けがたいので、好み次第と言ったころでしょう。
個人的には、箱の容積が小さく出来るのと部品点数が少ない(経済的)で、好んでBHBS方式を採用していると行ったところでしょうか?

色々な種類の楽曲のオンパレードのソフトです。
著作権の侵害が怖かったですが、曲の最後まで録音しました。(汗)
スピーカー虐めの曲で粗が分かります。



流石はフォステクさん! 音の立ち上がり立ち下がりが素晴らしく、他のメーカーの16cm級の追従を許さない感じですね。
W大型マグネットは、伊達では無かった。


Hidekonさんが持参のCDから






コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

耳とマイクの指向性の違いが原因かも 

『高域が強調気味で変な共振音がついて回る』の続きです

耳の指向性は無指向性かそれに近いものと考えられます

計測に使用したマイクロホンは単一指向性に近い物でしょう
まさか無指向性とは考えられない

リスニングルームを頭の中でaとbに分けます
aの方にスピーカーがありますbの方はリスニングポジションです

マイクロホンはaの方の天井からの反射音、スピーカの音、側面からの反射音などの音は拾えます、bからの反射音は単一指向性の為感度があまり高くないために拾えない

一方人の耳は無指向性かそれに近いと考えていてaとb双方の反射音が耳に届きますマイクに比べて部屋からの反射音は2倍の量が耳に入ります

それにより耳で聞く場合『高域が強調気味で変な共振音がついて回る』が
マスキングされるのだと思います
一度無指向性のマイクを使用して計測をされてはどうでしょうか

返信は不要です



 

石田さま  ご回答ありがとうございます。残念ですが承知しました。 私は板厚20mmで作成しましたので、出品するときは、自分で製作した図をつくり、こんな構造のスピーカーですという情報のみ添えたいと思います。

 

クラフトハンズ様

漫画図に、全て書き込みはしていないので大変申し訳ありませんが、お断りさせて下さい。

お伺い 

はじめまして。スピーカ製作を趣味にしている者です。いつも興味深くブログを拝見しています。FE168SS-HPを衝動買いしてしまいました。つきましては箱を作るにも置き場所がなく、泣く泣く別のスピーカをフリマで出品したいと思います。昨年のTBのW4-1879を使ったBHBS箱を5/31の記事を参考に作りました。「石田さまのブログ ハイエンド自作スピーカ 2020年5月31日,7月29日の記事を参考に製作しました。」とコメントに加えたいのですが、問題ないでしょうか?よろしくお願いいたします。とても音が美しいスピーカで特にピアノの高音の煌めきはうわっ すごいと思います。

 

naさん

お気を使わせたみたいで、申し訳ございません。

僕のポリシーは、掟破りにあります。

過去には、仰る通りの対策に近いことは行っていました。
掟を破り続けるから、面白いオーディオ、自作ライフにして飽きないで遊んでいます。
ご理解をお願いします。

 

大変失礼いたしました。

500文字の制限が有り消した部分が多々ありで思いがうまく伝わらなかったようです。

でもニァフィルド録音は読者のために是非取り入れてください

キャスターの排除、スピーカーの底に張り付けているスペーサーのようなものを取り除いたほうが音はよくなります

大変失礼いたしました。

 

naさん

アドバイスをありがとうございます。

少し誤解があるようですね。
この症状は、空気録の場合のみに感じている症状ですので、実際に聴いている音は違います。
ヘッドホーンや、イヤーホーンによって大分異なって聞えます。
今まで、特に気にならなかったのですが、FE168SS-HPの確認時に、空気録音と実際の音の違いが顕著だったので発覚した次第です。


現状の環境に満足をしていますので、現状の環境を変えるつもりはございません。

大変もう申し訳ないですが、FE168SS-HPは、ほぼ、攻略したと自負しています。

実は、興味が次に移行していてますので、気持ちが他に向いていいます。

本流は、録音でも癖が出にくいメインの改善?改悪?に気持ちは向いています。

書いてあることは、よく分かります。
しかし、実際の音では気にならない、録音時のみ気になる現象ですので、申し訳ございませんが、このままで満足しています。















高域が強調気味で変な共振音がついて回る 

『高域が強調気味で変な共振音がついて回る』


①一番に考えられるのはキャスターです、これが変な共振音の原因かも!?石田さんの耳に聞こえないのは何でと思いますが

②キャスターで出来る空間の共振、空間を無くすか吸音材(お勧めはコイズミ無線のウールです、現売は確認無し)入れてみる

③床とラックの隙間の処理

④スピーカーどうしの隙間、角度の調整で並行面を無くす

キャスターを無くしてベタ置きしスピーカーと台の間に黒檀(山本音響工芸の3.5cm位のキューブ)を挟んでみる

⑤ニァフィルドリスニング、が有りますがニァフィルド録音した音を聞きたい

読者の聞いてる部屋で洋間ならマッチしていいです、私の部屋は和室で全然部屋の環境がちがいますので録音の良さが伝わりにくい

ニァフィルド録音であれば部屋による音の違いが少なくなりますし石田さんのリスニングルームでもスピーカー本来の音が聞こえます

録音に是非ニァフィルド録音を加えてください

読むだけにすればいいのにまた書いちまった、『ブログ・ハイエンド自作スピーカー』、魅力があるんでしょうね