fc2ブログ

小さな小さな工房計画

IMG_2743.jpg

正味1週間ほどで、自宅裏の土間打ち工事が完了しました。
業者さんは、土間打ち作業より、既存していた大型物置、花壇、その他のゴミの撤去の方が大変な作業だったと思います。
この猫の額ほどのスペースに小屋を作ります。
作業場と言うより、工具置き場になる可能性があります。
小屋があると凝った箱の製作も可能となりますので、時間を掛けて箱作り以外の彫刻などにも手が出せるようになりますので、趣味の幅も広がります。
木工ろくろも買いましたので、そちらも早く慣れて、ダクトの製作でもしようかと考えています。
本日、墨出しを行うとのことなので、連休前の完成は厳しいですね。


明朝、いい気持ちで寝ていると突然!??、右脹ら脛に激痛が・・・・・痛くて目が覚めたのは良いですが、その時間が非常に長く感じた次第で、こむら返りのあった部分に筋肉痛がしています。
昨晩の誕生会のツケが回ったのかもしれませんね。(大汗)
工房を作った物の体の具合が悪くなり、使用不能にはなりたくないので減量をしなければと思う気持ちはあるのですが・・・・
食べたい、飲みたいの欲求が・・・・・

自作スピーカーネタから外れていますので、戻ります。
ネットで確認をしているのですが、FE168SS-HPのネタが、ほとんど無いは不思議です。
500本以上は、完売しているはずですので話題になっても良いはずなのに残念です。
FBの8cmクラブやチャットでHidekonさんが、配信しているくらいです。
SMの世界ではないですが、FE168SS-HPを料理する様をみたい心境が強いです。
事前情報で、過去のFE168ESの特性に似ている指摘を受けていました。

僕も、FE168ESを所有していましたが、1年足らずで手放していました。
ステレオ誌の読者訪問編でも理由が明記されていますが、低音の量感がスワンに比べて少なくてD37を改造して対応していましたが、それでも不満は残りました。
サイズも大きいので、リベンジはしないで諦めたことが思い出されます。
結局、箱だけでは高域の改善は厳しかったのかと推測しています。
あの時も、良質なコイルを仕込めば・・・・・・推測の域をでません。

掟破りのコイルの使用ですが、今日も良い感じで鳴っています。








コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

Hidekonさん

D37では、いい思い出がありません。
雑誌の図面通りに製作した時に出てきた音を聴いて愕然としました。
これは、20cm級も同様な結果で、長岡式では2度と手を出してはいけないサイズと決めていました。
その後、メインはマルチに移行しました。

 

同感です。私も石田さんの試聴箱を聴いているだけですので、事実上1種類だけですね。D37のユニット更新が多いような感じもしますが、私にとって長岡さんは過去の人ですし、あのBH臭さは、BHBSを聴いてしまうと我慢出来ません。私はD-7とD−102しか作ったことありませんが、、、