fc2ブログ

アンプの音の差

アンプの音の差はあるのか無いのかとの疑問は、良く議題に出されます。

昨日の、SUZUKIさんのブログで取り上げてましたので興味深く拝読していました。

https://mcap.exblog.jp/240999842/

muukuさんの紹介のYouTube動画




個人的には、音は変わると経験上認識しています。
しかし、条件の悪いところでは殆ど分かりません。
良い例が、オーディオフェアーなどでの試聴では、極端なことを言えばどのブースも同じように聞えてしまいます。
どのブースも共通して低域がブーミーな解像の悪い音との印象が強いです。
部屋が良ければ、環境が良ければ素晴らしい音色を奏でるのではと推測しながら聴いています。

このような現象は、自室の部屋でも改善で5年以上も悩んだので理解が出来ます。
要するに部屋の環境が悪いと、悪い部屋の特性をもろに聴いている状態になるからです。
これでは、アンプなどの価格との寸刻みの音の変化は、分かり難いと思います。

SUZUKIさんのブログ中でも、音の違いが分かる条件を示唆していました。

(1)デカい音を出せること

(2)周囲の騒音が無視できること

(3)音の違いが出るようなダイナミックレンジと周波数レンジのソースであること

この事項に付け加えるなら、部屋の強度と反射対策、アンプ自体のノイズ対策があるかと思います。

(1)でかい音が出せると言うことは、アンプのパワーが必要=W数では無くて瞬時の電流供給能力で非力なアンプは馬脚が出ます。
音の前にプロテクターが掛かるので使い物にならないです。

(2)は(1)と同じで外に音が出なければ逆に外からの音も比例して聞えてこない。
自室も今の家の前は、軸組木造住宅でした。
道路に近くてバス路線で、当時は伊豆縦貫の抜け道でしたので、自動車の音が凄くて音楽を聴いているのか騒音を聞いているのか分からない状態でした。
故に、大音量にしてご近所様から皮肉を言われた苦い経験があります。
こんな環境では、スピーカーの違いは分かりますが、アンプの違いは分かり難かったと思います。

(3)は、電流の供給が音の差に表れることだと思います。
大音量で、瞬間的な音のピークが出たときに対応できないとプロテクターのお世話に、掛からない場合は立ち上がりが悪く腰が砕けた状態になりますので、分かります。

(4)は小音量なら影響は少ないと思いますが、部屋の6面の強度が弱いと部屋中が共振します。
俗に言うブーミング現象で、このブーミングで中高音をマスキングしてブーミーな同じような音に聞えてしまう。
この場合は、スピーカーももろに影響を受けます。

後は、フラッターエコーですが、これも中高域に独特のピークを発生させますので、スピーカーでも同じような音の傾向に聞えてきますので、アンプの些細な音の違いなど分からなくなります。

他にも、ブラインでテストをした場合に阻害させる事項はあると思いますが、思いついたのこんなところです。

僕は、木造住宅の時にデノンの2000を使用していました。
特に、不満無く聴いていましたが、店頭でE530の柔らかいが力強く、尚且つ色気を感じた音色に惚れ込みA級党になっています。
最近では、A-48をウーファー用に導入していますが、他にアンプが家に無いわけではありません。
40Hz48dBでカットするなら、アンプはパワーがあるだけで良いと思います。
200Hz12dBのカットだと1kHzぐらいまで聞えていますので、音色の面で違和感を感じました。

これは、当初はE-800で1台で聴いていたときの音を覚えていたために、他のアンプでの違和感を感じてしまった。
他の人から見たら、ほんの少しの違いなので考えられない事かもしれませんね。
しかし、寸刻みの音の向上への投資は惜しまない主義なので・・・・、もう病気かもしれません。

個人的の意見では、大音量で聴かなければアンプはノイズさえ発生しなければ何でも良いような気がします。
この大音量、小音量の基準が曖昧なので疑問も残りますが、個人的には90dBを超え始めたら大音量かなと考えています。
あと、使用しているスピーカー口径や特性でも音圧以外の差が出るかと思います。

いずれにしても、SUZUKIさんのブログの内容の通りかと思います。

高級アンプの所有は、音より安心感や物欲と同じ効果があるのかもしれません。
時計など時間が分かれば良いだけなら、金額はしれていますが、高級な時計は高級アンプの金額を凌いでいますので・・・・・
と個人的な見解でした。


個人的には、アンプの音の差は些細ではありますが分かります。

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

やっぱりそうなんですね。高速コーナーが多いので、おそらくその手の走り方だと100km\hを超えたスピードにな理想で、とても追いつけませんね。そう言う意味ではSUVはスピードを出す気を起こさせませんので、良いです。

 

hidekonさん

三島側のR1号は、最近、道が良くなりましたので走りやすいですね。
東京方面は、箱根、小田原厚木道路を利用することが多くなりました。
最近は、わかりませんが、三島の麓から頂上まで何分で到着するかとか話題になっていました。
スカイラインの夜は、以前は走り屋さんのメッカでした。

取引のある車さんは、24時間体制でレッカーを用意しているときもあったようです。

 

うちのNXのエンジンも高回転まで回すとうるさくて、しかも音の質が悪いので、嫌いです。低燃費、エコを追求したエンジンなので、低回転でゆっくり乗るのを心がけています。
が、三島から箱根に抜ける1号のワインディングロードは、結構熱くなりますね。地元車だと思うのですが、普通の小型車でも結構早いので、道を譲ることが多いですが。。。

 

hidekonさん

言葉が、足りませんでした。
同じエンジンと、プリウスを例えると同じエンジンを積んでいても、価格差が100万円ちかくあります。
レクサスのLS500とクラウンRSは倍近い価格差ですね。
そんな例えをしたかったのです。

直6は、セドリックやマークⅡでお世話になりました。
回転が滑らかでトルクで加速していくような感じでした。
最近は、プリウスなので直4で加速するとエンジン音が気になります。

奥さんの言葉は、名言ですね。

僕は、電気を薄暗くした時のアキュフェーズのロゴがお気に入りです。
古いデザインですが、そのデザインに惚れ込んでいますので、見ているだけで幸せな気分にさせてくれます。

 

車と似ていると思います。経済学で言うところの限界効用の逓減でしょうか。高くなればなるほと、価格上昇あたりの変化は変わりますね。
ただ車の方が4気筒エンジンと6気筒エンジン、ガソリンとディーゼル、ハイブリットとガソリンと価格と言うか方式により違いがあるので、試乗により選び易いと思っています。
家内に言わせると車は洋服なので、かっこよくないといけない、だからスタイルで選ぶ、こう言う考え方もあります。オーディオの場合はスタイルは自己満足に近いですね。
本題から外れますが、個人的にはストレート6を高回転まで回した時の快感が一番好きです。

 

アールefuさん


病は気からみたいな物で、本人の気分次第です。
正に仰る通りです。

話は変わりますが、たまに妻とテレビを見ていると、高額楽器と練習用楽器の音色の違いのクイズが出ますと、決まって妻から違いが分かる?と聴かれます。
まず、音を覚えていますのでテレビからの音でも違いは分かりますので、外すことはありません。

妻は、音の輪郭がくっきりしている練習用を選びます。
エージングで洗練された音色は・・・・みたいですね。

 

厳密にはアンプの音は違うけど、良いか悪いかではなく、
最終的には好きか嫌いか、で選べばいいんじゃないかと思います。

例えば、高級機はダイナミックレンジも広いですが、逆にダイナミックレンジの狭い方が、聴きやすくて良い音だと感じる人もいますし、その違いも分からない人も多い。
不満があればグレードアップすればよいし、
気に入っているなら使い続ければいい、と思います。

 

muukuさん

問い詰めると難しいですね。
YouTubeを確認しているのですが、拝見できないでいます。
再度、時間を置いて探します。

見つかりましたので、記事にアップしました。

 

Hidekonさん

車も同じ様な物ですね。
有る一定のレベルまで行くと値段ほど差が感じられないですね。
エンジンは同じなので内装の違い程度で、走りは変わりませんから、なんとなく、高級アンプに似ていますね。

このような、素朴な疑問を持つことも楽しいですね。

 

Suzukiさん

気の持ち様な気がします。
物欲が無くなると、経済が回らなくなりますので悩ましいですね。
オーディオメーカーが無くなっては本末転倒ですから、多少の高額商品を買うのもメーカーさんのためだったり・・・(汗)

 

み)さん

オフ会などで、美人薄命を選曲すると低音の量感の少ないユニットでも良い感じになると思います。
このソフトに合わせると他のソフトの時に低音不足になります。

 

部屋はもちろんのこと、システムにもお金を掛けられない上に自分の耳が一番信用出来ないので異次元の世界ですね(^_^;)

www.youtube.com/watch?v=fvVYQGc3-pk&t=175s
資金のない素人には(感覚では無く)とてもわかり易くある意味で腑に落ちる説明だと思いこむことにします。
もし次アンプを買うことがあればDFに注目してみます。

 

「高級アンプの所有は、音より安心感や物欲と同じ効果があるのかもしれません。」
まさにこの言葉が的を得ているように、最近感じ始めています。それなりのコストを払うなら、その分の効果を欲していたのですが、私の環境では違いを見出すのは困難でした。また人の耳と言うのはいい加減でアンプをお借りして初めて音を出した時は、「石田さんの家と同じ音が出ている」と感動したのですが、AVアンプに切り替えたら、ほぼ同じ音が出ていました。
安心感、物欲と割り切ってしまえば、好きなメーカーで、好きなデザインのものを買えば良い訳で、非常に楽になりますね。

 

私の記事をお読み頂きまして有難うございました。
バックロードホーンの場合、極端に電源の弱いアンプだとよくわかりますね。
ただ、最近は、安いアンプでもそういうのが無くなってきたようです。
部屋がいいと多少ナニなシステムでも心地よく鳴るので、投資すべきは部屋がいちばんだと思います。

 

アンプの差、美人薄命のような極端な音源だとよくわかりますね。AccuphaseのE-270でFE168SS-HPをドライブすると手に負えなかった低域が、Alpine/Luxman LV105uだとちょうどよくなってしまう、小生には驚きでした。次は、A-10IIでどうなるか試すのが楽しみです。あ、そういえば、まだ格安中華アンプを試してない‼️ これもやってみようと思います。