fc2ブログ

ルームチューン初歩  40Hzを戻す

IMG_338436.jpg

部屋を片付けたら、音がブミー気味になってしまった。(大汗)
そこで、大工さんの仕事に影響が出ない程度に、ルームチューンを実施しました。

まずは、低音の吸音と言っても比較的に高い帯域の吸音しか望めない。
板振動で、ミッドバスの吸音をすることにしました。

IMG_3389.jpg

板だけ振動させても、ブーミングの温床になりますので、フエルトで板に圧力を掛けて無駄な振動を吸音させています。
この方式で、何枚か重ねた上にLvパネルを固定して完了です。
効果は、狙っている帯域では無いので無いよりましな程度と位置づけています。

IMG_3391.jpg

このパネルの裏側に、板振動でミッドバスを吸音させるパネルを仕込んでいます。

IMG_3393.jpg

こちらは、今回のチューンの本命です。
斜め壁を一部切断したために、本来の部屋の平行面が現れました。
こんな小さな面積でも、音をこれほど悪くする良い例です。

試しに端材で、切断された部分の壁を復元してみました。(板を置いただけ)
完全では無いが、40Hzが帰ってきました。
同時に80Hzの盛り上がりも減りました。
これで、怖い物なしになりました。

また、試し録音です。
ウーファー用のアンプのゲインの位置は、元に戻っています。



空気録音と言えども、知らず知らずのうちにリズムを取るようで無ければ・・・・・本物では無いですね。



如何でしょうか?
変わっているでしょうか?




コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

み)さん

平衡面は、定在波の他にフラッターエコーなど発生させるので良いことではないです。

ただし、定在波の波長では決して悪にはならない可能性もあります。
僕の部屋の場合は完全なる悪です。
縦の長さが、40Hzを凹ませる長さだったからです。
部屋の長さが変われば違う帯域に症状が出ますので、この帯域が気にならない帯域なら、スルーしても良いと思います。
逆に、自分のすくな帯域が盛り上がると、サブウーファーなし環境が出来上がります。

 

アールefuさん

BHBSの箱は、レゾネーターの役目をしていたとおもいます。
これで、使用していない箱たちも必要悪ということになります。
高密度で強固な壁に囲まれている部屋は、教科書通りの音の傾向を顕著に表しますので、理屈が分かると部屋の対策も大掛かりにはなりますが、可能となります。

 

たしかにローエンドが伸び、中低音がすっきりしています。量感が減ったように聞こえるのは、まさに今回の狙い取りですね。平行面・・・我が家でみると頭が痛いです。

 

流石です。
部屋を知り尽くしていらっしゃいます。
フェルトとかの吸音材は使い方次第で、効き目がありますね。
部屋から出て行った箱達の中にも、フェルトはあったはずですから、ダクトの共振で吸音していた可能性もあると思います。
特にユニットを外したBHBSなんかは中低音吸収箱になる可能性大じゃないでしょうか。