fc2ブログ

OM-OF101 取り扱い注意

IMG_3838.jpg

余りにも良い感じで鳴っているで、OM-OF101の口径のサイズを忘れて、低音の量感豊かなソフトの音量を上げたら、ユニットから異音がして来ました。
もしかしたら?飛ばしてしまったのか?(汗)
でも、良く聞いてみると音が違う。
ザッザッみたいな空気の抜けているような音がする。
どうも、フレームと板との隙間から、空気が漏れ出しているようだった。
プレスフレームは、ネジを締めすぎたりすると変形するので、その現象が起きているようです。
対策としてコルクシートかOリング、フェルトで隙間を埋めてやれば解決します。

それにしても、口径を忘れさせるぐらいの立派な低音を再生しています。
それに、嫌な音がしないのものこのユニットの優れているところでしょうか?
おそらく、シングル、ダブルバスレフでもそれなりの量感の低域を再生してくれると思います。
口径を忘れさせる低域がお望みの方は、BHBS化をお勧めしますが、ユニットを飛ばしても自己責任ですので注意が必要ですね。(笑)


コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

み)さん

ステレオ誌のコンテストに応募してみてはいかがでしょうか?
コンテストは、別にして完成したらFBで披露してください。
楽しみにしています。

 

あべさん

鉄板フレームで、空気漏れは初めての経験でした。
ただいま、出張中なので帰宅した際に直したいと考えています。

 

アールefuさん

全く見た目と違い、良い感じで鳴ってくれるので危険です。
よく見ると、某社のOEMのように見えますね。

 

空気録音拝聴しました。素晴らしい音です。昨夜、仕事の大きな山を一つ越えたので、心に少しだけスピーカーのことを考える余裕ができました。さあ、作るぞ!と設計作業に入ることにします。モチーフはトンボの羽根、バッフルの斜めカットと表面処理で表現しようと思います。内部構造は石田さんのBHBSのアイディアをいただきます。最初、トンボの形全てを表現した一体型を考えましたが、キワモノとなりそうなので、おとなしいデザインにします。

そういえば 

ツイッターでエッジがフレームにちゃんと接着されてなかったと言う不良品報告してる人がいましたね。

 

見事な低域ですね。

中・高域には負荷が掛からないように、
フェィズプラグが上手く作用している感じです。
つまり低域が良く出るというよりも、
中・高域の空振りで能率を下げて、バランスを取っているような。
10cm6Ωとしては能率がかなり低いので、大音量には気をつけるべきかと思います。