fc2ブログ

四の五の言わずにツイーターの埋没

ご指摘のあったツイーターのバッフルに埋没化も実施。
測定すると特性が乱れるサーフェースマウント、事実近くで聴くと違いは出ています。
離れると気にならないレベルですが、少しでも悪さをしているのなら、埋没させる工作は簡単なので、四の五の考えずにツイーターの埋没化の作業を開始しました。
昨晩、あらかじめ部材の刻みは終えていたので、既存の箱のフェイスを切断して新しいフェイスを取り付ければ完了です。

IMG_1314.jpg

赤いラインを切断して落とします。
丸鋸のガイドを固定して慎重に切断の開始です。

IMG_1312.jpg

切断しましたが、これでは裏表切断しても切断できな部分が残るでしょう。

IMG_1319.jpg

予想通りに切断が出来ていません。

IMG_1320.jpg

少し段が出来ますが、この手でカット。

IMG_1323.jpg

フェイスを切断しましたが、面がボコボコです。
カンナとランダムサンダーで平滑化を図りますが、電動工具だけでは細かい作業が出来ないので、板を当てながら凹凸を根気よく直していきます。
と言っても、粗からかた電動工具で仕上げています。

IMG_1324.jpg

新しいフェイスは、18mm厚に変更、位置を合わせて圧着準備。
18mm厚にする事により、バッフル面積が小さくなりますので点音源的に近づきます。

IMG_1325.jpg

圧着中。

IMG_1331.jpg

少し早いですが圧着完了。
高さ合わせのスペーサーを仕込んでいます。

IMG_1332.jpg

面取り、研磨完了。

IMG_1335.jpg

オスモ・ウォールナットで塗装・・・・塗料を拭き取るのでそのまま室内への移動が可能です。

IMG_1347.jpg

ツイーター取り付け完了。
所要時間2時間弱の軽作業。
聴感上では変化無し・・・・心理的には高域が滑らかになったような良くなったような・・・・
一種の精神安定剤かもしれませんね。
ただ、アッテネーターの位置が少し変わりました。
何か?高域で物足りない様な気がします。

一番簡単なのはトリマーでザクれば良いと思いますが、今回の箱は面を取っているので陥没させると土手の部分が狭いので破損の恐れがありました。
そこで、新しいフェイスにスペーサーで高さの調整をしています。





コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

jtさん


音の拡散のためです。

 

今更ここにコメントなんてとも思いましたが、気になった事があります。以前、写真の背景などでも見かけた真田の六文銭のような加工がなされた箱があったと思うのですが、あの加工の影響は何か感じられましたか?

確か説明されている記事を読んだ記憶はあるのですが、見つけられず失礼ながら質問させていただきました。

 

ケイさん

一から作り直そうかと迷いましたが、板代が高額なおりフェイスを落とすことにしました。
ガイドの固定をしっかりすれば難しい作業ではありません。
写真で分かったのですが、刃を100%出していませんでした。
出していれば工程が少し減ったのにと悔しがっています。

 

バッフル面に並行に切ったのですかっ!
驚きました。
さすがの工作技術です。

 

jtさん

僕も音の変化は殆ど分かりません。
見た目は市販品のようになるので良いですね。
後は、良いと言われていることなので精神安定剤。
工作は簡単ですが、時間経過とゴミ拾いが面倒くさい。
そんなところです。

 

見事ですね。音は私には分からなそうですが、工作が素晴らしい。