FC2ブログ

コンテスト機にMarkAudio Alpair5v2SS-Goldを移植

CIMG2323.jpg

箱よりユニットが少しはみ出ていますが、音には関係ないのでそのままで試聴をしています。
音が時間とともにこなれてきて良くなってきています。
シングルサスペンションでスパイダーが無いとの謳い文句で買ったわけではなく、口径5㎝というサイズで購入を決めていました。
付録としては、性能の良いOMP-600Bですが、高額なユニットと比べると少し厳しいですね。
そこで、箱を生かすために、あえてユニットを交換する決断をしました。

CIMG2322.jpg

口径5cmは嘘ですね。
7cm位ありそうです。
低音も良く出ますし、中高音の情報量も多いので、エージングの進みが楽しみです。
箱の違いでAlpair7の方が太く肉付きが良いですが、聴き比べなければ肉付きの違いも気になりません。

CIMG2316.jpg

ジグソーでユニット取り付け用の穴を、一気に空けました。
気が柔らかいので、見た目より簡単に空いています。

少し早いですが、試しに録音しました。

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

かずさん

付録の方が好みな、個人の自由ですので、それで正解かと思います。
個人的には、スキャンの5cmは樹脂ボックスに他の付録ユニットと埋もれている状況ですので、僕の見解はあてにならないかもしれません。

それより、卒業していた赤パークが新設計の石田式BHBSに入れたら違うパフォーマンスを見せています。

 

早々にコメントありがとうございます。
コンテスト終了後、出品したエンクロージャからパイオニア6㎝を外して、サブバッフルを介してスキャンピーク5㎝を付けてみたところ、なかなか色っぽい音を聴かせるのでオヤッと感じた次第です。
一方、スキャンピーク5㎝の高級バージョンを付けてみたところ、開放感がイマイチだったので、再度オヤッと感じたんです。

 

かずさん

口径が違うので比べるのは、どうかなと思います。
低音、中低音を除いて中高音だけの話ならスキャンでしょう。
スキャンをそれなりの箱に入れて競わせると面白いでしょう。
ただ、記憶が定かでないので何とも言えないのが本音です。
いずれにしても、付録の小口径ですので、市販のそれなりの金額のユニットには敵いません。

付録としては性能が良いユニット 

ご無沙汰しております。昨年のコンテストでは大変お世話になりました。
本年もよろしくお願いいたします。
OMP-600, 付録としては性能が良いとの評価ですが、同感です。
同じく数年前の付録のスキャンピークの5㎝ユニットも付録としてとても性能が良く感心します。
石田さんはこの2種類のユニットはどちらが好みでしょうか?
石田さんの評価にとても関心があります。